待ち時間や帰省時にも大活躍のゲーム!「100の遊び」で遊ぼう

待ち時間や帰省時にも大活躍のゲーム!「100の遊び」で遊ぼう

Bu facebook
Bu twitter

子連れでおでかけの際の待ち時間、どうしてますか?長期休暇の帰省やテーマパークの行列、日常生活での病院や美容室…避けて通れないのが「待ち時間」です。

特に帰省は、車に新幹線に飛行機、長~い待ち時間…。ちょっぴり憂鬱だったりするパパママも少なくないのでは?

仕方がなく、暇つぶしに子供にテレビやスマホを見せ、時間を稼いだりすることもありますよね。そんなお悩みが解決できそうな素敵なアイテムを発見しました!

それは、本屋さんに平積みで並んでいた『おでかけ中に楽しめる100のあそび』という本です。コスパのいい商品のような気がして買ってみたところ、なんと家族全員でハマってしまいました。

小さい箱の中に100通りものあそびが入っている素敵な商品です。楽しくて知育要素もある、暇つぶしにもってこいの『おでかけ中に楽しめる100のあそび』を詳しくご紹介します。

『おでかけ中に楽しめる100のあそび』とは

100通りのあそびが小さい箱の中に!

100のプレート,待ち時間,ゲーム,

グリーン色のかわいいボックスにカードが入っている『おでかけ中に楽しめる100の遊び』は、ハンディサイズでまるでカードゲームのようです。

2016年5月16日に発売された商品で、出版社はひさかたチャイルド。教育玩具の部類のようで、筆者が訪れた書店では絵本コーナーではなく、かくし絵の本コーナーにありました。

平積みされていたため目に留まり、「面白そう」と思いジャケ買いしてみました。

3つの魅力

【1】100種類のゲームが入ってる!

50枚のカード×表と裏の2ゲームで100ゲーム

「おでかけ中に楽しめる100のあそび」カード一例(オリジナル),待ち時間,ゲーム,

気になる中身は、50枚のカードとマーカーが入っています。カードはトランプのような長方形をしています。1枚1枚に違うゲームが描かれており、裏と表があるので50×2=100のゲームが楽しめる、という仕組みです。

ゲームの内容は、迷路遊び、お絵かき、同じもの探し、点つなぎ、あみだくじなどなど。いわゆる、知恵ゲームと呼ばれるゲームが中心となっています。

これだけのゲームが楽しめるのに、15.5センチ×11.5センチ×厚さ2.5センチほどのコンパクトな箱に収まってしまいます。省スペースなので、旅行カバンにもポンと入れて気軽に持ち運ぶことができます。

【2】繰り返し遊べて学べる!

何度でも書いて消せるのがメリット!

「おでかけ中に楽しめる100のあそび」カード一例(オリジナル),待ち時間,ゲーム,

付属のマーカーはホワイトボード用のマーカーのような感じで、つるつるしたカードに直接書きこめます。ウェットティッシュで拭けば力を入れなくてもさっと消えるので、大胆に書いてしまってもOKです。

何度でも繰り返し遊べるのがいいですよね。長期旅行で大活躍しそうです。迷路や知恵ゲームは、繰り返し遊ぶことで習得でき、子どもの理解度アップや自信につながります。

ドリルとして解くのではなくゲームとして取り組むことで、子どもも楽しみながら熱中することができます。

【3】長く遊べる!長く使える!

対象年齢は3歳から

「おでかけ中に楽しめる100のあそび」カード一例(オリジナル),待ち時間,ゲーム,

対象年齢は3歳で、幼稚園の年少さんくらいからはじめられます。最初は難しいようでしたら、親子で一緒に取り組むのがおすすめです。

例えば、写真の8匹の中から同じ模様のあおむしを選ぶゲームはトライしやすそうです。難易度はゲームによって違い、迷路やひらがな問題は、小学生のクイズとしても使えそうだったので、対象年齢は幅広いような気がします。

100のゲームが入っているので、いろんな年齢の子どもがいるシチュエーションでもみんなでわいわい楽しむことができそうです。

こうやって遊んでみるのも!

1枚選んでもらって遊ぶ

「おでかけ中に楽しめる100のあそび」カード一例(オリジナル),待ち時間,ゲーム,

例えば、複数枚のカードを手にとってトランプのように広げ、「この中から1枚選んで!」と子どもに選ばせて遊ぶこともできます。

どのカードが当たるかな?得意分野のカードかな?それとも難しい問題かな?選ぶところから楽しむことができるのも、50枚のカードがあるからこそですよね。

順番にやりたいゲームを選ぶ

「おでかけ中に楽しめる100のあそび」カード一例(オリジナル),待ち時間,ゲーム,

例えば兄弟姉妹など、複数人で遊ぶことができるのがこのカードの魅力のひとつです。交互にやりたいゲームを選んでいくのも楽しいですね。

写真の「◯×ゲーム」のように2人以上で遊ぶゲームもあるので、家族で対戦して盛り上がってみてはいかが?

好きなあそびの傾向がわかる!?

「おでかけ中に楽しめる100のあそび」カード一例(オリジナル),待ち時間,ゲーム,

100のあそびには、様々なジャンルのゲームがあります。マジックで絵を描く「おえかき系」のカード、同じものを探す「なかま探しゲーム」、そして「クイズゲーム」、「迷路」など。

何系のクイズやあそびが好きか、子どもと一緒に繰り返し遊んでいるとわかるようになってくるのでおもしろいですよ。

ちなみに筆者の子どもは、迷路やなかま探しゲームが好きなようです。わが子の得意な分野、苦手な分野を発見できるかもしれませんよ。

注意点は…

この遊び、注意点はペンをなくさないようにすることです。カードだけで遊んでいるとうっかりペンをどこかにやってしまうことがあります。

箱の隙間にちゃんと入るようになっているので、片づける時にはペンも一緒に入れるよう気を付けましょう。

もし失くしてしまった場合は、ホワイトボード用のペンで代用できますので試してみてください。また、カードは使った後はそのまましまうのではなく、ウェットティッシュできれいに消してからにしましょう。

お片付けまで一緒にやることで、片づけの習慣も身に着けることができますね。

インターネットでも購入できます

おでかけ中に楽しめる100のあそび|ひさかたチャイルド

おでかけ中に楽しめる100のあそび,待ち時間,ゲーム, 出典:www.hisakata.co.jp

こちらの絵本はインターネット通販、Amazonなどでも購入することができます。書店に行くのが難しいママさんでもワンクリックで購入することができ、自宅で受け取ることができるので便利ですね!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,296
*メーカー:ひさかたチャイルド
*ページ数:50
*商品サイズ:16cm x 12cm x 2cm

まとめ

購入してしばらく経ちますが、まだ100全てを解いてません。とっても長く遊べるアイテムだと思います。子どもはハマって、これもあれもとどんどん問題を解いています。

ドリルを買うよりもコスパよし。1ゲームあたり12円ほどの金額でできる計算です。繰り返し遊ぶことでもっとお得になると考えると、とてもお手頃です。

これがひとつあるだけで、帰省などの憂鬱な待ち時間が楽しい時間に変身するかもしれません。次のおでかけのお供にぜひいかがですか?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP