妊娠14週|お腹の大きさ、エコーの様子は?つわりが解消し体調改善も

妊娠14週|お腹の大きさ、エコーの様子は?つわりが解消し体調改善も

Bu facebook
Bu twitter

妊娠がわかって期待とうれしさと不安が入り混じり、体の変化への戸惑いもある中、ママがちょっとずつ落ち着いてくるのが妊娠14週の頃。

人によってはつわりが楽になり基礎体温も下がって、だるさや体調不良の改善が見られる人もいます。赤ちゃんも妊娠14週には手足があり動かしていることもあり、エコーで人間らしいかわいい姿を確認できます。

今回は妊娠14週とは具体的にどんなことがママと赤ちゃんに起きているのかをご紹介します。

妊娠14週ってどんな状態?

妊娠14週っていつのこと?

マタニティマーク,妊娠,14週,お腹

今でも妊娠◯ヶ月と月単位で話す機会は多く、世代が違ってもスムーズに状況を伝える目安になっています。しかし妊娠の経過をきちんと把握するために、特に医療や保健など公的なところでは、妊娠は週で数えられることが基本です。

妊娠14週とは、いわゆる妊娠4ヶ月、その中でも後半に入る時期を指します。この時期になると、体の変が大きいだけでなく、知っておくべきこと、調べておくべきことも増えてきます。

体調さえよければ身軽なうちにすませておきたいことも、無理がない範囲で用意を始めやすい時期です。

妊娠14週 母体の状態

子宮内の変化

妊娠14週の妊婦のお腹,妊娠,14週,お腹

妊娠14週。母体の状態はどうなっているのでしょうか。この時期の子宮は、赤ちゃんの成長と共に大きくなり、子どもの頭程度の大きさになります。

人によってはそろそろお腹もせり出してくる人もいて、自分から言わなくても、妊娠を指摘されることもあります。これは体質もあるので、お腹が出て来ないからといって心配しすぎる必要もありません。

外からわからない変化をきちんと知っておくためにも、検診による超音波検査を受けるようにしましょう。

ホルモンの影響で基礎体温が下がる

婦人体温計,妊娠,14週,お腹

妊娠を意識していた場合は、妊娠前に基礎体温をつけていた人も多いのではないでしょうか。基礎体温は女性ホルモンの分泌バランスで、低温期と高温期の二層になっている状態が理想的とされています。

妊娠すると、この高温期に出ていた黄体ホルモンが分泌され続けるため、妊娠初期はずっと高温期と同じ状態になります。これが落ち着くのが妊娠14週。黄体ホルモンの分泌が落ち着いてくるため、体温が下がってきます。これは赤ちゃんがいる胎盤が安定してきた状態です。

妊娠14週 表れる症状

妊娠4ヶ月の妊婦,妊娠,14週,お腹

体温が落ち着いて検診でも問題がないようなら、14週は安定期に入り始める時期です。つわりが楽になる人もいますし、体が妊娠に慣れてくる人もいます。

妊娠を気にして控えていた運動や外出も、ある程度自由にできるようになります。体が妊娠している状態に慣れてくるので、気持ちも体も安定しやすくなる傾向があります。

ただ気をつけたいのはせり出してくるお腹。体の重心を変えてしまいます。また思ったより足元が見えずに転倒するケースもあるので、意識して気をつけておくといいでしょう。

体験談:妊娠14週の症状

つわりが解消し食べられるように

shizuka03さんからの体験談:
吐き気がおさまってきたことにより、食事の量も増え、友達と食事に出かけに行くこともできるようになってきました。無性に味の濃い料理を食べたくなることも多かったです。

米は4週からほとんど食べられませんでしたが、納豆巻きや太巻き等の酢飯だと少し食べられました。

お腹が大きくなってきて頻尿に

E.Aさんからの体験談:
つわりはだいぶ落ち着いてきてきましたが吐き癖がついてしまい、汚いものを見たりすると吐いてしまうこともありました。

おなかが出てきて、そのせいなのか頻尿と便秘に悩まされました。仕事中や夜中、外出先で何度もトイレに行くのが嫌で出来るだけ水分をあまりとらないようにしていました。

その結果、水分不足で便秘になり辛かったです。この時期には薬が飲めないので水分(麦茶)を取っておなかのマッサージをしてなんとか乗り切りました。

妊娠14週 赤ちゃんの状態

胎児・胎盤の状態

母子手帳を見る妊婦,妊娠,14週,お腹

ママの体の変化がわかったところで、今度は赤ちゃんの状態を知っておきましょう。胎盤ができあがり安定期に入り始めるという妊娠14週は、初期で作られ始めた赤ちゃんの臓器や骨格が出来上がる時期です。

もうエコーで確認すれば手足もあり、動かしていることがわかります。中には指をしゃぶるようなしぐさをする赤ちゃんもいます。この時期は皮膚や産毛が作られていて、ますます人間らしい姿に近づいていきます。

胎盤も出来上がり、ママと赤ちゃんがへその緒で繋がるのもこの時期。ママと赤ちゃんがより密に繋がります。

妊娠14週にしておくべきこと・気を付けることは?

体調、体重管理

マタニティヨガをする妊婦,妊娠,14週,お腹

妊娠14週に入ると、つわりが治まるママもいます。気をつけたいのはつわりで狂ってしまった食事の感覚に振り回され過ぎないこと。

つわりの時に気持ち悪くて食べられなかったママは食べる量が少なかったり、逆に食べづわりのママは食べる量が多すぎたりします。

つわりが終わった後もつわりの時の感覚のままで食事をしていると、体重の増加につながったり栄養バランスが悪く体調不良になったりと不調を引き起こすことがあります。

安定期に入ってくるので、体調がよければウォーキングなど体に負担がかかりすぎない範囲で運動をするようにしましょう。マタニティストレッチやヨガもおすすめです。

また、体の変化に合わせてしめつけない格好を選ぶ必要があります。ゆったりとした服装やマタニティウェアを活用し始めるのもこの時期です。人によってはブラジャーのしめつけが辛い場合や、今までの下着ではかゆみを感じる人もいます。

その場合は、産後にも使える授乳対応のブラジャーなどを選び、肌触りがよくしめつけが少ないものを使用しましょう。ショーツもマタニティ用の腹部までフォローするものを使い、冷えの対策をしましょう。

用意すると良い道具・アイテム

妊娠線のケア,妊娠,14週,お腹

安定期に入ることで、買い物もしやすくなります。妊娠中だけでなく、産後に向けても産後すぐ必要なものは買い揃え始めておくといいでしょう。

まず妊娠中にこの時期からすぐ用意したいのが、妊娠線ケアのためのクリーム。腹部が出てくるため、急な皮膚の伸びに耐えられず肉割れのような筋がお腹に入ることがあります。これが妊娠線。

ケアをすることで妊娠線を作らずに済む可能性が高くなります。ケアクリームを手に入れ、マッサージをするようにしましょう。

またこれから大きくなるお腹に合わせて、しめつけない服や下着をはじめ出産へ向けての用意をしておくと安心ですね。

産婦人科に受診するタイミング

産婦人科医と妊婦,妊娠,14週,お腹

医師から確定診断を受けた後、どこで産むかを決める必要があります。婦人科のみの医療機関で検査した人だけではなく、里帰り出産のように妊娠経過の検診と産院が違う人は、他の産院に連携し出産予約の相談をしなくてはいけません。

またそのまま検診する病院で出産したい場合も、人気の産院では予約が取れないというケースもあります。中には3ヶ月で予約がいっぱいになる病院も。

一方で中期以降からしか出産予約を受けない病院もあるので、14週にはどこでどんな風に産みたいかを決めて、希望の病院や助産院を受診する必要がでてきます。

また母体と胎児の安全を第一に考えて、希望した場所が選択できないケースもあります。そのためにも、産婦人科は早いうちに必ず受診しましょう。

歯科検診に行っておく

歯科検診の様子,妊娠,14週,お腹

意外に後回しにされがちな歯科治療ですが、妊娠中安定期に入ったら検診を受けておきましょう。虫歯が見つかった場合も妊娠中に治療しておく方が無難です。歯周病がある妊婦さんは早産になるリスクが高くなるので、治療を受けておきましょう。

赤ちゃんが生まれたら、ママはずっと赤ちゃんのお世話でしばらく自分のことまで手がまわらないことが多いです。赤ちゃんが落ち着いても預ける人がいなければ、歯科へ行くにも一苦労ですよね。

しばらく通院治療が必要になる虫歯に関しては、妊娠中に治療しておくほうが、ママにも赤ちゃんにも負担は少ないのです。

薬やレントゲンの影響

錠剤の薬,妊娠,14週,お腹

歯科の検査でレントゲンを心配するママも多いと思います。歯科に限らず、怪我や病気でもレントゲンを取ると医師から言われた場合には、妊娠中であることを伝えましょう。

歯科のレントゲンであれば、体に防護服をかけることで撮影できるケースがあります。他のレントゲンについても、胎児に悪影響が出るほど被曝する事はないと言われています。

妊娠に気がつかないうちに検診等、レントゲンを受けてしまったと思い悩む人もいますが、その程度では初期でも影響がないケースがほとんどです。

薬についても同様で、妊娠中は何が何でも薬を飲まないと決めてしまうママもいますが、高熱が続く、咳込みが激しいなど病気の症状そのものが胎児に悪影響を与える場合があります。その時は薬を飲んだ方が赤ちゃんのためになるケースもあります。

妊娠中に体調を崩したら、素人判断せず医師に相談しましょう。必要に応じて薬の力を借りるのは悪いことではありません。

パパはなにをしてあげたらいい?

ママのお腹が大きくなる前から家事のサポートを

洗濯物を片付ける男性,妊娠,14週,お腹

妊娠中は大変なママ。パパはできることを探してもなかなか見つからなくて、もどかしい思いをする事も多いでしょう。

辛いママを支えるためにマッサージをしたり買い物を代わってくれるのも、ママにとってうれしいことです。もしパパができるのであれば、家事に気を配ってみてください。

やってみるとわかりますが、家事はお皿洗いや洗濯掃除と「前かがみ」の体勢で行う動作が非常に多いのです。この前かがみのポーズは、お腹が出始めた妊娠14週のママにとってこれから少しずつ辛くなっていくのです。

すべてを代わる必要はありませんが、後期になるとますます大変になります。その時に向けて少しずつでも、家事全般に挑戦してみることをおすすめします。

ママが不安な時、気持ちを受け止めよう

話をする妊婦と夫,妊娠,14週,お腹

体の変化やホルモンの急激な変化もあり、妊娠初期にママが不安定になるのを目の当たりにしたパパも多いと思います。精神的な不安はもちろんですが、安定期に入り、出産場所や具体的な準備が始まると、現実的な悩みや不安を感じるママもいます。

ママが不安な時、妊娠していない自分はわからないと思わずに、ママの不安や悩みを聞いてあげてください。すぐ解決させようと結論を急がなくてもいいのです。ふたりの赤ちゃんを待ち、ふたりで悩んでいくという姿勢がママの安心に一役買ってくれるのです。

体験談:パパにしてもらってうれしかったこと

励ましてくれた

yulvi8さんからの体験談:
出血で心身ともに落ち込んでいたので、旦那さんが毎日とても励ましてくれました。健診に行くまで不安で不安で、赤ちゃんは無事かどうかを心配していましたが、その度に旦那さんが大丈夫となだめてくれました。

何の根拠もない「大丈夫」の言葉でしたが、その言葉に何度も救われました。自分が落ち込んでいてはいけない、赤ちゃんの生命力を信じようという気持ちになれました。

毎日ほとんど寝たきり状態だったので、ベッドまで色々運んで来てくれたり、家事全般を担ってくれたりととても助かりました。

家事をしてくれた

ki-fioさんからの体験談:
この時期にパパにやってもらってうれしかったことは、やはり家事の手伝いです。 それまで家事はやってもらった記憶がなかったのですが、つわりの時期を機会にお風呂掃除や洗濯、食器洗いなどはこちらから何も言わなくても積極的にやってくれました。

つわりが終わってからもひどい風邪をこじらせていたため、パパがやってくれた家事の手伝いは非常にうれしかったです。

まとめ

初めての妊娠も何度目かの妊娠も同じ妊娠はない、と言われるように不安も希望もその時、その人によって様々です。

大切なことは不安を少しずつ解きほぐすこと。妊娠14週になれば、ママもパパも親になる実感を感じ始めることができます。戸惑うことも多いですが、経過やするべきことを知っておくことで、一歩一歩不安の解消にもつながっていきます。
(文章作成:ペメ)

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP