自ら考える力や心の成長も育む!『タイムイン』の子育てに注目

自ら考える力や心の成長も育む!『タイムイン』の子育てに注目

Bu facebook
Bu twitter
子育て タイムイン

米国でとてもメジャーなしつけ方法に、『タイムアウト』というものがあるのをご存知ですか?

子供が何か悪いことをしたときなどに、事前に子供と約束していたルールに従い、部屋の隅や椅子などで、一定時間じっと反省させるというしつけ方法です。

しかし、近年アメリカでは『タイムアウト』のデメリットが指摘されはじめ、代わりに『タイムイン』の子育てが注目されているそうです。

この『タイムイン』『タイムアウト』とはどういうしつけ方法なのでしょうか。そして注目され始めた『タイムイン』の子育てはどういったメリットがあるのでしょうか?

一緒に考えてみましょう。

『タイムアウト』のしつけとはどんなもの?デメリットとは?

タイムアウトは長年に渡りアメリカで実践されてきたしつけの方法です。子供が悪いことをしたときや言うことを聞かないときに、何が悪かったのかを静かな口調で説明し、その場から引き離して、一定時間(年齢×1分が目安)1人で立たせたり、椅子に座らせたりして反省させる時間を与えるものです。

この時間は1人で考える時間なので、親は声をかけたり、視線を向けたりしないようにします。

かつては小児科医や専門家も推奨していたしつけ方法でしたが、近年、以下のようなデメリットがあることわかりました。

  • 子供が自分自身を悪い子だと感じてしまう
  • 感情を受け止めてもらうことができないので、感情のコントロールが学べない
  • 子供が孤独感や恐怖を感じるだけ
  • 親子の対立を生んでしまう
  • 子供1人に問題を押し付けてしまう
 

結果、子供の気性が激しくなってしまったり、自分を孤独にした親を憎み反抗するようになったり、自分の不運にばかり目がいって問題解決や感情コントロールを学ぶ機会を失ったりするケースが出てきたことで、タイムアウトは“子供を孤独な状態で放置し、屈辱を与える懲罰”だと指摘する専門家が増えてきたそうです。

注目されている『タイムイン』とはどんなしつけ?

では、近年注目されているタイムインのしつけとはどんなものなのでしょうか。

タイムインは、タイムアウトと異なり、悪いことをしたり、約束を破ったりという問題行動を、“子供の悪さ”ではなく“子供からのSOS”として捉えていきます。

そして子供を落ち着かせるために、まずは親が近くで子供に寄り添い、子供の言い分を静かに聞いてあげます。

なかにはめちゃくちゃな言い分もあるかもしれませんが、ここでは否定することなく、すべてを受け止めてあげるのです。

そして、子供が冷静になったら、「じゃあ、これからはどうしたら良いかな?」と親子で話し合うのです。

すぐに行動を改めさせるのではなく、冷静になる時間を子供に与えるという点では、タイムアウトと通じるものがあるような気もしますが、大きく異なるのは、子供を孤独にするのではなく、“親がそばにいて話を聞き、思いを受け止めてあげながら解決していく”ということです。

『タイムイン』のしつけをすることのメリットは?

タイムインのしつけで大切なことは、子供のどんな感情をも否定せず、受け入れてあげること。そして、子供が感情を吐き出している間も、できるだけそばにいて、穏やかに聞いてあげることです。

子供はタイムアウトのように、問題を1人に押し付けられることなく、親がそばで一緒に考え、思いを受け止めてくれることで、安心して自分の言い分を伝えたり、解決策を探ったりすることができます。

同時に、「ママは私を見捨てない」「パパはいつも僕の気持ちに寄り添ってくれている」という親への信頼を持つようになるでしょう。

親子の信頼関係が強くなると、子供は親に反抗する必要がなくなり、素直に親の意見に耳を傾けるようになるのもメリットのひとつです。

また、子供自身が孤独や見捨てられる恐怖、屈辱を感じることがないため、トラウマを植えつけなくて済みますし、親子が一緒に冷静に考えることによって問題行動の根本的な解決につながるのも、タイムインのしつけの良いところです。

親が答えを与えるのではなく、自主的に考えられる子供に育てよう

タイムインの子育てで大切なのは、“親子で話し合って解決する”ということです。

ここで言う“話し合い”は親が一方的に主導権を握って話し合うことではありません。

親が答えを与えて、子供を納得させるために話し合うのではなく、親はあくまで複数の選択肢を提示するのにとどめ、子供自身に考えさせ、選択させなくてはなりません。

「友達と楽しく遊ぶためには、こうしなければね」ではなく、「どうしたら友達と楽しく遊べると思う?」というふうに、子供に問いかけていく方法がタイムインなのです。

タイムインはある意味、タイムアウトよりも時間も手間もかかる方法かもしれません。しかし、子供の心としっかり寄り添えるという点では、タイムインよりも子供の心の成長につながるしつけ方法なのかもしれませんね。

ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

参照/ ユア子育てサイト「「罰」を用いない子育て、「タイムアウト」から「タイムイン」へ」 パピマミコラム「タイムアウトより効く!? 子どもを叱らずしつける「タイムイン」の知識」 mamanoko 「「タイムアウト」はもう古い!?心を通わせるしつけ「タイムイン」とは」 mamanoko「米国で主流だったしつけ法「タイムアウト」が疑問視される5つの理由」

関連コラム

「いい子」は親のエゴ??子供を悩ませるいい子症候群とは?
子供のお昼寝は絶対必要?幼児の効果的な昼寝とは
抱き癖は心配しなくていい?触れ合いを大切にする『アタッチメント育児』
どう答える?「なんで緑なのに青信号って言うの?」という素朴なギモン

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP