節分の残り豆を使った簡単お菓子レシピ5選

節分の残り豆を使った簡単お菓子レシピ5選

Bu facebook
Bu twitter

節分に使った豆はみなさんどうしていますか?意外とたくさん残ってしまって困っている方も多いのではないでしょうか。そんな時にぜひ試していただきたい、節分の豆を使った簡単お菓子レシピを紹介いたします!

子どもから大人まで、どれもおいしくいただけるものばかりですよ。

【節分の豆を使ったおすすめレシピ(1)】*節分の豆で!抹茶豆♪*

食べだしたら止まらない!?

抹茶豆,節分,豆,レシピ 出典:cookpad.com

豆をそのまま食べるにはどうしても飽きてきてしまいますよね。そんな時おすすめのレシピがこちらです!!

砂糖、水をレンジであたため豆を入れます。別のボールに抹茶を入れて、豆とからめればでき上がり。すぐに簡単にできるおすすめのレシピですよ。こちらなら、子どももパクパク食べられるはずです!

抹茶を、ココアやきなこ、大人向けにコーヒーにアレンジして作ってみてもおいしそうですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【節分の豆を使ったおすすめレシピ(2)】節分豆でまさか!きなこバナナスムージー★

豆がスムージーに!!

豆入りスムージー,節分,豆,レシピ 出典:cookpad.com

バナナジュースが大好きなお子様も多いのではないでしょうか?そんなバナナジュースに、節分の余った豆を入れるだけでママにもありがたい、美容と健康にもうれしいジュースが完成します!

下ごしらえは、朝飲む場合は前日の夜から豆をカップに入れ、浸るくらいの水を入れておきます。朝、水気を切った豆とバナナ、牛乳をミキサーにかければ完成です。

忙しい朝もこれなら栄養面も心配なく、子どもたちもおいしくいただけますね。お好みで、お砂糖やはちみつを入れて甘くしてもいいですよ。おやつにもおすすめのレシピです!

この記事に関連するリンクはこちら

【節分の豆を使ったおすすめレシピ(3)】残った節分豆で砂糖醤油がらめ

カルシウムもたっぷりとれる!

節分豆で砂糖醤油がらめ,節分,豆,レシピ 出典:cookpad.com

余った豆で、市販でもよく見かけるこちらのレシピが作れます。とてもおいしそうだけれど、難しそう・・時間がかかりそう・・そんなイメージがありますよね。でも実は、とても簡単にできるんです!!

用意するのは、余った豆と食べられる煮干し、スライスアーモンドです。こちらの3つの材料をフライパンで香ばしくなるまで炒め、一旦取り出します。

砂糖と醤油をフライパンで煮立て、具材を入れからめてお酒をふればでき上がりです。カルシウムもしっかりとれて、甘辛いお味なので子どもたちもたくさん食べてくれるはずです。

また、冷めてもおいしいのでお弁当にもおすすめですよ!

この記事に関連するリンクはこちら

【節分の豆を使ったおすすめレシピ(4)】節分のお豆の残りで♪簡単手作りきなこ

自家製きなこに挑戦!!

自家製きなこ,節分,豆,レシピ 出典:cookpad.com

余った豆でなんと!きなこが作れるんです!作り方もとても簡単。ミキサーやブレンダー、ミルなどで豆を細かくするだけで完成です。

香ばしさを出したい場合は、最初豆をフライパンで軽くいってあげるといいですよ。でき上がったきなこは、お好みで砂糖や塩をくわえても。

自家製のきなこならおいしさも倍増、子どもたちにも安心して食べさせることができますね。きなこはいろいろなメニューに使えるのでとても便利です。お餅や食パン、牛乳に入れると栄養もばつぐんです。

この記事に関連するリンクはこちら

【節分の豆を使ったおすすめレシピ(5)】豆チョコ♡(節分豆チョコレート)

バレンタインにもおすすめ!

豆チョコ,節分,豆,レシピ 出典:cookpad.com

こちらはバレンタインにもおすすめのレシピです!子どもも大人も大好きなチョコレートに豆を入れると、豆が苦手なお子様でもペロッと食べることができるかもしれません。

作り方もとても簡単ですよ。市販の板チョコを溶かし、そこに余った豆を入れお好きな型にしてあとは冷やして固めるだけなんです!

ホワイトチョコに変えてみたり、飾りをトッピングしてもいいですね!また、小さな子どもでもお手伝いしやすいので一緒に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

いかがでしたか?ついつい余ってしまいがちな節分の豆も、こちらのレシピでもっとおいしく食べることができます。

節分の豆は買っても余るから・・と買うのをためらっていた方も、いつも余ってしまい困っていた方もぜひ、こちらを参考にして豆を活用してみて下さいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP