電車好きにおすすめの絵本10選!口コミで人気のタイトルは?

電車好きにおすすめの絵本10選!口コミで人気のタイトルは?

Bu facebook
Bu twitter

少し意思が出てくるようになると、子どもも色々なものに興味が出てきますよね。おでかけをしている時や、遊んでいる時に段々子どもの好みが見えるようになります。

筆者の子どもも、電車に乗る機会が多かったり、電車がよく見える踏切が近くにあるためか気付いたらすごく電車に反応するように。今では、立派な子鉄(子どもの鉄道ファン)となりました。

好きなもの、興味のあるものに関するおもちゃやテレビなどたくさんあると思いますが、ぜひ絵本を取り入れてみてください!

読み聞かせすることで、子どもの発達にたくさん良い影響もありますし親子の触れ合いとしても効果的ですよ。

今回は、筆者自身の体験談もふまえ電車が大好きな子どもにおすすめの絵本を10冊紹介いたします!

電車の絵本の特徴

擬音が盛りだくさん

【オリジナル】がたんごとん がたんごとん,電車,絵本,おすすめ

電車関連の絵本には、必ずと言っていいほど「ガタンゴトン」「プシュー」などの擬音が多く含まれます。

赤ちゃんは擬音が大好きなので、小さいうちから楽しむことができますよ。ただ単調に読むのではなく、擬音の部分は声色を変えて読むと子どもは大喜びします。

また、電車を意味する擬音を早く知っていることで「でんしゃ」とは言えなくても、電車を見つけるとその擬音を真似することも出てくるでしょう。

物には名前があるということを理解する手助けにもなりますね!

リアルな電車のイラストや電車の写真に大興奮

【オリジナル】リアルな電車の絵の絵本,電車,絵本,おすすめ

筆者は子どもが子鉄になってから、電車の絵本をたくさん見てきたのですが1歳以上が読む絵本のイラストは驚くほどリアルなものが多いです。

細かい部分まできちんと描かれていたり、ちゃんと実在する電車や新幹線が描かれているものが多く、電車好きの子どもにはたまらないようです。

また、実際の写真がたくさん載っている絵本も多いですよ。持ち運びできるサイズの絵本もたくさん出版されているので、子どもと電車に乗る時や電車を見に行く時、その絵本を見せてあげると認識力もアップするかもしれません。

電車絵本は知育に効果的?!

【オリジナル】1人で絵本を読む幼児,電車,絵本,おすすめ

電車にのめり込む我が子を見ていると、このまま電車オタクになってしまうのではないか・・・と少し不安な気持ちもよぎりますが、将来必ずそうなるとも限らないようです。

しかも、「電車に興味を持つこと」は子どもの成長にとても良いと言われています。電車には知育に効果的な要素がたくさん含まれているのです。

ご存知の通り、電車は様々な種類があり、形・色も違います。また、数字にも関わりが深いです。

電車が好きな子どもは、それぞれの電車の特徴を判別し、家ではおもちゃや絵本などでその記憶を反芻(はんすう)します。

そのため、「認識力」がとても伸びるそうです。物には名前があること、数や形・色の違いがあることを理解することは人間の基礎能力で大切な力です。

単純な内容の絵本でも、ただ読むだけでなく色・形・数字の要素を含ませて読んであげたり、実在の電車が出てくる絵本を選ぶと、名前の認識や現実とのリンクもしやすいですよ。

確かに、筆者の子どもも1歳半前には多くの「ものと名前」「色・形」の認識ができるようになっていました。

それは、電車だけでなく動物や果物など「◯◯はどれ?」と聞くと正しいものを指差して教えてくれる数が急激に増えるようになり、言葉も頻繁に出てくるようになりました。

なので、電車好きが激しくても心配することはなさそうですよ。逆に、絵本を使って内に秘めた力を伸ばすお手伝いをしてあげると良いかもしれません。

【1】でんしゃ(バートンの のりものえほん)|バイロン・バートン

あらすじ

でんしゃ (バートンの のりものえほん),電車,絵本,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

1歳前から楽しめる電車の絵本は、アメリカ人の作者、バイロン・バートンによるのりものえほんの1つ、「でんしゃ」です。

ストーリーは至って単純で、写真にある電車が線路を走り、山を越え、途中では様々な種類の電車や線路で働く人とすれ違います。そして街を通り、駅に到着します。

夜の線路を走る電車の様子や、乗客の様子も描かれているので、読んでいる方も電車に乗っているような疑似体験ができる内容です。

この絵本のおすすめポイント

原色を使ったカラフルなイラストで、赤ちゃんの目にもはっきりと写ります。太い線で描かれ丸みを帯びた形の絵柄が馴染みやすいようです。

文章も簡単で単純なものですが、それが子どもの想像力をかき立てるようでおすすめです。電車絵本の入門として取り入れやすいですよ。

元々は洋書なので、英語版を購入して英語学習の入り口として利用しても良いですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 821
*メーカー:金の星社
*著作者:バイロン バートン

口コミ

・単純な絵と少ない言葉で電車を描いているのが、子どもに分かりやすいようで、想像力を高めて楽しさを与えているのかもしれません。1歳ぐらいの電車が大好きな子どもにおすすめです。

・電車好きの子どもの英語の勉強になります。短い英語で語られてるので分かりやすく、子どもも発音を真似するようになりました。文章もとても簡潔でリズムが良いのでおすすめです!

【2】れんけつガッチャン|こぐれ けいすけ

あらすじ

れんけつガッチャン (絵本単品),電車,絵本,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

「おさるのでんしゃと、ダチョウのとっきゅうがれんけつガッチャン。次は、チーターのしんかんせんとれんけつガッチャン。どんどんれんけつしていって、さいごはどこへいくのかな?」

という、わくわくする始まりのこちらの絵本。たくさんの動物たちと様々な種類の電車が出てきて、どんどん連結していきます。

切り絵のようなイラストがかわいく、動物たちの表情が少し面白いので子どもにとってもお話に入り込みやすいですよ。

何回も出てくる「れんけつ ガッチャン」というフレーズは子どもがいかにも喜びそうで、読み聞かせていくうちに一緒に真似してくれるかもしれません。

この絵本のおすすめポイント

この絵本の中には、様々な種類の擬音が沢山散りばめられています。ですので、年齢の低い子どもにもとってもウケがいいですよ。

繰り返しの文章なので、リズム感も良く子どもの心も掴みやすいです。

単純なストーリーですが、場面場面でイラストの面白い変化があったりと読み方のアレンジがしやすい絵本になっています。電車だけでなく、動物も出てくるので認識力もより高まるでしょう。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,080
*メーカー:学研教育出版
*著作者:こぐれ けいすけ
*ページ数:40

口コミ

・この本のおかげで手をつないでくれるようになりました。読み聞かせの時、「れんけつ、ガッチャン」のところで手をつなぐと楽しそうで何度もやってとせがまれます。

その延長で外を歩く時に「れんけつガッチャンするよー」と言うと手を繋いでくれるようになりました!

・乗り物が好きな子どもがハマりました。「オーライ、オーライ、れんけつー、ガッチャーン」というセリフがたくさん出てくるのですが、息子も一緒に「ガッチャーン」と言って喜んでいます。

【3】カンカンカンでんしゃがくるよ|津田 光郎

あらすじ

カンカンカンでんしゃがくるよ (のりものだいすき),電車,絵本,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

どんぐり村の踏切は、朝から夜まで大忙し!カンカンカンと音がすると、踏切が閉まる合図です。踏切の前で待っていると、いろんな電車が通ります。 普通電車、特急電車、貨物電車。

踏切を沢山の電車が通り過ぎると、やがて夜になり…

「カンカンカン でんしゃがくるよ」というリズミカルなフレーズで読みやすい絵本です。

この絵本のおすすめポイント

踏切の前で電車が通り過ぎる様子を見るのが大好きな子どもにおすすめの絵本です。

これまで紹介した絵本とは異なり、柔らかいタッチで描かれており、リズム感のある「カンカンカンでんしゃがくるよ」というフレーズは耳に残りやすいですよ。

貨物電車が通り過ぎる場面では、たくさんの貨物の数を数えるので数字にも触れることができます。その他にも踏切を待つ色々な車も出てくるので、たくさんの情報が詰まっています。

最後は夜のシーンで終わるので、夜の寝かしつけ用の絵本としても良いかもしれません。電車を見に行った日に、「こんな電車が通ったね~」などその日の事を話ながら読むと記憶の反芻(はんすう)にも繋がります。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 842
*メーカー:新日本出版社
*著作者:津田 光郎
*ページ数:23

口コミ

・「かんかんかん でんしゃがくるよ」という、心地よいリズムが絵本全体に流れています。リズミカルで繰り返しの多い、美しい日本語で書かれているので読み聞かせに最適です。

・貨物列車が通り過ぎる時に、「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ」と数える場面が出てきます。「カンカンカン」というリズミカルな言葉の楽しさ、電車の絵をじっくり見る楽しさ、数の数え方など、たくさんのことを教えてくれる絵本です。

【4】 わくわくでんしゃしゅっぱつ|くにすえ たくし

あらすじ

わくわくでんしゃしゅっぱつ (視覚デザインののりものえほん),電車,絵本,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

けんたとお母さんは、電車に乗って山の駅に住んでいるおじさんのところへ行くことになりました。

街の中の踏切を通り過ぎ、空港の近くを通り、ターミナル駅へ着くとでんしゃを乗り換え海の駅へ。そこからはディーゼル機関車が押す電車で山の駅へ向かいます….

電車に乗っていると見えてくる様々な景色がとても面白く、細かなところまで描かれているので何回読んでも飽きない絵本です。

この絵本のおすすめポイント

とにかく細かく沢山の描写が描かれていることが特徴です。実在する電車や新幹線もたくさん出てくるので、子鉄デビューしている子どもにとっては興奮間違いなしの内容ですよ。

特に、見開きで描かれるターミナル駅の場面は大人でもワッ!と思えるほどダイナミックに、そして緻密に描かれているので電車好きな子どもはそのページをずっと見ているかもしれません。

対象年齢も幅広く、小さいうちは読み聞かせ、少し大きくなったら自分で読むだけでなく、宝探しのような遊び方もできます。

たくさんの情報が散りばめられている絵本なので、知育としても活用できますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,296
*著作者:視覚デザイン研究所
*ページ数:25

口コミ

・電車で山のおじさんの家まで向かうのですが、その道中に見かけるありとあらゆる光景が子どもの想像力をかき立ててくれます。読むたびに、別の発見があり何度も楽しめます!

・お話を楽しむのはもちろん、1ページごとに細部まで目をこらしてしまうおもしろい要素が散りばめられています!「ここにあったよ!」「◯◯はどこ?」と、開く度に楽しい発見があるので、大人にも子どもにとっても1冊で何度もおいしい絵本です。

【5】しんかんせんでビューン|くにすえ たくし

あらすじ

しんかんせん で ビューン (視覚デザインののりものえほん),電車,絵本,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

秋田にいるおじいちゃんとおばあちゃんのお家に遊びにきていたけんたは、1人で新幹線に乗ってお母さんのいる熊本に帰ります。

初めて1人で乗るので、ドキドキしているけんた。途中で新幹線の乗り換えにもチャレンジします。切符の入ったポーチをなくしてしまうトラブルもありますが…

絵本の中のお話とはいえ、なかなかハードルの高い新幹線1人旅をするけんたくんに親目線で読んでしまう内容です。

子どもにとってもドキドキワクワクしたり、色々な想像が膨らむお話になっています。

この絵本のおすすめポイント

「わくわく電車しゅっぱつ」と同じシリーズです。こちらは新幹線に特化した内容なので、新幹線好きな子どもにとてもおすすめです。

毎回このシリーズの見開きページには驚かされるのですが、こちらでは東京駅に勢揃いする新幹線達が描かれています。

新幹線フリークの子どもにとっては大興奮の場面なので、ぜひ読んであげてほしいです。

また、けんたくんが1人で新幹線を乗り降りして、祖父母の家から自宅まで帰るというストーリーなので、子どもの自立心の目覚めにもなるかもしれませんね。

実際に新幹線に子ども1人で乗せるのは勇気がいりますが、「かわいい子には旅をさせよ」と背中を押してあげることが必要な時も来るのでしょうか。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,296
*著作者:視覚デザイン研究所
*ページ数:27

口コミ

・新幹線に次々と乗り継いでいく冒険的なお話、かわいらしくもリアルな新幹線の絵、そして細やかに描かれる風景に子どもは釘付けです。新幹線好きの子どもには買って損はないです。

・物語は面白く、絵も細かなところまで描かれていて楽しいです。子どもは、絵本の中の至る所に隠されている、絵を探すのにも大興奮しています。

【6】 しんかんせんの1にち|溝口 イタル

あらすじ

しんかんせんの1にち (でんしゃのひみつ),電車,絵本,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

鉄道の時刻表を発行している交通新聞社が手がける「でんしゃのひみつシリーズ」の1つです。みんなが大好きな新幹線の1日を覗いてみようというお話です。

運転士さんの様子や、ホームで新幹線を待つ乗客や働く人々の様子、そして車内での風景など時計の時刻とともに、新幹線の1日を様々な視点で追いかけます。

物語というよりは、図鑑のような感覚で読むと楽しいかもしれません。少し大きい年齢の電車好きの子どもにおすすめです。

この絵本のおすすめポイント

新幹線が分単位で動いているので、この絵本でも細かい分単位でお話が進んでいきます。時計盤の表示と文章によっても時刻について書かれているので、時計の読み方の勉強にもなります。

この「しんかんせんの1にち」以外にも「しあわせのドクターイエロー」「ちょうでんどうリニア」など、子鉄の胸をキュンキュンさせること間違いない内容だらけの「でんしゃのひみつシリーズ」。

大人でも「へぇ~」と頷いてしまうような、細かな電車のひみつがたくさん描かれているので親子で一緒に学ぶことができる絵本です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,404
*メーカー:交通新聞社
*ページ数:31

口コミ

・新幹線が大好きな子どもにおすすめです。現場で実際に働いている人間が「忠実に描かれている」というほどリアルな新幹線の裏側を知ることができます。

・大人も勉強になる内容の絵本です。子どもはページごとに描かれている時計の表示によく反応していました。

【7】機関車トーマス|ウィルバート・オードリー

あらすじ

機関車トーマス (ミニ新装版 汽車のえほん),電車,絵本,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

言わずと知れた「機関車トーマス」の絵本です。シリーズ化しているのでたくさんの種類が出ていますが、今回はトーマスのお話です。

イタズラ好きであわてんぼうな、ちびっこ機関車のトーマスは、しょっちゅうトラブルを起こすので周りをヒヤヒヤさせています。

この絵本には、そんなトーマスが活躍する4つのお話が収録されています。文章が多く1つのお話も長いので、少し大きくなった子どもへの読み聞かせにおすすめです。

この絵本のおすすめポイント

70周年を迎えた機関車トーマスシリーズの原作絵本です。アニメシリーズが好きな子どもへ、読書の入り口としても良いかもしれません。

しっかりとボリュームのある文章で読み応えがありますし、教訓的な内容なので読み聞かせながら子どもと「こんな時どうしたら良いかな?」など話し合うきっかけにもなります。

トーマス以外にも、ゴードンやジェームスなどたくさんの機関車たちが出てきますし、飽きずに何度でも楽しめますよ!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 864
*メーカー:ポプラ社
*著作者:ウィルバート・オードリー
*ページ数:63

口コミ

・トーマス大好きな子どもが絵本を開いて自分で読んでいました。挿絵がすごく気に入った様子で、絵を見ながら自分でお話を作っていました。

・ちょっとレトロなタッチとあたたかい色合いで、表情豊かに描かれているので子どもの想像力が膨らんだように思います。

・昔ながらの古典的な絵本なので、小さな子どもの情操教育にぴったりです。

【8】しんかんせんでておいで!

あらすじ

しんかんせんでておいで! (めくってごらんシリーズ),電車,絵本,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

手のひらサイズの見開き絵本です。特にストーリーがあるわけではありませんが、最初にしんかんせんごとの特徴が書かれていて、開くとその新幹線が現れるという仕組みです。

新幹線版の「いないいないばあ絵本」のようなイメージです。車や新幹線が好きな赤ちゃんから幼児まで、楽しめる内容になっています。

この絵本のおすすめポイント

「真っ赤な新幹線でておいで」「はーい!」という、やりとりができる絵本です。「はーい!」という部分は小さな子どもでも真似しやすいのでお返事の練習にもなりますよ。

また、それぞれの特徴についての説明は、色やかたちに基づいたものが多いので自然と色・かたちに触れるきっかけにもなります。

手のひらサイズなので、道中飽きてきた時のためにこの絵本をおでかけのお供にしてみてはいいですか?

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 594
*メーカー:交通新聞社

口コミ

・手のひらにすっぽり収まるほどのコンパクトサイズなので、電車好きの子どもとのおでかけアイテムにぴったりです。

・一部分が載っているページの次をめくると、正解がわかるというつくりなので、子どもが次々めくって「スーパーこまち!」「500系!」などと興奮しながら楽しんでいます。

【9】 くらべてなるほど!でんしゃ|浅沼 とおる

あらすじ

くらべてなるほど!でんしゃ,電車,絵本,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

街の中を走る電車を様々な視点でくらべっこしよう!という絵本です。山手線や中央線、地下鉄や路面電車など、いろいろな電車を豊富なデータに基づいて比較しています。

見開きいっぱいに広がる、迫力満点の写真に子どもは大興奮すると思います!くらべっこするものは、かわいいイラストで描かれていてイメージが膨らみますよ。

この絵本のおすすめポイント

実際に走っている電車を、長さや深さなどで比べるので「大きい・小さい」「長い・短い」「深い・浅い」などの対の言葉や数字に触れることができます。

このシリーズは、電車以外にも新幹線や飛行機、働く車などが出版されています。子どもの興味のある乗り物で「反対ことば」を学んでみてはいかがでしょうか?

丈夫なボードブックタイプなので、小さな子どもが1人で読むのも安心です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,080
*メーカー:交通新聞社
*著作者:かいち とおる

口コミ

・電車に関する知識をわかりやすくイラストと文章で説明してくれている絵本です。

・大人が読んでもなるほど!と思えるものばかりで親子で楽しむことができます。

・ページも厚く丈夫ので、子どもがビリビリに破る心配もありません。

【10】100までかぞえる でんしゃの1・2・3

この絵本のおすすめポイント

100までかぞえる でんしゃの1・2・3 (“交通新聞社のあいうえお絵本”シリーズ),電車,絵本,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

1から100までの数字が、電車にまつわるモチーフで描かれています。片方のページに数字が大きく書かれていて、その反対に電車などの数字でその数のイメージが載っています。

電車好きの子どもが、数字に慣れ親しむきっかけの絵本になると思います。100まで乗っていますが、100のページはすごいことになっていますよ。

かっこいい電車の写真もたくさん載っているので、見ているだけで楽しいようです。これ以外にも「あいうえお」のシリーズも出ているので、数字をマスターしたら次はひらがなに、という流れもよさそうですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,296
*メーカー:交通新聞社
*ページ数:96

口コミ

・電車の写真もきれいで、数字も大きく書かれているのでとても見やすくわかりやすいです。

・カバーの裏に数字表がついていて、役に立ちました。

まとめ

今回は、電車に関する絵本を10冊紹介しました。特に、知育として読めるものを集めてみたので、子どもの発達状況に合わせ選んでみてくださいね。

イラストで描かれているものから、実際の写真がたくさん載っているものまで電車の絵本はたくさんあります!まずは、図書館で借りてみたりして好きな1冊を一緒に探してみると良いですよ。

子鉄ママの筆者は、交通新聞社さんが発刊している絵本シリーズが面白いのでおすすめですよ!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP