「おっぱい、いらない」と我が子が言う日まで…。卒乳を待つママ達へ。

「おっぱい、いらない」と我が子が言う日まで…。卒乳を待つママ達へ。

Bu facebook
Bu twitter


気になる特集を見つけた時にだけ、雑誌を買うことにしています。
今月は、「VERY」を買いました。著者の中では、購入頻度は低いほうの雑誌ですが、本屋さんでペラペラとページをめくっていたら、後ろのほうのページにあった特集に手が止まったからです。

それは、「長期授乳派の卒乳・断乳奮闘記」という、特集ページ。

今月2歳になる娘がいます。まだ、卒乳はしていません。
出産した頃は、2歳になるまで授乳をしているとは想像していなかったけど、今は、「娘が決めた時が卒乳の時かな」と思っています。
断乳を考えたことは、何度かありますが「やめなくてはいけない理由」がなかったので、娘が欲しいと思うだけあげることにしようと決めました。
それでも、2歳を迎えるこの時期には、再び頭に浮かぶ「卒乳」のこと。
「やめなくてはいけない」という思いではなく、「長期授乳」をした先輩ママ達の声を聞いてみたいという思いが、この特集ページで私の手を止めたのだと思います。

■ママスタの先輩ママ達にも“長期授乳”について聞いてみました。
「大丈夫!。私も娘からもういらないと言われた3歳半まであげていました。本人も納得してやめたので、わだかまりもなく、きちんと自立してます。歯が溶けたり、出っ歯になったりもありませんでしたよ。」
「うちも、かなりのおっぱい星人だったけど2歳半まで飲んで、子供からやめたから何の悔いもなし。子供からやめる時がいつか来るんだから、気にしなくていいと思う!」
「私もやむを得ない理由ではない断乳は反対で、卒乳希望でいたから好きにさせてたら、末っ子は3歳の誕生日過ぎまで飲んでたよ。」
「漫画家の東村アキコは4歳、菊池麻衣子は5歳まであげてたみたいよ。大丈夫!」
「平気だよ。私の息子は10歳まで飲んでた。」
「海外では4歳とかで卒乳当たり前らしいし、栄養無いとか言われてるけど、体は強くなるらしいし、何より触れ合いできる」

■“長期授乳”は賛成だけど、隠した方が良いという声も。
「あげてもいいけど周りには言わない方がいいよ。内心気持ち悪いと思うから。外で欲しがらなきゃ大丈夫だよ。」
「端から見たら、あんなに大きいのに気持ち悪いと思われたりもするから、周りに知られずにすればいいと思う。」
「周りに言わなければ良い。言うから色々いわれる」

日本では、数年前まで母子手帳に「1歳を目安に断乳を」という記述があったそうです。
しかし、最近ではその記述は消え、「長期の母乳育児を推進」する動きが出てきたと言われています。
WHOのガイドラインには「母乳は原則2歳以上まで、頻繁に、子どもの要求に応じて与えましょう」
とあり、世界の卒乳時期の平均は、4歳2ヶ月と言われています。

「母乳育児」に関しては、メリットが多くあげられますが、長期授乳にはもちろんデメリットもあります。
なんといっても、ママの寝不足。
卒乳をしていない子は、夜中に何度かおっぱいを求めてきますが、卒乳後は朝までぐっすり眠ってくれるようになるので、ママの寝不足も解消されるとか、ご飯をしっかり食べてくれるようになるなど、卒乳にもメリットはたくさんあります。

その両方を考えながら、娘の「卒乳」の時期を迎えられたらなと思いました。

この記事を書いている中、1番のママ友から「今夜から、断乳します!」というLINEがきました。
とっても甘えん坊で、おっぱい大好きなYちゃんが、とうとうその日を迎えたのかぁと思うと、ジーンとしてしまいました。
どの親子も、その時を迎え、親子としての新しい絆を作りながら成長していくんですね。
Yちゃんの卒業を心の中で応援しています。

ライター 鈴木じゅん子
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP