「妊娠初期」の最終段階!妊娠14週頃のママと赤ちゃん

「妊娠初期」の最終段階!妊娠14週頃のママと赤ちゃん

Bu facebook
Bu twitter

胎盤が完成に近づくのが妊娠14週頃です。胎盤が完成すると流産の危険性がグッと減るので、ママは精神的にも少し楽になるかもしれません。そんな妊娠14週頃は、どのような体の変化があるのでしょうか?

妊娠14週頃のママの変化は?

<つわりが軽くなってくる>
「妊娠」と聞くと真っ先に思い浮かぶと言っても良いほど、誰もが覚悟するのがつわりです。私自身も、食べ物の写真を見るだけで吐き気がしたり、めまいに悩まされたり、つわりがおさまるまでは本当に必死な毎日でした。しかし妊娠14週頃に差し掛かると、多くの人が徐々につわりも軽くなってきて、体調も少しづつ良くなってくるので、つわりがひどくてマタニティライフが楽しめなかった人も、あと一息です。
<体重管理をスタート>
つわりがおさまってきた後は、体重の急激な増加に注意が必要です。特に吐きづわりだった方は、吐き気がおさまると同時に、食欲が増してきて抑えられなくなってしまうことがあります。その結果、体重の増加がハイペースになってしまいがちなので、妊娠14週頃からは、食事の内容や摂取量に気を付け、体重の管理をするように心掛けましょう。急激な体重の増加は、妊娠線ができやすくなるきっかけにもなってしまいます。
<お腹が少しづつふっくらしてくる>
赤ちゃんの成長だけでなく、胎盤がほぼ完成したり、羊水の量が増えたりすることに伴い、ウエストラインがふっくらとしてくるのも妊娠14週頃からです。しかし、個人差が大きいので、体型の変化がなくても妊娠の経過が順調であれば、心配はありません。私は妊娠後期に入り、やっとお腹が目立ち始めました。
ただ、お腹がまだ出ていない場合でも、体を締め付けるような服や下着を着るのはできるだけ避けましょう。「ゆったりとして、体を冷やさない」洋服を身に着けるように心掛けると良いですよ。
レギンスやトレンカは、これからの時期、足元を冷やさないために大活躍するアイテムの一つです。ウエストや腰回りの部分がゆるゆるになっているマタニティ用のものを、早めに用意しておきましょう。妊娠14週頃から履いていても、早すぎることはありませんよ。

マタニティ定番レギンス・トレンカ|通販のベルメゾンネット

1,700(税込¥1,836)
<妊娠線予防は早いうちから>
先にも述べましたが、早い方では妊娠14週頃からお腹がふっくらとしてきます。妊娠線は妊娠中の「勲章」ではありますが、一度できると産後もなかなか消えないものなので、残って欲しくない方は、急激に大きくなる前にしっかりとケアをしましょう!
クリームやオイルを塗って、皮膚を柔らかくし乾燥を防ぐことで、妊娠線の予防になります。妊娠中の肌は、普段よりも敏感になっていたり肌質が変化したりしていることがあるので、こちらのオイルやクリームのような、オーガニックや低刺激のタイプがオススメです。

<基礎体温が下がってくる>
妊娠14週頃から基礎体温が下がり始め、それ以降は分娩まで低温相を保つようになります。妊娠してから体が熱っぽかったり火照りを感じていたりした人は、少しづつ楽になってくるでしょう。

妊娠14週頃の赤ちゃんの様子は?

<赤ちゃんは手のひらサイズ>
妊娠14週頃のお腹の中はというと、胎盤が完成間近です。赤ちゃんの大きさは、身長は約15cm、体重は約120gに成長しています。手の平サイズといったところでしょうか。手指ができあがり、産毛も生えてきます。角度によってはエコー写真に背骨がくっきり写ることもあり、もうすっかり見た目にも人間らしさを感じるようになります。

<胎動を感じるのはもう少し先>
だんだんと活発に動くようになりますが、妊娠14週の頃の赤ちゃんはまだ小さくて筋力も弱く、お腹の皮膚まで手足が届きません。そのため、ママが胎動として認識できるようになるのはもう少し先であることがほとんどです。待ち遠しいですね。

<性別はもう決まっています>
外性器が完成するのも妊娠14週頃です。赤ちゃんのからだ自体が小さいので、まだ確認しづらいですが、外性器じたいは完成間近の時期です。最近のエコー写真は精度が高いものが多いですが、エコーで確認できるようになるのは、もう少し後になってからのことが多いようです。産まれる前に性別が知りたい方は、ドキドキしますね!

【参考書籍】「母子保健テキスト」https://www.mcfh.co.jp/material/detail/43
【参考サイト】たまひよネット「妊娠14週:器官が発育・発達して確認ができるように」http://tamahiyo.jp/ninshinshoki/basic_column/14week/t_kihon01_detail.html

リラックスして過ごしましょう。

過ぎてみればあっと言う間だったマタニティライフも、妊娠14週頃ではまだまだ先があります。不安が頭をよぎることがあるかもしれませんが、息切れしてしまわないように、気持ちを落ち着かせて過ごしましょうね。

元のページを表示 ≫

関連する記事

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP