CO・GOってなに?学校歯科健診結果の見方とご家庭でのケア

CO・GOってなに?学校歯科健診結果の見方とご家庭でのケア

Bu facebook
Bu twitter

CO・GOってなに?学校歯科健診結果の見方とご家庭でのケア

LION オーラルケアマイスター

阿部 有美子あべ ゆみこ

CO・GOってなに?学校歯科健診結果の見方とご家庭でのケア

学校歯科健康診断の結果をもらってきていませんか?

学校歯科健康診断(以下、学校歯科健診)は毎学年、6月30日までに実施されます。下のような結果のお知らせは、全員に通知されることになっています。

<学校歯科健診結果のお知らせの例>

(一般社団法人 日本学校歯科医会「学校歯科医の活動指針」 平成27年改定版より)

学校歯科健診では、歯、歯茎、歯垢の付着、顎関節・歯並び・噛み合わせについて、それぞれ下記のような3段階に判定されます。

この結果のお知らせは、歯科医院の受診が必要かどうかだけではなく、注意が必要な状態があれば知ることができるため、「予防」に役立てていけます。

しかし、結果の用紙を見ていると「COやGOってなに?」「どんなことに注意すればいいの?」など疑問に思うことはないでしょうか。今回は、「学校歯科健診結果のお知らせ」の見方を解説します。

学校歯科健診ではどんな判定がされているの?

CO(シーオー・要観察歯)」:定期的な観察が必要

写真 : COの例
<COの例>

明らかなむし歯は確認できませんが、むし歯の初期の状態が疑われる白濁(白く濁った色)や褐色(やや黒みを帯びた茶色)になっている部分が認められ、このままではむし歯に進行すると考えられる歯です。これは、「初期むし歯」とも呼ばれます。適切なケアや生活習慣により、もとの健康な状態に戻る可能性があります。

「初期むし歯」については、こちらを参考にしてください。

C(シー・要治療歯):歯科医師による診断が必要

写真 : Cの例
<Cの例>

むし歯により、歯に穴があいている状態です。詰め物や被せ物のまわりにできるむし歯、詰め物が取れている歯、治療途中の歯も含みます。

CO要相談:歯科医師による診断が必要

「CO」の中でも、「歯と歯の間や詰め物の下の着色の変化」、「COが多数見られる場合」などは、歯科医院での専門的な管理が必要であるため、検査をすすめられます。

要注意乳歯:歯科医師による診断が必要

写真 : 要注意乳歯の例
<要注意乳歯の例/11歳・上の奥歯>

抜くか抜かないかを慎重に検討すべき乳歯です。歯並びに影響することもあるので歯科医院で相談しましょう。右の写真は、「要注意乳歯」の例です。乳歯はまだ抜けそうにないのに、永久歯が脇から生えてきているため、抜くか抜かないかを検討すべき乳歯です。

歯肉(歯茎)

GO(ジーオー・歯周疾患要観察者):定期的な観察が必要

写真 : GOの例
<GOの例>

歯茎に軽度の「歯肉炎」がおきていますが、歯石は付いていない状態です。適切なケアや生活習慣により、健康な歯茎に改善できます。

 

G(ジー・歯周疾患要処置者):歯科医師による診断が必要

写真 : Gの例
<Gの例>

歯茎に「歯肉炎」がおきており、歯石が付いている状態、あるいは「歯周炎」(歯を支える組織まで炎症が進んだ状態)が疑われます。歯科医院で検査や治療を受けましょう。

歯垢

前歯に歯垢が付着していたら、「定期的な観察が必要」と判定されます。

顎関節(顎の関節)

定期的な観察が必要
口を開けると時々、雑音がある人や、口が開けにくいと訴える人など。

歯科医師による診断が必要
顎の関節に痛みがあったり、口が開かない(指の幅の2本分以下)人など。将来、「顎関節症」に進む可能性があります。

歯列(歯並び)・咬合(噛み合せ)

定期的な観察が必要
現在、歯並びや噛み合わせに問題は見られますが、顎の成長により問題がなくなる可能性もあります。

歯科医師による診断が必要
下記は、受診をすすめられる代表的な「歯並び」や「噛み合わせ」の例です。
「下顎前突」「上顎前突」「開咬」「叢生」「正中離開」「過蓋咬合」などがあります。

「定期的な観察が必要」の場合、何に気をつけたらいいの?

「ご家庭でのケアのポイント」をご紹介します。今後、進行させないため、また健康な状態を取り戻すためにもぜひ続けてみてください。

CO(要観察歯)

適切なケアを続けることで、「再石灰化」※の働きにより、健康な状態に戻る可能性があります。※再石灰化…唾液中に含まれるカルシウムやリンが、溶けてしまった歯の内部に取り込まれ、歯を修復する働き

1. 歯垢を除去する

「むし歯になりそうな歯」(CO)がどこにあるか、子ども自身が知っておくことが大切です。そのため、歯科医院での指導を受けるようにしましょう。「CO」の歯は特にていねいに磨き、歯と歯の間はデンタルフロスを使って清掃しましょう。

デンタルフロスは、小学校低学年の子どもには操作が難しいので、保護者が行うことをおすすめします。高学年になって子どもが使う場合、適切に使用できているか見てあげましょう。

2. フッ素配合ハミガキを使う

「フッ素」には再石灰化を促進する働きがあります。「フッ素配合ハミガキ」を使用しましょう。

「フッ素配合ハミガキ」についてはこちらを参考にしてください。

3. 食習慣を見直す

おやつは時間や回数を決めて食べるなど、食習慣も見直してみましょう。

GO(歯周疾患要観察者)

適切な習慣を続けることで元の健康な状態に戻すことができます。

1. 歯茎のチェック

歯茎の状態は、鏡でチェックする習慣をつけましょう。

「歯茎のチェック」についてはこちらを参考にしてください。

2. 歯垢を除去する

歯と歯茎の境目に磨き残しの歯垢が残っていると、歯茎に炎症がおきてしまいます。歯と歯茎の境目を特にていねいに磨き、歯と歯の間はデンタルフロスで清掃しましょう。デンタルフロスは、小学校低学年の子どもには操作が難しいので、保護者が行うことをおすすめします。高学年になって子どもが使う場合、適切に使用できているか見てあげましょう。

3. 生活習慣を見直す

体の抵抗力が低下すると炎症がおきやすくなるため、早寝早起きの習慣やバランスの良い食事なども意識しましょう。

歯垢

歯科医院でブラッシング指導を受けましょう。お子さんが磨けていないところは仕上げ磨きを行い、お子さんがきれいに磨けるよう、歯磨きの仕方や磨き残ししやすいところなどをアドバイスしてあげましょう。

顎関節

両側で均等に噛む習慣をつけましょう。口が開きづらくなったり、痛みがある場合は、歯科医院で相談しましょう。

歯並び・噛み合わせ

歯並びが悪い部分には歯垢が残りやすくなります。歯並びに合わせて、歯ブラシの毛先を当てるように工夫して磨きましょう。

学校歯科健診の「判定」は「診断」ではないの?

結果に「歯科医師による診断が必要」と書いてある場合、「歯科医院でまた検査をするの?」と思われるかもしれません。学校歯科健診は、子どもが学校生活を送る上で支障があるかどうかの「スクリーニング」つまり、ふるいわけなので「確定的な診断」ではありません。歯科医院では、レントゲンなどの精密な検査をすることで「診断」ができます。

「歯科医師による診断が必要」とある場合は、すぐに歯科医院で検査を受け、必要な処置を受けましょう。また「異常なし」、「定期的な観察が必要」であっても、歯科医院に行かなくてよいということではないのです。定期的に歯科医院での歯科健診を受け、ブラッシング指導やフッ素塗布なども受けましょう。

  • <参考資料> 一般社団法人 日本学校歯科医会 「学校歯科医の活動指針」平成27年改定版

教えて マイスター

〜子どもに伝えておきたい「歯とお口のケア」のポイントは?〜

学校歯科健診を機会に、お子さんと一緒に歯磨きを確認してみましょう。
下の歯磨きカレンダーには「歯磨き方法」や「アドバイス」も載っています。
「食べたら磨く」習慣を続けるために、洗面台の横などに貼って、1か月続けてみましょう。

「歯磨きカレンダー&シール」はこちら

歯磨きカレンダーの使用例

・歯磨きの目標を書いてみよう
・自分の目標ができた日に好きなシールを貼ろう

・洗面台の横などに貼ろう

LION おすすめの商品

ダウンロードして使ってみよう!

こちらからダウンロードして、楽しみながら歯磨き習慣を身につけましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP