子どもの思い出を形に残すアイデア「キーホルダー」「飾りマグネット」

子どもの思い出を形に残すアイデア「キーホルダー」「飾りマグネット」

Bu facebook
Bu twitter

今回は、子どもの描いた絵を「キーホルダー」「飾りマグネット」に変身させるアイデアをご紹介。


子どもの思い出を形に残すアイデア「キーホルダー」「飾りマグネット」

講師:丸林 佐和子さん(造形作家)
思い出として残しておきたい子どもの描いた絵。
でもどんどん増えてしまって、保存方法に迷いますよね。
子どもの描いた絵を、毎日使える可愛い雑貨に変身させるアイデアを紹介します。

「キーホルダー」の作り方

<用意するもの>

・子どもの描いた絵
・カーボン紙
・布用ペン
・布用絵の具
・綿
・キーホルダーのパーツ
・無地の布

▽ワンポイント
無地の布は、薄手の方がキレイに仕上がりますよ。

<作り方>

(1)子どもの描いた絵を、作りたいものの大きさに合わせて、拡大(または縮小)コピーする。

(2)カーボン紙を使って、無地の布に、(1)でコピーした子どもの絵を写す。
無地の布の上にカーボン紙、カーボン紙の上に(1)でコピーした子どもの絵を乗せ、鉛筆でなぞりましょう。

(3)布用ペンで、(2)で写した子どもの絵の輪郭をなぞる。

▽ワンポイント
なぞる際は、布用ペンを使ってください。
油性ペンでなぞると、線が滲んでしまいます。

(4)布用絵の具で色をつける。
布用絵の具は乾くと、色落ちしにくくなります。

▽ワンポイント
きっちり塗るよりも、ラフに塗ると、子どもの絵がより活きますよ。

(5)絵を描いた布と、無地の布を重ね、絵を切りとる。
切る際は、絵の輪郭から2cmくらい余白を空けて切りましょう。

(6)切った布は、絵が描いてある方を内側にして重ねる。

(7)絵の輪郭から、1cmほど外側を縫い合わせる。
3cmほど残して、縫い留めましょう。

(8)縫い残した部分から、布を表側に返し、綿を入れる。

(9)縫い残した部分を接着剤で止める。

(10)「キーホルダーのパーツ」を縫いつける。
「キーホルダー」の完成です。

「飾りマグネット」の作り方

<用意するもの>

・子どもの描いた絵
・カーボン紙
・布用ペン
・布用絵の具
・マグネット
・コップ
・無地の布

<作り方>

(1)無地の布に、コップで型を取り、切り取る。

(2)切り取った布に子どもの描いた絵をカーボン紙で写し、色を塗る。
子どもの絵の写し方や色の塗り方は、「キーホルダー」の作り方(2)~(4)と同じです。

(3)絵の周りを波縫いする。
縫い留めはせずに、針を通した状態で縫いかけの糸を残しておきましょう。

(4)波縫いをした(3)の布で、マグネットを包む。

(5)残しておいた糸を引っ張り、縫い止める。
「マグネット」の完成です。



元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP