2歳の子どもと2人で外食に挑戦。果敢に挑んだけど疲れ果てて帰宅…。

2歳の子どもと2人で外食に挑戦。果敢に挑んだけど疲れ果てて帰宅…。

Bu facebook
Bu twitter

娘が産まれてから、家族での外食も月に2回あるかないかの我が家。
「美味しい物が食べた―い!」と騒いで出かけてみるも、帰り道で必ず「家で食べる方が楽だね」という会話を旦那としてしまうのです。
子連れの外食って、ものすごーく疲れませんか?
特に、2歳児。イヤイヤ期真っ只中!世間からは「魔の2歳児ね」と言われるこの月齢の子と、外で食事をするのは、本当にパワーを使います。

それが例え、お子さま大歓迎のお店でも、心からリラックスして、美味しいご飯をしっかり味わう余裕は、へっぽこ新米ママの私にはまだないのです…。

と言いつつも、そんなことばかりは言っていられないので、先日、娘と2人でショッピングセンターのフードコートへ行き、「母娘二人きり外食デビュー」をしてみました。
お友達とランチに行ったことはあるけど、全くの二人きりは初!
もう、ドッキドキです。食べる物は、娘が大好きなうどんと決めて、迷わず「はなまるうどん」の真ん前の席をゲット。
自由を手に入れるとどこまでも走っていってしまう娘を、なんとかそばから離さないようにして、うどん購入。(すでに、ここまででその日のパワー半分以上消費)

「いっただきまーす!」の声と共に、取り分け皿を床へ投げる娘…。
とにかく今は、ポイポイ投げたい時期。
「ポイしちゃダメ~!」と言うと、いつもとちょっとだけ違うことに興奮している娘は続けてフォークもポーイ!

うどんを食べるまでの道のりが長い!

ふと、隣を見ると同じようにお子さんと2人で食事に来ているママさん発見!
そのお子さんは、おにぎりを床に投げていて、私とママさんはお互いに苦笑い。

「うん。私だけじゃない!ママはみんな頑張ってるんだ!」と大げさに自分を励まし、食事スタート。

たった1杯のかけそば(大盛り)を2人で食べるのに要した時間は、50分…。
自分のママスキルの低さを晒しているようでお恥ずかしいのですが、2歳児のお子さんのママさん達は、いったいどんな風に外食を乗り切ってるの?
■2歳児のお子さんと外食してますか?

「うちは、ご飯に夢中な間は平和。待ちきれないとか、食べ終わったとか、飽きたとか、お腹いっぱいになったとか、そうなったら終わり。」
「うちも2才2ヶ月の息子がいるけど、二人で外食なんて絶対無理。
突然走ってどこか行っちゃうし…。お弁当買って家で食べるかな。
もう少し大きくなったら、買い物ついでにカフェでお茶とかしたいなぁ~って夢見てる。」
「幼稚園入る前は子供と自分だけで外食しようとも思わなかったよー!出前か弁当。今だに早く帰りたいとか愚図るもん。」
「そのうちおとなしくするよ。2歳半くらいだったかなー。外食でも苦じゃなくなったの。
それまではぐちゃぐちゃにするのが嫌で家でばかりだった。」
「今、二歳3ヶ月だけど…最近行かなくなったなー。嫌々が激しくなってきて(苦笑)お菓子やオモチャでは釣れなくなってきた!興味があるものを触りたい歩きたい…落ち着いて食事できないわぁ。」
「2歳半です。外食疲れます。食べてる間はいいけど、自分が終わったら椅子から降りたがって大人の食事待てません。」
「やっぱり、この月齢の時は家で食べるのが1番だよ。」

1人で悩むより、同じ月齢の子どもを持つママの意見を聞くのが1番の解決になることってありますよね。
みんなの意見を見て、「うちだけじゃなかった~!」と、ホッとしました。
数人のママ達からは、「月齢やしつけの問題ではなく、その子の性格だよ」という意見も。
なるほど~!同じ経験をしたママ達の声は、とてもありがたい!

二人での外食デビューは、パワー的にはクタクタにはなったけど、娘と一緒に外食した大切な記念日。
最初から完璧にできることなんてないので、これに懲りず、ハードル低そうなお店で再挑戦してみようと思います!

こうして、ママスキルは上がっていくんですね。

ライター 鈴木じゅん子
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP