この季節こそママは気をつけたい! 夏に最適な「お洋服素材」5選!

この季節こそママは気をつけたい! 夏に最適な「お洋服素材」5選!

Bu facebook
Bu twitter
リネン(麻)100%
リネンと言えば高級品! インテリア用!というイメージの方も多いと思いますが、今はお手頃なリネン素材のお洋服もたくさん市販されています。 吸湿性が良く、乾きが早いという天然の速乾作用を持つ素材です。 アウトドアでも使われる素材なので、強度が強いのも特徴ですよ。激しく動き回るお子様には最適ですね。 編み目が荒いので、汚れも落ちやすいという利点もあります。 肌触りもサラサラで気持ちよく、体感温度も低いので、夏の万能素材です! シワになりやすい素材ですが、それもおしゃれの一部として楽しめる素材ですね。 シャツやパンツ、ワンピースなどに使用されていることが多いです。

Linen

Linen2
コットン(綿)×レーヨン
レーヨンは聞きなれない方も多いかもしれません。 原料は木材で、木材の中の繊維を抽出して作られます。竹なども使われていますよ。 再生繊維とよばれていて、天然素材が原料なので土に埋めると溶けるんです!お子様にも安心してご利用いただけます。 コットンよりも吸湿性、発汗性が高く、裏地に使われることが多いので、サラサラとした肌触りも特徴です。 ただ、レーヨンはお洗濯で縮みやすい、シワになりやすいという特徴もあるので、コットンと合わせることで お取り扱いしやすくなります。  女の子のワンピースなどに良いと思います。おすすめ素材です!

Cottonrayon
コットン100%
やっぱりコットン100%は外せませんよね。コットン100%のTシャツは何枚持っていても重宝します。 コットンの特徴は、吸湿性が良いことと、通気性が良いことです。 特にお肌のトラブルが起こりやすいお子様には安心してお使いいただけます。 洗うたびに柔らかくなっていくのも魅力のひとつ! くったりした綿100%のTシャツは体感温度も下げてくれます。 ただし、速乾性は他の素材に比べると少し劣るので、こまめにお着替えをさせてあげてくださいね。

Cotton
コットン×リネン
ゴールデンコンビです! コットンの速乾性の弱さをリネンがカバーし、シワになりやすいというリネンの弱さをコットンでカバーします。 リネン生地はナチュラル色に偏りがちですが、コットンが入ることでカラフルな色味が増えますので、おしゃれの幅も広がります。 強度も出ますので、男の子の夏のパンツには特にオススメです。

Cottonlinen1

Cottonlinen2
コットン×ポリエステル
ポリエステル素材には、抵抗のある方も多いかと思いますが、昨今の技術の進化でとても機能的になっています。 スポーツ選手のユニフォームはほとんどポリエステル100%ですし、ユニクロのドライ機能の商品も、コットン×ポリエステルが多いです。 ポリエステルは速乾と強度の強さが特徴です。ただ、やはりキッズのものには肌触りはこだわりたいですよね。 コットンと合わせることで、ぐんと肌触りが良くなるのです。 外で遊びまわる子供たちには最適です。お洗濯後乾きやすいというのも嬉しいですね。 スポーツイメージの強いこの素材ですが、様々なブランドがオシャレなものをたくさん出していますよ!ぜひ、探してみてくださいね。

Pori
いかがでしたか? 素材に少し気をつけてお洋服を選ぶことで、心配ごとと、ママの手間が少し減ります。 今年の夏は、素材にも気をつけてお洋服を選んでみてください。 そして、思いっきり汗をかいて親子で夏を楽しみましょう!
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP