水内猛の親子で運動あそび(1)ボールを蹴ってみよう!

水内猛の親子で運動あそび(1)ボールを蹴ってみよう!

Bu facebook
Bu twitter

ボールを蹴ってみよう!

ボールを使って「蹴る」動きをしてみましょう。「動きのレクチャー」を水内猛さん、「幼児期の運動についての解説」を、鈴木康弘さんにしていただきました。


7554

講師:水内 猛(元プロサッカー選手)
   鈴木 康弘(十文字学園女子大学 幼児教育学科 准教授)
子どもと一緒に体を動かしていますか? 幼児期は基本的な体の動きを経験する大切な時期です。さまざまな遊びで楽しく体を動かしましょう。 今回は、幼児期の運動遊びのヒントをご紹介します。

動きのレクチャー(講師:水内 猛)

<キックして「手」でストップ>

親子2人で向かい合い、一方が蹴ったボールを、もう一方が「手」で止めます。この動きを交互に繰り返しましょう。

▼ポイント
親がボールを蹴るときは、子どもがボールを止めやすいようにゆっくり蹴りましょう。

150504_01

<キックして「足」でストップ>

親子で向かい合い、一方が蹴ったボールを、もう一方が「足」で止め、ボールを蹴り返しましょう。
大人にとっては簡単な動きに思えますが、これを初めて行う子どもにとっては難しい動きです。
ボールを止めるときは、足の裏だけでなく、足の横で止めるなどのように、普段やらない動きも取り入れてみましょう。

150504_02

<キックして「お尻」でストップ>

親子で向かい合って、一方が蹴ったボールを、もう一方が「お尻」で止めてみましょう。ボールのタイミングにあわせてしゃがむ動きは、とても高度です。しかし、少しずつ難しい動きを取り入れていくことで、子どもは面白がって挑戦します。

150504_03

<まっすぐ蹴ってみよう>

ボールをまっすぐ蹴ってみましょう。下の図のように、大人は足を開いてトンネルを作り、子どもは、そのトンネルを狙ってボールを蹴ります。親子の距離をだんだん離してみるなどゲーム感覚でやってみましょう。

▼ポイント
ボールをまっすぐ蹴るコツは、軸足をボールの横に置くことです。

150504_04

<ダイナミックシュートをしてみよう>

ゴールとなるものを用意し、そこに向かってシュートしてみましょう。大人は子どもに向かってボールを転がします。子どもは助走をつけ、転がされたボールをゴールに向かって思いっきりシュートします。

150504_05

幼児期の運動についての解説(講師:鈴木 康弘)

幼児期に大切なことは、さまざまな種類の動きを経験することです。
例えば「蹴る」遊びをするときは、「蹴る」という動き以外に、「キャッチする」などのように、他の動きを取り入れることが重要です。そうすることで、子どもが楽しんで取り組むことができます。また、幼児期にいろいろな動きを経験することにより、獲得できる身体能力の基礎が広がります。

運動あそびのポイント

幼児期は基本的な動きを身につける時期です。ひとつの運動を繰り返し練習するよりも、楽しみながら、いろいろな動きを経験させることを心がけましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP