新生児お着替えのコツってなに?初めてでも怖くない!

新生児お着替えのコツってなに?初めてでも怖くない!

Bu facebook
Bu twitter

はじめての赤ちゃんだと、新生児の扱いにどまどってしまったりするママもいることでしょう。

中でもお着替えに苦手意識を持っている人が多く、赤ちゃんが不機嫌だと、お着替えをするたびに泣いてしまうと悩んでいる人も少なからずいます。

そんな方のために、新生児のお着替えのコツをまとめてみました。初めてでも、パパでもおじいちゃん・おばあちゃんでも怖くない!みんなで赤ちゃんのお着替えにチャレンジしてみましょう。

新生児のお着替えってドキドキします!

どんなことに気を付ける?

新生児のお着替え,新生児,着替え,コツ

新生児は、おしっこもうんちも1日何回もします。うんちが漏れてしまって洋服まで汚れてお着替えなんてことは普通です。また、汗っかきな赤ちゃんもお着替えが何回も必要になります。

そんな時に、いくつかの注意点があります。まず挙げられるのは、ママがゆったりした気分で行うこと。赤ちゃんの手足をひっぱったりすると関節を痛めてしまう可能性もあります。

短時間で済ませたいものの、お着替えを早く済ませようと焦って手足をひっぱらないようにしましょう。首座りがまだの赤ちゃんは、首の後ろに手をそえて焦らずに大切に扱いつつ着替えをしてください。

また、冬の時期は、お着替え中に冷えてしまうことがあります。室温は温かくして裸にしても大丈夫なようにしてください。寒すぎて冷えてしまうと、赤ちゃんが体調不良になったり風邪をひいたりする危険性もありますよ。

同様に、冬の時のお着替えで、ママの手が冷たいと赤ちゃんが冷たくて不機嫌になってしまうこともあります。電子レンジで温めた蒸しタオルを使ったりして、ママの手を温めてからお着替えをすると不機嫌にならずにすみます。

新生児お着替えのコツ

ポイントはココ!

新生児お着替え,新生児,着替え,コツ

大人でも裸になって着替える時は、夏でも冬でも短時間で済ませたいもの。赤ちゃんだって同じに違いありません。そのため、お着替えを早く済ませられるように効率的にできるお着替えポイントを踏まえておきたいものです。

例えば、短肌着を内側に着るのなら、あらかじめ短肌着と上の洋服の2枚を重ねておきます。そうすると2枚を一気に着ることができることになり、お着替えに余分な時間が必要ありません。

こうすることで、ママの手間が減る上、時短もできてしまいます。また、迎え袖と言われる方法も楽にお着替えができる方法です。袖の外側(赤ちゃんの手首が出る側)からママの手を入れて赤ちゃんの手をにぎってお着替えする方法です。こうすることで、袖の中でつっかえてしまいがちな赤ちゃんの腕を、袖の外に誘導できます。

また、よく言われているのが、お着替えをママとのコミュニケーションの場にしてしまうこと。楽しくお着替えができます。手を出す時に「◯◯ちゃんのおてて、いないいないばぁ!」とおうたにしたり、マッサージをしてリラックスした時にお着替えをすると赤ちゃんも楽しいと感じてもらいやすいです。

【新生児お着替えのお助けグッズ(1)】ラップクラッチ

有名赤ちゃんメーカーの洋服を活用して

ラップクラッチ,新生児,着替え,コツ 出典:combimini.jp

赤ちゃんブランドのCombimini(コンビミニ)から発売されている洋服が、「ラップクラッチ」。商品を見ると知っている人も多いかもしれません。

これは、カバーオールなのですが、従来、紐になっている合わせ部分がマジックテープになっています。お着替えの時、上からさっと手でなでるとマジックテープがぴったりついて、お着替えが完了になります。

通常、新生児用の服は、短肌着にしても長肌着にしても紐を蝶結びにするものが多いです。でも、お着替えのたびにいちいち2~3個のリボンを結ぶのは大変です。

マジックテープだと、上からさっとなでるだけでくっつき、脱がせる時もべりっとはがすだけ。とにかく楽ちんなので、一度使うとハマってしまうかもしれませんよ。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【新生児お着替えのお助けグッズ(2)】汗取りパッド

着がえなくていい!画期的グッズ

汗取りパッド,新生児,着替え,コツ 出典:amzn.to

夏場に大活躍するのが汗取りパッド。そもそものお着替え回数を減らしてしまおうという画期的なグッズです。

大人の汗とりパッドをイメージしていると全く違う商品です。赤ちゃん用の汗取りパッドは、首から背中にあてがう1枚の布になっていて、布だけ交換すればおきがえ不要になる便利さです。

しかも、これなら1枚の布なので袖を通すことなく背中からスムーズにさっと取ることができます。

新生児はたっぷり汗をかくので、その都度お着替えをしたいですが、首すわりがまだだとそれも面倒なもの。汗をかきやすい背中のパッドを交換すると、お着替え回数が減って楽になります。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【新生児お着替えのお助けグッズ(3)】ベスト

寒暖調節しやすいベストを

赤ちゃん用ベスト,新生児,着替え,コツ 出典:amzn.to

新生児の時期から使うことができて、スリーパーのように肌着の上から使うことができるベストは、首座りがまだな赤ちゃんには楽な商品。

コットンのものだとおでかけの時やねんねの時に活躍し、寒暖調節が簡単にできます。寒いと感じたらさっと上から羽織らせればよく、そでがないので赤ちゃんのお着替えも楽です。

素材によって温かさが違い、コットンのもの、フリースのものと季節に合わせて使い分けるのもいいかもしれませんね。

最近だと、ベストとカバーオールが2枚1セットになったベビー服も売っています。1回のお着替えで2枚分を一気に着ることができるアイテムは、冬の時期にはとても助かるアイテムです。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

まとめ

赤ちゃんとのふれあいの時間だと思って接すると、楽しくお着替えができるはず。ママが楽しいと、赤ちゃんも笑顔になってくれそうです。

新生児期には何度もお着替えしなくてはいけないのが面倒とは思うものの、便利アイテムもたくさんあるので、ちょっと手抜きができるお着替え便利アイテムを投入して楽ちんお着替えをしてみましょう!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP