突然、お葬式に出なくては行けなくなった!小さい子どもの服装は?

突然、お葬式に出なくては行けなくなった!小さい子どもの服装は?

Bu facebook
Bu twitter


先日、2歳になる娘にとっての曽祖父が、97歳で亡くなりました。
突然ではなかったものの、いざお通夜とお葬式に出席するとなると、2歳の娘の服装に頭を悩ませました。
まずは、ネットで検索してみることに。
すると、「小さい子どもがきちんとした喪服を着ると、‟準備をしていたみたい”という印象を与えるので控えたほうが良い」という意見を見つけました。
2歳という年齢を考えると、きちんとした喪服を購入しても、次に必要な時にはサイズアウトしている可能性の方が高く、確かに喪服を買う必要はないと判断。
次に、クローゼットの中の黒、紺、グレーなど地味目の服をチェック。
まず、夏に着れる黒い服は持ってない。紺地のワンピースはあるけど全面的にお花柄。グレーの服もなし。
この時点で、「持っている服でなんとかする」は消えました。

しかし、ちゃんとした喪服を購入することは避けたかったので、他の意見もチェックしてみることに。

小さな子どもの葬儀参列時の服装についてのアドバイス!
「子どもなら、茶色や青っぽい服でも可。フリフリになるならやめたほうが良い」
「白黒なら、チェックでも大丈夫だと思います」
「子どもは幼稚園の時は制服、その前は紺や黒の洋服でした」
「靴下はシンプルな黒のハイトソックスかタイツが良いと思います」
「黒いズボンがあるなら上は白の無地で全然OK!」
「小さな子供ならそこまで真っ黒にしなくても大丈夫だよ。最近私もお通夜、お葬式に参加しましたがそう聞きました」
「無地の白や黒のポロシャツ着てる子とか見かけるからシャツじゃなくてもいいのかも」
「うちは実母と相談して、手持ちの黒い靴下と紺の靴、黒いズボンに、西松屋で白いポロシャツを買い足しました」
このアドバイスを基に、「無地の黒いワンピース」を着せることに決めました。
着せる物が決まれば、あとはお店を絞るだけ。
頭に浮かんだのは、「無印良品」「しまむら」「西友」「西松屋」「赤ちゃん本舗」
すぐに行ける距離にあったのが「西松屋」だったので、早速探しに行きました。

そこで見つけたのがコチラ。
95サイズのワンピース。完全な無地ではないものの、2歳の子どもが葬儀で着るには問題ないデザインです。
仕事_1316

このワンピース、なんと約1300円で購入できました。
この値段で用意できたのは、想定より安かったのでとても助かりました。

突然葬儀に出ることになると、大人の準備だけでもバタバタしてしまうのです。
近しい方の場合は、子どもも一緒に参列と言う場合もあるので、いざという時はこんな揃え方があるということを覚えておくと便利かもしれません。

ライター 鈴木じゅん子
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP