どう答える?「なんで緑なのに青信号って言うの?」という素朴なギモン

どう答える?「なんで緑なのに青信号って言うの?」という素朴なギモン

Bu facebook
Bu twitter
0ba555a1ae68a5f02f77bf16e09518a6_s

よく考えたら「青信号って“緑色”だよね…」と考えたことはありませんか? 言葉を覚え始めた子供が信号を「緑色!」と言ったとき、「青色」と教えるべきかどうか迷った経験を持つママもいらっしゃるかもしれません。なかなか難しいこの疑問ですが、今回の記事を読めばスッキリ解決することができますよ!

青信号はところ変われば「緑信号」だった!

実は信号の色は、世界共通ルールで定められています。海外に行ったら、赤信号が「進め」だったなんてことがあれば混乱してしまいますよね。 そのため信号には国際規格があり、CIE(国際照明委員会)という組織が交通信号機の色を規定しています。しかしそこで定められている3色とは、「赤」・「黄」のほか、なんと「緑」! 事実、英語では青信号のことを”Green light”と呼びます。

日本でも昔は「緑」と呼ばれていた

日本で初めて交通信号が導入されたのは、昭和5年のこと。ちなみにこの時は、正真正銘緑色のライトが採用され、法令でも「緑色信号」と記されていました。しかしその後、話し言葉や新聞では「青信号」と呼ばれることが一般的となり、ついに昭和22年に法令でも「青信号」という表記が採用されることとなりました。 その後作られた信号機は“より青に近い緑”、つまり「青緑色」のライトが使われています。さらに最近では、赤と緑の区別がつきづらい色弱者への配慮のため、さらに青みが強調されているそうです。

諸説アリ!なぜ日本だけ「青信号」と呼ぶの?

外国と同じように緑のライトが導入されたにも関わらず、日本でだけ「青信号」と呼ばれるようになったのはなぜなのでしょうか。いくつかの説をご紹介しましょう。

1. 昔から、緑を「青」と呼ぶ習慣があった

古事記や日本書紀などの書物を紐解くと、かつて日本では「黒・白・赤・青」の4つしか色を表す言葉がなかったといいます。それぞれの言葉が表す色の範囲は広く、緑は青に含まれていたそうです。「草が青々と茂る」「青ネギ」「青大将」「青りんご」のように、緑色のものを「青」で表現する習慣は今も残っていますよね。緑色の信号を「青信号」と呼ぶのも自然な流れだったという説です。

2. 「赤・青・黄」という色の三原色に合わせた

原色とは、混ぜ合わせることであらゆる色を作り出すことができる、元となる色のこと。赤・青・黄色が色の三原色であることは授業でも取り上げられ、日本では広く知られています。信号の3つの色を三原色に置き換えることで、定着しやすくなったという説です。

3. 「赤と青」の対比のイメージが強かった

水道の温水と冷水やトイレの男女、赤鬼・青鬼など、「赤と青」は反対の意味を表すときにセットで使われることが多いですよね。信号でも、「止まれ」の赤信号と反対の意味を表すためには、対になる「青」を呼び名に使った方がしっくりくるという説です。

いろいろな説がありますが、言葉を覚えたての小さなお子さんは混乱することもありますから、「青信号」という言葉をまずは一つのまとまった単語として教えてあげた方がいいですね。 もう少し大きなお子さんなら、一言で青と言ってもたくさんの色が含まれることや、それぞれの色には意味やイメージがあるといった話に派生して説明するのもいいでしょう。 今回の記事を参考に、それぞれの年代や興味に応じて、納得できそうな答えを考えてあげてくださいね。

参照/ 朝日新聞DEGITAL「(ことばの広場)緑色なのになぜ「青信号」 「赤」と対の色 「進め」の隠喩説も」 大阪府警察「Q6 青信号は緑色に見えるのに、なぜ「青」と言うのですか。」 お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト「交通信号機のあれこれ」

関連コラム

一人っ子はわがまま!?一人っ子を伸ばすために親がすべきこと
身近で不幸があったとき子供への対応は?子供のための”グリーフケア”を考える
子供のお昼寝は絶対必要?幼児の効果的な昼寝とは
天才を生み出す!?ユダヤ人教育に学ぶ子育て法

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP