離乳食中期の蒸しパン!バナナや野菜のアレンジレシピ、冷凍方法

離乳食中期の蒸しパン!バナナや野菜のアレンジレシピ、冷凍方法

Bu facebook
Bu twitter

離乳食が中期まで進んだ赤ちゃんは、そろそろ手づかみ食べもできる時期ですね。そんな赤ちゃんに食べさせたい蒸しパンについてまとめてみました。

蒸しパンはバナナ、にんじん、ほうれん草など、たいていの野菜や果物との相性がいいので、おかずにもおやつにもなりますよ。ホットケーキミックスを使えば簡単に作ることができます。

また、蒸し器を使わなくても、電子レンジで調理することもできます。今回は、離乳食中期向けの蒸しパンのおすすめレシピや冷凍の方法についてご紹介します。

赤ちゃんが喜ぶふわふわな蒸しパンを作って、ぜひ食べさせてあげてくださいね。

蒸しパンはいつから食べる?

離乳食中期以降、食べさせよう

手づかみ食べをする子ども,離乳食,中期,蒸しパン

赤ちゃんがごっくん期を過ぎて、もぐもぐと口を動かしたり、手づかみで食べたがるそぶりをし始めたら、蒸しパンのような手づかみ食べにも挑戦できます。

一般的には離乳食中期と言われる生後7ヶ月~8ヶ月頃になりますので、赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ食べさせましょう。

蒸しパンの一般的な材料は、主に小麦粉・ホットケーキミックス(小麦が含まれます)・米粉なので、小麦アレルギーや米アレルギーのある赤ちゃんの場合は、他の食材に変える必要があります。

蒸しパンに含まれる栄養は?

赤ちゃんの身体を作るでんぷんやたんぱく質が豊富!

遊ぶ赤ちゃんたち,離乳食,中期,蒸しパン

蒸しパンの材料にもよりますが、主な材料である小麦粉についてご紹介します。小麦粉はでんぷん質が豊富です。でんぷん質は人が活動するためのエネルギー源となりますので、赤ちゃんには必ず食べさせたい栄養素ですね。

また小麦粉にはたんぱく質も豊富に含まれています。たんぱく質は赤ちゃんの皮膚や髪の毛・筋肉という身体の組織を作るために使われます。

人が活動するために必要な栄養素を豊富に含んでいるのが小麦粉なのです。

食べ合わせの良い食材はいろいろな野菜や果物

野菜と果物,離乳食,中期,蒸しパン

小麦粉が主な原材料の蒸しパンは、なにも混ぜずに食べさせてももちろん栄養があるものです。でも、そこに野菜や果物を加えてあげることで、野菜や果物に含まれているビタミン類などの栄養素も一緒に摂取することができるようになります。

たいていの野菜や果物は、蒸しパンの風味を損なうことはありませんので、にんじんやほうれん草・バナナやいちごなど、赤ちゃんが食べなれているものを混ぜ込んで、いろいろな蒸しパンを作ってみてくださいね。

蒸しパンを食べさせる際の注意点

蒸しパンの原材料に注意しよう

小麦粉と卵,離乳食,中期,蒸しパン

蒸しパンの原材料は主に小麦粉や米粉です。そのため、小麦アレルギーや米アレルギーのある赤ちゃんには、アレルゲンとなる材料を使用しないように注意しましょう。

また蒸しパンをふっくらとさせるために卵を混ぜることが多いのですが、これももちろん卵アレルギーのある赤ちゃんには使用できません。

ホットケーキミックスを使用する場合は、卵を使わなくてもできる場合が多いです。またお砂糖などの調味料についても、あまりに多くの量を使用することはおすすめできません。

食べさせる赤ちゃんの状況をきちんと確認したうえで、蒸しパンを食べさせてあげてくださいね。

蒸しパンは十分に加熱してから食べさせよう

蒸しパンを蒸す,離乳食,中期,蒸しパン 出典:cookpad.com

赤ちゃんに食べさせる蒸しパンは自宅で手作りするママも多いと思いますが、その際は、必ずきちんと加熱してあるものを食べさせてあげてください。

蒸しパンの原材料になる小麦粉や米粉は、水を加えて加熱をすることで消化しやすい「アルファでんぷん」に変化します。加熱が十分でない状態で食べると、大人でもお腹がゆるくなることがあります。

消化器官が未熟な赤ちゃんにはさらに注意が必要です。生焼けの状態で食べさせることがないように、加熱具合をきちんと確認してくださいね。竹串を差してドロっとしたものがついてこないか確認しましょう。

蒸しパンの選び方

こんな蒸しパンを食べさせよう

野菜蒸しパン,離乳食,中期,蒸しパン 出典:cookpad.com

材料によって、おやつとしても主食としても食べさせることができるのが蒸しパンです。どちらにしても、赤ちゃんに必要な栄養素を意識したものを食べさせてあげたいですね。

いろいろな食材を混ぜ込んで作ることができますので、赤ちゃんが苦手でそのままでは食べないようなものを混ぜてみてもいいかもしれません。

また、大きいスーパーや赤ちゃん用品売り場には、赤ちゃん用の蒸しパンミックスも売っています。甘さ控えめで野菜や果物が入っている生地のものがたくさんありますので、忙しいときにはこちらもおすすめします。

蒸しパンの調理法/冷凍方法

加熱の仕方は?

蒸し器,離乳食,中期,蒸しパン

蒸しパンを作る時には、必ず加熱します。自宅で蒸しパンを作る時には、電子レンジか蒸し器を使うのが一般的で、電子レンジの場合はシリコンスチーマーが便利です。

材料にもよりますが、500Wで5分~6分程度加熱して、1分間蒸らしたら完成します。蒸し器は準備がちょっと手間ですが、昔ながらのふっくらした蒸しパンができます。

蒸し器がない場合は、フライパンでもできますよ!フライパンにお湯を2センチほど入れ、蒸しパンの材料を入れたカップを置いて、ふたをして5分~6分加熱し、しっかり膨らんだらできあがりです。

冷凍できる?

蒸しパンの冷凍,離乳食,中期,蒸しパン 出典:cookpad.com

生地のまま冷凍すると次に使う時が大変ですが、加熱したあとの蒸しパンは冷凍できます。できあがった蒸しパンをしっかり冷まし、1つずつラップでぴっちりと包みます。

ラップで包んだ蒸しパンはさらにジップロックに入れ、密封して冷凍しましょう。食べるときには自然解凍し、表面に霧吹きで水を一噴きしてから電子レンジであたためると、パサつき・硬化が防げます。

調理に便利な調理道具は?

シリコンスチーマーとシリコンカップ,離乳食,中期,蒸しパン

蒸しパンを作る時に便利な調理道具をご紹介します。

【シリコンスチーマー】
四角い形のシリコンスチーマーは普段のお料理にも使うことが多い調理器具ですね。蒸しパンの生地を流し込んで、出来上がったら包丁で切り分けることができます。

【シリコンカップ】
電子レンジでもフライパンでも蒸し器でも使えて便利です。カップ型なので、小さいものなら切り分けずにそのまま食べさせることができます。大きさや形もさまざまもなので、赤ちゃんの状況によって選んであげてくださいね。

離乳食中期におすすめの蒸しパンレシピをご紹介します!

【1】5分でアレルギーっ子のバナナ蒸しパン

米粉で作る簡単蒸しパン

バナナ蒸しパン,離乳食,中期,蒸しパン 出典:cookpad.com

離乳食中期になるとだんだんと固形の食べ物を食べる練習が始まります。食べられる食材も増えますが、中にはアレルギー持ちで食材が制限されてしまう子どももいます。

アレルギーがあってもおいしい離乳食を食べさせてあげたいですよね。こちらのバナナ蒸しパンは小麦、卵、牛乳、大豆のアレルギーがあっても食べられます。

小麦粉の代わりに米粉を使った蒸しパンです。バナナは熟れていたほうが甘味がついておいしいですよ。作り方は、バナナと米粉、ベーキングパウダーを混ぜて水を加えて電子レンジで加熱するだけで完成です。

とっても簡単なので、食べる分だけ作って出来立てのふわふわを食べさせてあげることができますね。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】*離乳食中期*手づかみ野菜蒸しパン♪

ホットケーキミックスで作る蒸しパン

手づかみ野菜蒸しパン,離乳食,中期,蒸しパン 出典:cookpad.com

離乳食中期に入ると、かわいい歯が生えてくる子どもも少しずつ出てくる時期ですね。歯が生え始めたら噛む練習、手づかみで食べる練習を始めましょう。

手づかみ野菜蒸しパンはホットケーキミックスと粉ミルクで作る優しい甘味がおいしい蒸しパンです。そこに柔らかく茹でた野菜を混ぜるので栄養バランスもいいですよ。

ブロッコリーやほうれん草など緑の野菜を嫌がる子はホットケーキミックスに混ぜれば食べられた!ということもあります。焼くときのポイントは手づかみしやすいように長細い棒状にすることです。

作り方は簡単。お湯で溶いた粉ミルク、食べやすい状態に熱して刻んだ野菜とホットケーキミックスを混ぜてフライパンで焼くだけです。テフロン加工のフライパンで外側がカリっとするまでゆっくり焼いていきましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】〜離乳食中期〜きな粉蒸しパン

きな粉と粉ミルクの甘味で食べやすい

きな粉蒸しパン,離乳食,中期,蒸しパン 出典:cookpad.com

粉ミルクが余ってしまいそう、どうやって消費しようと悩んだことはありませんか?粉ミルクは離乳食に使うと便利で消費にもなります。今回ご紹介するきな粉蒸しパンも粉ミルクを使ったレシピです。

作り方はとても簡単なので、子どものおやつ、ランチにもぴったりですよ。小麦粉、きな粉、ベーキングパウダーを粉ミルクでよく混ぜ、お弁当用のシリコンカップ型に入れて蒸すだけであっという間に完成!

しっかり蓋をして5分~6分すると、表面に割れ目ができます。割れ目が完成の合図です。きな粉は甘味があって食べやすく、食物繊維が豊富なので便秘気味の赤ちゃんにもおすすめです。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】人参ヨーグルト蒸しパン 牛乳卵不使用

ヨーグルトでふわふわ蒸しパン

人参ヨーグルト蒸しパン,離乳食,中期,蒸しパン 出典:cookpad.com

最後にご紹介するレシピはレンジでふんわりと仕上げる蒸しパンです。牛乳、卵は使わずヨーグルトを使います。牛乳でお腹を壊しやすい子、苦手な子におすすめの蒸しパンレシピです。

ヨーグルトは水切り等不要で、柔らかくした人参と一緒に混ぜます。ふんわりと仕上げるコツは最後にベーキングパウダーを入れることです。

ここまではかなり緩い状態の生地ですが、レンジで蒸すことでふわふわのおいしい蒸しパンができあがりますよ。600W、1分半ほどで完成します。膨らむ具合などを確認し調節してみてください。

粗熱を取って完成です。人参のきれいなオレンジ色が赤ちゃんに喜ばれるかも!

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

離乳食中期の赤ちゃんなら、自分で食べ物をつかんで食べることにも興味が出てくる頃です。そんな時に、口当たりがよくて栄養もたっぷりな蒸しパンは重宝するメニューですね。

赤ちゃんが好きな食材はもちろん、苦手そうな食材でも、細かくして蒸しパンに混ぜ込んでしまえば、食べてくれることもありますよ。工夫しだいでいろいな味が楽しめる蒸しパン、ぜひ作ってあげてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP