ファイナンシャルプランナーに相談すると、どんなことが解決できるの?

ファイナンシャルプランナーに相談すると、どんなことが解決できるの?

Bu facebook
Bu twitter

ファイナンシャルプランナーに相談!とよく聞くけれど、いったいどんな内容の相談ができるのかしら?
今回はそんな疑問をお持ちの方に贈るコラムです。

■ファイナンシャルプランナーに相談できるのはどんなこと?

最近よく耳にするようになった「ファイナンシャルプランナー」という職業ですが、私たちにとって一体どんな存在なのでしょうか?

FPと略されることが多いファイナンシャルプランナーですが、お金の専門家とも言われており家計管理、資産運用、税金、投資、住宅ローン、不動産、相続と幅広い分野の知識を有しています。個人でFPとして事務所を構えている方もいれば、FP会社に勤めている方もいます。なかには銀行や保険会社等の金融機関に勤めながら、自己啓発の一環としてFPの資格を取得している方もいます。

では、実際にFPにはどんな相談をすることができるのでしょうか?

前述の通りFPは幅広いお金の知識を有しており、住宅ローンの借り入れ、保険加入、まとまったお金の運用をはじめ様々なお金に関する相談ができます。
ただし、FPの担当する領域は幅広いので、まず浅く広く学んでから自分自身の専門を磨いていく方が一般的かと思います。そのため、具体的に相談内容が決まっている方は、その分野に強い専門のFPに相談した方がより良いアドバイスを受けられます。

「漠然と将来が不安・・・」等、具体的な相談内容が決まっていない方も珍しくありません。
そんな方は、ご自身が将来叶えたいライフプランを作ることを考えましょう。結婚、出産、自宅購入などのライフイベントを考慮した、将来的な収支状況や預貯金の推移などを確認することができます。
FPからのヒアリングに答えていくことで、お金がかかりそうな時期や不足する金額が可視化され、具体的にこれから何をしていけばよいのか?が理解できると思います。
ですので、「何を相談したら良いかわからない」という方は、FPと一緒にライフプランを考えてみることをおすすめします。

■相談の費用はどれくらい?

さて、FPに相談する場合に費用はかかるのでしょうか?

答えは、FP自身やFPが勤める会社によって異なります。無料相談ができる会社もあれば、1時間あたり数千円という会社もあります。

では、なぜ無料で相談できる会社があるのでしょうか?

無料相談を実施しているFP会社は、保険代理店であったり、金融商品仲介業等をしていることが一般的です。相談者が保険の見直しや金融商品を購入した場合に、金融機関から手数料が入る仕組みになっています。そのため、相談者からはお金を受け取らなくてもビジネスが成り立つというわけです。

一方、相談が有料のFPは相談のみ実施ということも珍しくありません。個人的には、相談の結果、解決策を提案してもらうことの方が大事だと思っていますが、皆さまのお考えに合うFPを探してみてくださいね。

なお、無料相談を実施しているFPに相談をすると、「何かを売りつけられるかも…」と心配になる方もいると思います。ですが、FPの仕事は信用商売ですので、無理な勧誘などは基本的に心配しなくても良いと思います。
個人に押し売りまがいなことをして、変な悪評が立ってしまうことはFPとしても困りますので…。

■相談する場合、時間と回数はどれくらい必要?

個人のライフプランを考えるのであれば、10分、20分で終わる話とはなりません。もちろんFPによって異なりますが、1回あたりの相談時間は1時間~2時間と言われています。
ライフプランニングのためのヒアリング→ライフプランを実現するための解決策の提示という流れになるため、複数回面談することが一般的です。
実際に解決策に納得して契約する場合は、3~4回ほどFPと面談することになるでしょう。

なおSodanでは、資産運用、住宅ローン、生命保険、損害保険、相続、不動産と幅広い領域をカバーしているブロードマインド(株)に所属するFPが皆さまのご相談を【無料】で承っています。ご来社はもちろん、訪問可能エリアであればご自宅またはお近くの喫茶店等に訪問し、ご相談を承ることも可能です。お話を伺いながら、ご自身のライフプランの立案とそのための解決策を提示いたします。

ぜひ、Sodanの相談サービスをご利用ください。


●TalkRoom(QA掲示板)へのご相談はこちら
●対面相談のお申込みはこちら
 

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP