もっとも危険な瞬間とは?子供に多い自転車事故のパターン

もっとも危険な瞬間とは?子供に多い自転車事故のパターン

Bu facebook
Bu twitter
3cd859bc4772fcc7ef8ce4c03a0262a2_s

幼稚園に上がるころから、少しずつひとりで自転車に乗れる子供も増えてきますよね。 親としては成長が嬉しい反面、心配も増えてきます。

子供が自転車に乗れるようになったら、親としてはどういうことを注意していけばよいのでしょうか。 今回は、子供に多い自転車事故についてお伝えしましょう。

子供の自転車事故で一番多いのは“出会い頭の事故”

実は、子供の自転車事故は交差点などでの“出会い頭の事故”が一番多いそうです。 特に、信号のない交差点や、施設や住宅などの路地から道路に出るときに起こることが多いとのこと。

また、外輪差という意識がないことから、信号待ちをしているときに“巻き込み事故”にあってしまうケースも多いとか。 少し注意をしていれば、防げそうな事故のパターンが多そうですね。

親として、どうやって子供の事故を防げるか考えてみよう

子供の自転車事故に多い“出会い頭の事故”と“巻き込み事故”を防ぐには、 まずしっかり安全を確かめてから走行することが有効です。

子供には、「信号が青でも必ず一時停止しなさい」「住宅街の路地や大型車の影で死角になっているような場所では、いつでも止まれるスピードで、左右の安全を確かめながら走りなさい」としっかり教えてあげましょう。

また、交差点を渡るときに車が曲がってきたら、「必ず車の運転者と目を合わせて、完全に停止したことを確認してから渡りなさい」と繰り返し教えましょう。

自転車で走り慣れた道だったとしても油断は禁物です。 パパやママも、一度子供の自転車での行動範囲を実際に一緒に走ってみて「ここは危ない!」と感じる場所があれば、具体的にどのようにしたら良いかを確認しあうようにしましょう。

服装や持ち物が事故の要因にも!子供が自転車に乗るときに注意すること

小学生の自転車事故には、交差点での出会い頭の事故や巻き込み事故だけではなく、他にもさまざまな事故のパターンがあります。 東京都の調査によると、スピードの出し過ぎによる接触・衝突事故や、「自転車に傘を引っ掛けて走っていたら、傘が車輪に挟まって転倒した」「自転車の振動で前のかごの荷物のひもが垂れ下がり、 前輪に巻きついて転倒した」など、車輪にものが絡んで転倒する事故が報告されています。

特にこれからの秋冬シーズンは暗くなるのも早く、視界が悪くなりがち。歩行者の多い歩道では自転車を押して歩くのはもちろん、車輪などに巻き込まれやすいマフラーや紐つきの服、長いスカートなど、身に着けるものにも注意が必要です。 雨や薄暗い中でも、車や歩行者から目につきやすいような服装や装備をするなどの工夫も必要でしょう。

親の教育や子供自身の意識など、自転車事故を防ぐために必要なことはたくさんあります。 子供が自転車に乗り慣れないうちは、親も子供も運転に慎重になりますが、慣れていくうちにだんだんと安全確認もおろそかになりがち。「もう大丈夫」と思わず、定期的に子供が自転車に乗る様子をチェックしたり、一緒に自転車を走らせながら繰り返し教えてあげるようにしましょう!

参照/ SECOM子供のための安全ブログ「[交通事故防止/強化月間]子どもの自転車事故が起きるのはこんなとき」 SECOM子供のための安全ブログ「子どもの自転車事故を防ぐポイントは?」 警視庁「なくそう子どもの交通事故

関連コラム

最もケガが多いのはすべり台!子供が安全に遊ぶための注意点とは
必ず乗れる4ステップ!補助輪なし自転車を練習しよう
突然の病気やケガのために!知っておきたい救急対応まとめ
子供限定のフリマ!『MOTTAINAIキッズフリーマーケット』が面白い

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP