子供を危険から守る防犯ブザーの選び方と注意点

子供を危険から守る防犯ブザーの選び方と注意点

Bu facebook
Bu twitter
9427010830_98520a3283_z

小学生になると、学校や習い事、お友達とお出かけなど、子供だけで外出する機会が増えてきます。 親としては、子供の自立を喜ぶ気持ちと同時に不安も感じるのでは?

子供の安全を守るための防犯グッズとしてまず持たせておきたいのは、防犯ブザーです。春の入学シーズンに向けて、デパートや雑貨店などではさまざまな種類の防犯ブザーが売り出されています。

しかしたくさん種類があると、「一体どれを選んだらいいの!?」と迷ってしまいますよね。 そこで今日は、防犯ブザーの選び方や使うときの注意点などをご紹介します。

お子さんの春からの新生活に向けて、ご参考にしてみてくださいね!

どんな音の防犯ブザーを選べばいい?

1、音が大きいもの

防犯ブザーは、犯罪者をドキっとさせるのが目的ですから、大きな音であればある程有効です。 最近では、90デシベル(目安:カラオケ音)、100デシベル(目安:電車が通過するときのガード下)ほどの大音量のものも売り出されていますので、チェックしてみてくださいね。

犯罪抑制には、85デシベル以上の音量があることが望ましいでしょう。

2、緊急事態だと分かる音のもの

たとえば、音が大きくても流れているのが穏やかなメロディーだった場合、周囲の人は何か異常や危険が発生しているとは思いませんよね。

音量だけでなく、ブザーを聞いた周囲の人が「これは何かの危険信号だ」と明確に分かるような種類の音であることも重要です。

3、音を簡単に止められないもの

いざというときに防犯ブザーを鳴らしても、相手に簡単に止めてしまっては意味がありません。 どうやって音を止めるのかパッと見では分かりにくい仕組みの防犯ブザーを選ぶようにしましょう。

防犯ブザーに求めるその他のポイントとは

子供に持たせるものですし、もしものときすぐに作動させるためにも、操作が簡単なものがおすすめです。 しかし、繰り返しになりますが、すぐに音を止められるものは避けましょう。不審者にブザーを止められてしまっては意味がないからです。

また、子供が常に持ち歩いていられるよう、コンパクトで軽い防犯ブザーが良いでしょう。

小学生は、まだまだわんぱく盛りです。登下校中に友達とふざけていて防犯ブザーに衝撃を与えてしまうこともありますので、できるだけ頑丈で壊れにくいものを選んであげましょう。雨に強い防水タイプのものも発売されていますよ。

目立つ色のものを選ぶこともおすすめです。 犯罪者や不審者が、遠くから見たときに「あの子は防犯ブザーをつけている」とわかることで、犯罪の抑止力にもなるからです。

同様に犯罪への抑止力になるものとして、ランドセルに貼る「防犯ベル携帯中」というステッカーなども発売されています。

子供に防犯ブザーを持たせるときの注意点

すぐに鳴らせるような位置に取り付ける

防犯ブザーはいざというときに、すぐに鳴らせるようにしなくてはなりません。ですから、子供がすぐに手にとりやすい位置に取り付けてあげましょう。

子供の体格や利き手なども考慮して、どこに取り付けるかを決めます。 成長に応じてブザーを取り出しやすい位置も変わってくるはずですので、定期的に見直すことが大切です。

紐で取り付けるタイプには危険も……

長い紐などがついていて、首やランドセルからぶらさげるタイプの防犯ブザーは、いざというときに紐が揺れてしまって作動させにくい上に、紐で首をしめられる危険性もありますので、注意が必要です。

一番大切なのは、日ごろからの意識!

防犯ブザーの鳴らし方や止め方を普段から訓練しておくことはとても重要。

不審者に遭遇したときは、パニックになったり恐怖で固まってしまう可能性もあります。そんなときでも反射的に防犯ブザーを使えるくらいにしっかりと訓練しておきましょう。

「防犯ブザーをいたずらで鳴らしてはだめよ」と言い聞かせることも確かに必要でしょう。

しかし、そのために「防犯ブザーは鳴らしてはいけないもの」という意識が子供にできてしまうと、いざというブザーの使用をためらってしまうこともあり、非常に危険です。

子供には「『こわい!』『あぶない!』と思ったら、すぐに防犯ブザーを鳴らして良いのよ」と話しておきましょう。

定期点検も忘れずに!

また、親として、忘れてはいけないのが定期的な点検です。電池切れや故障などがないか、こまめにチェックしておきましょうね。 登下校だけではなく、お稽古ごとや、友達と出かけるときにも忘れずに携帯させるように声をかけることも大切です。

残念ながら子供を狙った犯罪はなくなりません。 しかし、地域の小中学生に携帯用防犯ブザーを配布する自治体も多く、地域全体で子供を見守る活動を行っているところもあります。

各家庭に留まらず、子供を守るための取り組みは数多く行われています。 地域や立地により難しい場合もあるでしょうが、親子で通学路を歩き、そこで出会う地域の人たちに挨拶しておくのも1つの防犯です。

子供の安全のために、できることから始めてあげてくださいね。

Photo/FromSandToGlass

参考/ セコム防犯ブログ「子供の防犯対策」 セコム子供の安全ブログ 子供向け「防犯ブザーの選び方と使い方」の決定版解説動画を新制作し、You Tubeで公開! ALSOKサイト「こどもの防犯対策1.子供を犯罪から守る~外出時の子供の安全」 小学一年生「安全防犯大百科」 船橋市HP「防犯ブザーの配布」

関連コラム

子供の安全を守る!防犯について考えよう
6割の子供ができていない!?正しい鼻のかみ方をチェックしよう
子供の利き手はいつからわかるの?左利きでも無理に直さないで!
眠りが少ないと自分を嫌いになる!?睡眠と自立の密接な関係

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP