動物にたくさん触れ合おう!子連れにおすすめ「市原ぞうの国」

動物にたくさん触れ合おう!子連れにおすすめ「市原ぞうの国」

Bu facebook
Bu twitter

千葉県にある「市原ぞうの国」は、名前の通り、ゾウがたくさんいる動物園です。

また、ゾウだけでなく、ラクダやカバなどの大きな動物と身近に触れ合えることから、お子さん連れのご家族には特におすすめの動物園です。

今回はそんな「市原ぞうの国」の見どころについて、口コミを交えながら、ご紹介したいと思います。

【市原ぞうの国 見どころ(1)】ゾウがとにかく沢山いる!

ゾウの飼育頭数は日本一!

ゾウ「ゆめ花」,市原ぞうの国,子連れ,触れ合い体験 出典:www.zounokuni.com

「市原ぞうの国」で絶対に見てほしい動物は、もちろんゾウです。ゾウの飼育頭数は日本では最大で、現在は10頭のゾウが生活しています。

ゾウの中で一番年輩の「ようこ」は、推定年齢が50歳ぐらいで、体も一番大きいです。

「市原ぞうの国」で初めて産まれたゾウの「ゆめ花」は、日本で初めてお母さんによる子育て(自然哺育)で育ったことでも注目されています。

そして、映画の「星になった少年」でモデルになったゾウも、この園にいるのです。

それは「ランディ」というゾウで、左の耳横にハート型があるのがトレードマーク!ぜひ探してみてください。

園内には、ゾウの他にもラクダやカバ、カピバラなどがおり、約100種類もの動物が暮らしています。

見応え十分で、一日では見きれないかもしれませんね。

【市原ぞうの国 見どころ(2)】様々な動物達と触れ合える!

ぞうさんショーの後には・・・

ぞうさんライド,市原ぞうの国,子連れ,触れ合い体験 出典:www.zounokuni.com

園内に居るゾウさんとは、触れ合うことができます。

毎日開催されているぞうさんショーが終わってから、ゾウさんに乗ることができたり、おやつをあげたりと、ゾウと触れ合えます。

ゾウさんの背中はとても大きいので、ご家族で一緒に乗ることができます。

体重の合計が150㎏までは大丈夫なので、お子さんと一緒に乗ることができます。ご家族で素敵な思い出を作ることができますね。

ぞうさんライドの料金は1回2500円です。

そして、ゾウさんのおやつタイムでは、えさのバケツを購入することで、ゾウさんに近づいて直接おやつをあげられるのです。

なかなか間近で見ることができないゾウの食事姿に、お子さんも興奮すること間違いなしです。

他にも、ゾウさんの鼻にぶら下がることができるというリフト体験も、貴重な体験ができるアトラクションですよ。

【市原ぞうの国 見どころ(3)】グッズがおすすめ!

ゾウグッズがかわいい!

ギフトショップ,市原ぞうの国,子連れ,触れ合い体験 出典:www.zounokuni.com

「市原ぞうの国」まで行ったら、やはりお土産を買いたいですよね。

ギフトショップは園内に4つあります。グッズの中でもおすすめは、ゾウのぬいぐるみです。

園内に居るゾウそれぞれの誕生記念に作られたぬいぐるみは、特徴をつかんで作られています。あまりのかわいさに、つい手にとってしまいます。

他にも、お絵かきが上手なゾウの「ゆめ花」や「りり香」が書いた桜の絵なども売っています。

完成度の高い絵の出来なので、ぜひ見てみてください!

合わせてTシャツやトートバッグなども販売されています。

そしてお土産にお菓子を考えている方には、ちびゾウの形をしたおまんじゅうがおすすめです。

おまんじゅうの形もさることながら、パッケージのデザインもかわいいのがポイントです。

人にプレゼントしても喜ばれそうです。

このスポットの基本情報、口コミはこちら

口コミ

象だけでなく、色々な動物を間近に見ることが出来た。

【おでかけをした子ども】4歳2ヶ月の男の子
【おでかけをした時期】2010年05月
【使用した金額】大人:1800円/人 子ども:500円/人

象の行進を間近に見ることが出来たり、象の芸を見ることが出来て良かったです。ただ、家族連れで結構混んでいました。

屋外で持ち込みのお弁当を食べている人が多いですが、私達は砂埃が気になったので、園内のレストランで食べました。坂が多いですが、ベビーカーの貸し出しがあるので、小さな子どもと行くときには活用するのがおすすめです。

(千葉県在住40歳女性)

まとめ

今回は「市原ぞうの国」の見どころをご紹介しました。見るだけでなく、実際に触れ合える機会がたくさん用意されています。

「市原ぞうの国」へ行けば、子どもも動物好きになっちゃうかも・・・きっと思い出に残ると思います。

オムツ交換所や授乳室もあるので、小さなお子様連れでも安心ですよ!

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP