離乳食の味付け|いつから使える?野菜スープやだしのレシピも!

離乳食の味付け|いつから使える?野菜スープやだしのレシピも!

Bu facebook
Bu twitter

離乳食の味付けはいつからできるのでしょうか?そもそも離乳食は味付けしないものなのでしょうか?毎日同じ味では、赤ちゃんも飽きてしまうような気がします。

「味つけのバリエーションが少ない」そんな離乳食のマンネリ化で悩んでいるお母さんも多いはず。そんな悩みを解決するために、離乳期初期、中期、後期、完了期の味付けについての解説や今日から使える野菜スープやだしなどのお役立ちレシピをご紹介します。

離乳食の味付けはいつから?

離乳食は味付けしない?

舌を出す赤ちゃん,離乳食,味付け,

人間の舌には「味蕾(みらい)」という味を感じる器官がたくさんあります。実はこの味蕾、大人に比べて赤ちゃんの方がたくさん持っているのです。つまり、赤ちゃんの方が大人よりも味に敏感なのです。そのため、大人には薄味で味がしないものでも、赤ちゃんはしっかりと味を感じています。

ですが、離乳食は基本的には大人のように味付けしません。そうとわかっていても、同じ食材で同じ味だと赤ちゃんが飽きてしまうのでは?と心配してしまいますよね。

そのような時には、素材をいかした野菜スープやだしなどをうまく使って味に変化を出すことができますよ。早速ご紹介していきます。

離乳食初期(5〜6ヶ月頃)の味付け

離乳食初期のメニュー,離乳食,味付け,

離乳食初期は味付けが必要ありません。はじめて食べものを口にする赤ちゃんは、味覚がとても敏感になっています。また内蔵も未発達なので、味つけ自体が胃や腸、また腎臓に負担をかけてしまいます。なのでこの時期は素材そのものの味に慣れさせてあげることが大切です。

また、アレルギーを見分けるためにも、はじめての離乳食では特別な味付けは必要ありません。

離乳食中期(7〜8ヶ月頃)の味付け

離乳食中期のメニュー,離乳食,味付け,

離乳食中期も味つけは必要ありません。素材のバリエーションを増やして、いろいろな味の食材を食べさせてあげることが大切です。

ただし、おかゆや離乳食初期に食べ慣れている食材に関しては、多少の味つけができます。だしや野菜スープは素材そのものの味を活かした味つけができ、味覚も育てることができます。

レトルトなど市販のものは塩分や添加物が含まれています。できることなら家庭で手づくりした自然だしをおすすめします。

離乳食後期(9〜11ヶ月頃)の味付け

離乳食後期のメニュー,離乳食,味付け,

離乳食にもだいぶ慣れ、手づかみなども始まるのが離乳食後期です。しかし食べムラや好き嫌いが始まることもあります。

この時期になると風味づけ程度の味つけができるようになります。ただし、どの調味料もごく少量にとどめ、大人が味見をして物足りないくらいの味つけにしましょう。

また、塩分と糖分は摂りすぎてはいけません。素材そのものにも塩分が含まれているので、必ず味見をしてから味つけをするようにしてください。

【使える調味料】
・塩 0.3gまで使えます。しかし食材自体にも塩分が含まれているので、あえて塩を使う必要はありません。
・砂糖 一回の離乳食に3gまで(砂糖小さじ1=およそ4g)使えます。
・しょうゆ 小さじ1/3まで使えます。 ※大豆、小麦アレルギーの場合は注意が必要です。
・味噌 無添加の低塩タイプを風味づけにごく少量であれば使用できます。または、大人の味噌汁の上澄みをすくって、お湯で薄めて与えることもできます。 
※大豆、米、麦アレルギーの場合は注意が必要です。

離乳食完了期(12ヶ月〜18ヶ月頃)の味付け

1歳からのケチャップソース,離乳食,味付け, 出典:www.otafuku.co.jp

この時期になると、献立によっては大人と同じものが食べられます。しかし、濃い味つけは、赤ちゃんの内蔵に負担がかかります。必ず大人が味見をして、薄味にしましょう。

また、「しょっぱい」「甘い」「油っこい」ものに気を付けましょう。外食で大人の食事の取り分けをする際は、お湯で薄めたり、油を取り除いたりして工夫して与えましょう。

【使える調味料】
1歳までに使用できる調味料に加えて、ソースやトマトケチャップ、マヨネーズ、カレー粉、はちみつなども風味づけのために、ごく少量から使用できます。

1歳を過ぎると市販の赤ちゃん用のソースやケチャップやマヨネーズなども使うことができます。7大アレルギー原料を使わずに作られていますのでアレルギーの心配もありませんし、味も濃くないので安心ですね。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

離乳食のバリエーションが増える!味付けおすすめレシピをご紹介します!

【1】野菜スープ

スープだけでも、使った野菜を一緒に食べてもよし!

離乳食❤初期~完了期*野菜スープ*,離乳食,味付け, 出典:cookpad.com

色々な野菜でとる野菜スープは栄養満点で赤ちゃんの離乳食にはぴったりです!漉したスープと野菜を別々に冷凍保存し、スープを味付けに使用し、野菜はその時期にあった形状や柔らかさにして食べることができます。

また、使った野菜を一緒にブレンダ―などでポタージュ状にすればスープとしてそのまま食べられます。

使う野菜を変えれば味にも変化をつけることができるので、味のマンネリ化も防ぐことができますね。

「離乳食❤初期~完了期*野菜スープ*」のレシピ

【材料】
・水 適量
・にんじん 適量
・きゃべつ 適量
・玉ねぎ 適量
※野菜は、他にも大根やかぶ、白菜などもおすすめです。冷蔵庫に余っている他の野菜でもOKです。

【作り方】
1、野菜の皮を剥いて、適当な大きさに切ります。
2、鍋に切った野菜と、かぶるくらいの水(材料を平らに入れて、材料全体がぎりぎり水に浸かるくらい)を入れて茹でます。
3、野菜が柔らかくなったら、ザルやキッチンペーパーで漉して完成です。

※煮た野菜は、そのまま離乳食に使えます。冷ましたら製氷皿などに入れて冷凍保存できます。

この記事に関連するリンクはこちら

市販のベビーフードの野菜スープ

和光堂 たっぷり手作り応援野菜スープ徳用 46g,離乳食,味付け, 出典:www.amazon.co.jp

「和光堂 たっぷり手作り応援野菜スープ」は国産の野菜を使用してやさしい味に仕上げたスープで、約5ヶ月頃から使うことができます。

顆粒タイプなので使い勝手もよく、忙しくて野菜スープを作る時間がない時などに便利です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥340
*メーカー:和光堂

商品の特徴
*商品サイズ (幅×奥行×高さ) :120x35x150
*原産国:日本
*内容量:46g
*カロリー:9kcal

【2】だし

うどん、おかゆ、野菜の味付けに

かつお・昆布だしの取り方☆離乳食☆,離乳食,味付け, 出典:cookpad.com

昆布やかつお節を使った出汁は、やさしい味で旨味もたくさんなので赤ちゃんの離乳食におすすめです。うどん、おかゆ、野菜などの離乳食に少し入れれば簡単に味付けすることができます。

大人のお味噌汁や料理を作る際にとった出汁を取り分けて使うことができるので、離乳食のために毎回調理する必要もありません。

「かつお・昆布だしの取り方☆離乳食☆」のレシピ

【材料】
・水 1カップ
・昆布 5センチ角1枚(5g)
・かつおぶし 1/6カップ(3〜5g)

【作り方】
1、昆布は濡れふきんなどで軽く表面を拭きます。
2、小鍋に水と昆布を入れ、30分〜1時間程度おいておきます。
3、そのまま火にかけて、沸騰する直前で昆布を取り出します。
4、昆布を取り出した後、かつおぶしを入れて1〜2分煮たら火を止めます。
5、かつおぶしが下に沈むまでしばらく待ちます。
6、かつおぶしが下に沈んだら、ザルやキッチンペーパーで漉して出来上がりです。

※冷ましたら製氷皿などに入れて冷凍保存できます。出汁を取った後の昆布とかつおぶしは、ごま油で炒めたり佃煮にしたり、醤油・酒・みりんで味つけしてふりかけにすると、大人用のご飯のお供になります。

この記事に関連するリンクはこちら

市販のベビーフードの和風だし

ピジョン ベビーフード かんたん粉末 和風だし お徳用 50g,離乳食,味付け, 出典:www.amazon.co.jp

「ピジョン ベビーフード 簡単粉末 和風だし」は着色料、保存料、香料、化学調味料を一切使用していない、5ヶ月頃から使うことができる和風だしです。

和風の味付けをしたいときや、和風のスープを作りたい時に便利です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 396
*メーカー:ピジョン

商品の特徴
*ピジョン ベビーフード 簡単粉末 和風だし お徳用 50g

【3】ホワイトソース

まとめて作って冷凍保存!かけるだけで簡単アレンジ!

レンジでカンタン☆離乳食でホワイトソース,離乳食,味付け, 出典:cookpad.com

手づくりのホワイトソースは離乳食中期から使用できます。

ホワイトソースといえば使うのは牛乳ですが、離乳食の場合は粉ミルクや豆乳で代用することもできます。また、バターを使わずに作ればヘルシーに、野菜スープを使用すれば栄養満点になります。

電子レンジで時短調理もでき、まとめて作って冷凍保存もできます。忙しい日や、献立に迷った時も、赤ちゃんの大好きな味がすぐ作れて便利です。ごはんや野菜にかけたり、パングラタンにしたり、アレンジが効くところもポイントです。

「レンジで簡単☆離乳食でホワイトソース」のレシピ

【材料】
・粉ミルクを溶かしたもの(月齢によって豆乳や牛乳でも可) 1/2カップ
・小麦粉 大さじ1
・バター 10g

※バターの使用は、離乳食中期以降に少量からにしてください。牛乳も離乳食中期以降から使えますが、必ず十分に加熱してください。(そのまま与えるのは1歳以降です。)

【作り方】
1、バターと小麦粉をレンジで30秒チンしたらよく混ぜます。(バターが溶けていなかったら10秒ずつ再加熱してください。)
2、1にミルクを少しずつ注ぎ、ダマにならないようによく混ぜます。
3、レンジで1分チンしたら、泡立て器でよく混ぜます。
4、再度30秒チンします。
5、10秒〜30秒ずつ「チンして混ぜる」を繰り返して、トロっとなめらかになったら出来上がりです。

※冷凍保存も可能です。ご飯に乗せてドリア風にしたり、野菜と混ぜてクリーム煮やシチュー風にしたり、アレンジ豊富でとても重宝します。

この記事に関連するリンクはこちら

市販のベビーフードのホワイトソース

手作り応援 ホワイトソース 8包 5ヶ月頃から,離乳食,味付け, 出典:www.amazon.co.jp

和光堂の「手作り応援 ホワイトソース」はお湯に溶かすだけで簡単にホワイトソースができるベビーフードです。

5ヶ月頃から使うことができ、野菜などに混ぜて使ったり、パン粥にまぜたり、多めのお湯で溶かせばシチューのようなスープを作ることができます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥213
*メーカー:和光堂

商品の特徴
*便利な個包装タイプ。
*5ヶ月頃から幼児期まで。

【4】野菜ペースト

栄養補助と味付けができる

離乳食初期▷トマトのペースト!,離乳食,味付け, 出典:cookpad.com

こちらは野菜ペースト。ペーストは、出来上がった離乳食に少し加えて味に変化を持たせたり、ベビーフードに加えたり、栄養補助の役割にもなります。素材そのものを煮詰めるだけで簡単に手づくりできるのも特徴です。

野菜のペーストだけでなく、甘みを出すための果物ペーストや、風味づけに使える海苔のペーストもおすすめです。おかゆやうどんなどのシンプルなメニューにも合うので、冷凍保存しておくと、いつでも使えてとても重宝します。

「離乳食初期▷トマトのペースト!」のレシピ

【材料】
・トマト 中2個

【作り方】
1、トマトを洗い、へたとは反対側に十字の切れ目を入れます。
2、お湯を沸かし、トマトを茹でます。
3、茹でている間に、ボールに冷水を用意します。
4、皮が剥がれてきたら火を止めます。
5、トマトをおたまですくい、冷水の中に入れます。
6、皮をキレイにはがしたら、切って、へたとたねを取り除きます。
7、残ったトマトを裏ごししたら出来上がりです。

※製氷皿などに入れて冷凍保存ができます。そのまま与えても、スープやソースとしても使うことができます。

この記事に関連するリンクはこちら

市販のベビーフードの野菜ペースト

キューピーベビーフード 緑のお野菜とさつまいも(うらごし)70g,離乳食,味付け, 出典:www.amazon.co.jp

キューピーのベビーフード「緑のお野菜とさつまいも」はグリンピース、ほうれん草、さつまいもに、コーンを裏ごしした野菜ペースト。

おかゆやパン粥に混ぜるだけではなく、だしとお魚と一緒に煮てスープにしたり、子どもが大好きなおやきやパンケーキなどに混ぜることもできます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥159
*メーカー:キューピー

まとめ

味付けのバリエーションを豊かにすることができる、身近な食材を使ったレシピをご紹介しました。特別な調味料いらずで、簡単に素材の味を活かせるものばかりです。

料理が苦手なお母さんも、もうマンネリなんて言わせません。ぜひひとつでも覚えて、毎日の離乳食づくりに役立ててください。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP