子どもの鼻血をしっかりとラクに止める方法を紹介!

子どもの鼻血をしっかりとラクに止める方法を紹介!

Bu facebook
Bu twitter

子どもが、急に鼻血を出すと、「何かの病気?」と心配になりますが、子どもの鼻血のおよそ9割は、自分で鼻を触って傷つけたことが原因です。

両方の鼻の仕切りの壁、入り口から1センチくらいのところには、太い静脈や毛細血管がたくさん集まっています。
ここは、キーゼルバッハ部位といい、粘膜がとても薄いのです。そのため、少し引っかいただけでもすぐに出血してしまいます。

鼻血を簡単・確実に止める方法「母指圧迫止血法」

※母指圧迫止血法の考案者:安岡 義人(鶴谷病院 耳鼻咽喉科 部長)

これまで一般的な鼻血の止血法は、鼻の両側をはさむというものでした。しかし、これだと、息が出来なくて苦しいですよね。そこで考案されたのが、「母指圧迫止血法」です。

まず、ティッシュなどで血を受けながら、片方の小鼻を親指で押さえて、残りの4本の指で下あごに添えて、あごをはさみます。
はさむことで、手を安定されられます。片方の鼻から息が出来るので、苦しくないですね。

血液を飲み込むと、吐き気を催すこともあります。
血がのどに流れないように、下を向かせて3分間押さえ続けます。
ほとんどの場合、この方法で鼻血はおさまるようになります。

大きな子どもなら、この方法で自分で鼻血を止められるようになります。

打撲による出血や10分以上押さえても止まらないようなときは、すぐに病院へ行ってください。
何度も鼻血を繰り返すのは、鼻がかゆいせいかもしれません。アレルギー性鼻炎など、何か原因がないか、耳鼻科で詳しく調べてもらうといいですね。

今回の「すくすくポイント!」
鼻血が出たら慌てずに、親指で小鼻を押さえて3分間!



耳そうじしない方がいい?

子どもの耳そうじのコツは?

眠くなると耳をかきむしる。やめさせるにはどうすればいい?

“寝かしつけ”としての耳そうじは大丈夫?

鼻かぜのたびに中耳炎になるのはどうして?

固まった鼻水を吸いやすくする方法は?

鼻かぜを防ぐ効果的な方法は?


元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP