妊娠11週|お腹の様子、胎児の大きさ、つわりなどの症状を解説

妊娠11週|お腹の様子、胎児の大きさ、つわりなどの症状を解説

Bu facebook
Bu twitter

妊娠初期の中でも、いろんな症状が出始める妊娠3ヶ月ごろ。つわりが始まったり、お腹がふくらみ始めたり…。

一方、お腹の赤ちゃんも「胎芽」から「胎児」と呼び名が変わり、赤ちゃんらしくなるのもこの頃です。エコーで見るその姿に励まされて、健診が楽しみな時期ではないでしょうか。

「妊娠した」という実感が実感がわく妊娠3ヶ月は急激な変化にパパママも戸惑いやすい時期。ここでは、妊娠3ヶ月の最後の週である妊娠11週について取り上げていきます。

妊娠11週ってどんな状態?

妊娠11週っていつ頃のこと?

,妊娠,11週,症状

妊娠11週とは、妊娠3ヶ月の4週目のことを指します。10ヶ月に及ぶ妊娠期の中では妊娠初期(0週~15週)にあたります。

おおよそですが、6~7週ごろに体の変化や妊娠検査薬などで妊娠が分かることが多いので、妊娠が判明してから1ヶ月ほど経過している頃でしょう。

この頃になると子宮がひと回り大きくなるので、お腹のふくらみに気付くママもいるかもしれませんね。体型が変わらなくても、下着の締め付け感に敏感になることも。

妊娠11週の母体の状態

子宮内の変化

妊娠中のお腹の変化,妊娠,11週,症状

妊娠する前の子宮の大きさは、大ぶりな鶏卵くらい。それが妊娠してからはどんどん大きくなり、11週ごろには大人の握りこぶしくらいになります。

ただ子宮は恥骨に隠れているので、ママでも大きさの変化に気付かないかもしれません。それ以外には胸が張る、膀胱が刺激されてトイレが近くなる、という変化が出る人も。

これらは妊娠中に分泌されるホルモンの影響によるものです。ホルモンとは、体のはたらきをつかさどる指令書。妊娠すると、この指令書にもいろいろな変化が出てくるのです。

ホルモン分泌の変化と影響

妊婦健診での説明,妊娠,11週,症状

妊娠に大きく関わる主なホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)・プロゲステロン(黄体ホルモン)・hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の3つ。

エストロゲンは排卵に向けた卵胞期に分泌され、卵胞の成熟を促し、子宮内膜を厚くします。他には、自律神経を安定させたり血流をよくする働きがあります。

卵胞期に気分が良くお肌もイキイキしやすいのはエストロゲンの影響です。生理の後、約2週間ほど続きます。

一方のプロゲステロンは排卵後に分泌され、厚くなった子宮内膜の維持や、細菌を侵入させないように粘着性のあるおりものの分泌などを促します。

プロゲステロンが分泌されている黄体期は肌トラブルや便秘、胸の張りなどのマイナートラブルが出やすく、また気分もイライラしやすくなっています。

hCGは、受精卵が子宮内壁に着床すると作られ始め、胎盤から分泌されます。プロゲステロンの分泌を維持させるための重要なホルモンとなります。

妊娠前から分泌されているエストロゲン、プロゲステロンと違い妊娠して初めて作られるので、妊娠検査薬ではhCGに反応して妊娠を判定するしくみになっています。

3つのホルモンともに、妊娠をたすけ、維持しようとする大切なホルモン。しかし、まるで正反対のようなはたらきのエストロゲンとプロゲステロン。

さらには妊娠して初めて分泌されるhCG。これらのホルモンが大量に分泌される影響で、ママの体にはさまざまな変化が急激に起こります。

妊娠11週ごろに現れる症状

ここからは、妊娠11週ごろに現れる代表的な症状についてみていきましょう。ここに挙げた以外の症状にみまわれる場合もあります。

おかしいな?と思ったら、どんなに小さな変化でもお医者さんなどの専門家に相談しましょう。

つわり

,妊娠,11週,症状

妊娠初期に現れる代表的な症状と言えば、つわり。つわりは個人差が激しく出ない人もいれば、入院するほどひどい症状になる人もいます。

つわりは5週前後から始まりピークは8~11週ごろ、安定期に入る15週ごろにはおさまる人がほとんどですが、中には出産直前まで続いたという話も。

また症状も、吐きづわり、食べづわり、眠りづわり、においづわり、唾液づわりなどとさまざま。1つだけでなく併発する人もいますし、時期や2人目、3人目で症状が変わる人も。

吐きづわり
とにかく吐き気がひどい状態。何を食べても吐き、ひどい場合は水を飲んで吐くことも。水分が取れなくて脱水症状を引き起こすと、入院治療が必要になります。

食べづわり
吐きづわりとは反対に、は空腹だと気持ち悪くなる状態。食べると落ち着くので1日中何かしら食べているケースが多く、体重増加が懸念されます。

眠りづわり
眠気や倦怠感が一日中続く状態。微熱を伴う場合もあり、風邪と間違えてた、という声も。

においづわり
においに敏感になり、元々くさいと思っていたにおいだけでなく、今まで大丈夫だったにおいでもダメになる状態です。
例として、湯気のにおいが苦手になってお風呂に入るのが苦痛、排気ガスのにおいがダメで外出できなくなったというママもいます。

唾液づわり
大量の唾液が止まらなく、また唾液の味が気になって不快になる症状です。つわりとしてはあまり知られていないので、なかなか相談できなかったというママも。

どの症状であっても我慢は禁物。ストレスは体の血流を悪くし、つわりの症状が悪化したり、赤ちゃんにも影響が出てきます。

赤ちゃんはママの体に元々ある栄養で育っているので、栄養バランスや生活リズムの心配は今はしなくて大丈夫。

つわりがおさまった後に生活を戻すつもりで、この時期は少しでもストレスが少ない方法を選びましょう。

例えば吐きづわりなら食べたい時に食べられるものだけ食べる。食べづわりなら小分けにして少しずつ食べる。

眠りづわりなら家事などは後回しにしてとにかく横になる、においづわりなら好きなにおいをマスクなどにしみこませておく。

唾液づわりなら空のペットボトルを持ち歩き、いつでも唾液を吐けるようにしておく、などです。

つわりの時期にストレスをため過ぎないようにすると、おさまった後に暴飲暴食などのリバウンドも起こりにくくなるでしょう。

つらい時は無理をせず、お医者さんや助産師さんに相談しながら、自分に合ったやり方で乗り切って下さいね。

胸の張り

胸をおさえる女性,妊娠,11週,症状

妊娠すると、胸が張りが気になることがあります。中には乳頭が敏感になる人も。これはプロゲステロンの影響で、乳腺の発達が促されるために起きます。

横になると胸の重みで苦しくなったり、胸の締め付けが気になる人もいるでしょう。その場合は、横向きで寝る、ゆるめのハーフトップを着用するなどの対処が有効です。

胃のむかつき、便秘、頻尿

胃のむかつき,妊娠,11週,症状

妊娠した途端に胸やけがする、お腹の調子がおかしくなった、トイレが近くなった、と戸惑うこともあるでしょう。このことには2つの原因が考えられます。

1つ目は子宮の増大。大きくなりつつある子宮に内蔵が圧迫されます。胃は押し上げられ、腸や膀胱が刺激されてこれらの症状が出ることがあるのです。

2つ目はホルモンの影響。プロゲステロンは内蔵の筋肉を緩めるはたらきがあるので、胃や腸の動きが鈍くなります。

自分でできる対処法としては、食べるものや量を調節する、水分を多く摂る、こまめにトイレにいく、ライナーを下着に付けておく、などがあります。

ひどい場合は薬を処方してもらえる場合もありますので、無理せずに病院に相談しましょう。

出血

妊娠中のびっくり,妊娠,11週,症状

妊娠初期で1番注意したいのが出血。出血は姿の見えない赤ちゃんや子宮からのさまざまなサインです。自己判断で見過ごしてはいけません。

妊娠初期の出血の原因としては切迫流産が最も多いといわれています。切迫流産とは「流産しかかっている状態」を指します。適切な治療と処置で流産を食い止めることができます。

順調な妊娠経過でも起こる出血としては絨毛膜下血腫・月経様出血・子宮膣部びらん・子宮頸管ポリープなど。

反対に深刻なのが胞状奇胎や異所性妊娠など。こちらは初期の初期に判明する場合が多いです。どちらも、赤ちゃんは諦めなくてはなりません。

妊娠初期は胎盤が完成していないので不安定で、出血することはよくあります。この時期に有効な切迫流産治療薬はなく、まずは安静にすることが一番大事です。

量が多いときや持続する場合はいつもの健診より早めに受診をすることをおすすめします。どうしても心配なときにはまず電話で産院に相談してみましょう。

妊娠11週の赤ちゃんの状態

胎児の状態

赤ちゃんのエコー写真,妊娠,11週,症状

妊娠8週までは「胎芽」と呼ばれまだ人間の形はしていませんが、9週目からは「胎児」と呼び名が変わり、頭と胴と足の区別がついて3頭身の姿になってきます。

大きさは40~50mmほど。歯のもとになる歯胚や、まぶたや唇、鼻などのパーツができてきます。手足にも指ができ、つめが生え始めるのもこのころ。

また肝臓、胃、腎臓などの内蔵ができてきます。これにより、赤ちゃんは羊水を飲んで尿を排泄できるようになるのです。

体の動きもではじめ、足をバタバタさせる赤ちゃんも。顔も体も人間らしくなった姿を、エコーで確認できて嬉しくなるパパママも多いのではないでしょうか。

ただしまだ小さいので、胎動として感じられるのはもっと先のこと。つわりや、健診時のエコーで見られる姿で実感する時期です。

しておくべきこと・気を付けることは何がある?

生活習慣や体調管理(服装・食べ物・運動)

妊娠中の休息,妊娠,11週,症状

妊娠11週は人にもよりますが、まだまだつわりがつらい時期。胎盤も完成していないので、この時期に無理に動くと思わぬトラブルを招きます。

冷えや血行不良はつわりがひどくなり、赤ちゃんにも悪影響が。マタニティウェアやマタニティインナーに変えて、体を締め付けないようにするといいですよ。

食べ物は、赤ちゃんの体の基礎を作る大事な時期ですのでバランスの良い食事が望ましいですが、つわりがつらくて思うように食事できない時は、食べられる分だけ食べましょう。

赤ちゃんへ送る血液が増える時期ですので、水分はなるべく多く摂ります。つわりで水分も摂れない時は、早めにかかりつけの産院に相談しましょう。

もともと体を動かすのが好きで、運動が気分転換になるというママもいるでしょう。体重管理のためにも体を動かしたくなるかもしれません。

しかし運動による負荷がトラブルに繋がることも。運動がしたいママも、まずはお医者さんに相談して。その上で、ウォーキングなど軽めの運動を検討しましょう。

なお、マタニティヨガなどのマタニティプログラムのある教室やスタジオは、安定期以降に医師の診断書を持参しないとできない所がほとんどです。

この時期はまだまだママも赤ちゃんも不安定な時期。たとえ体調が良くても、無理せずゆったり過ごしましょう。

お酒や煙草、カフェインは?

お酒と煙草,妊娠,11週,症状

煙草とお酒に関しては、全妊娠期間を通してNGです。特に煙草はママ本人が吸わなくても、周りの人の喫煙によっても悪影響を及ぼします。

煙草の煙に含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があり、お腹の赤ちゃんに栄養や酸素が届きにくくなります。

その結果、流産や早産、赤ちゃんの低体重での出生などを引き起こす可能性が高まり、産まれたあとも赤ちゃんの体や心の発達に影響があると言われています。

また赤ちゃんが眠っている間に突然亡くなってしまう乳幼児突然死症候群も、ママが喫煙していた場合は5倍近く多く発生するというデータも。

ママが喫煙していなくても、喫煙した人が周りにいると悪い影響を与えます。これは、喫煙した人の呼気には喫煙後でも有害物質が数時間残るからです。

お酒に関しては、ママが飲酒していると胎児性アルコール症候群という異常を持った赤ちゃんが産まれやすくなるという報告があります。

妊娠前からお酒を飲んでいないことが望ましいですが、もし妊娠判明前に飲酒していても、そのあとすぐにお酒をやめれば影響が少ないと言われています。

もし11週に入っても煙草やお酒がやめられない状況であればすぐにかかりつけの産院に相談しましょう。

精神的なストレスが関係していることも多いので、助産師さんや自治体の保健師さんなどに相談してみるのもいいですよ。

カフェインは、お酒や煙草よりは影響が小さいと言われていますが、それでも過剰摂取により赤ちゃんの発育不全、流産や死産の可能性を高める、という報告もあります。

科学的にはっきりと立証されているわけではないのですが、1日に1杯程度なら赤ちゃんへの影響は少ないそうです。

また、味は変わらずにカフェインだけを抜いたノンカフェインの飲み物も増えていますので、上手に活用できるといいですね。

産婦人科を受診するタイミング

妊婦とお医者さん,妊娠,11週,症状

妊娠11週の頃の健診は、産院にもよりますが大体3~4週おきでしょう。胎動もまだ無く、もっと頻繁に健診を受けて赤ちゃんが見たい、というママもいるかもしれませんね。

しかし健診に行く以外でも、産院は強い味方。長い妊娠期間をサポートしてくれる大切なパートナーでもあるので、何かあれば遠慮なく相談しましょう。

以下の変化を感じたら我慢せず早めに産婦人科に相談し、指示をあおぎましょう。
・出血
・腹痛
・めまい、立ちくらみ
・おりものが痛みやかゆみや悪臭を伴う
・水のような液体が出る
・目がチカチカする
・ひどい便秘
・その他、いつもと違うと感じた変化

お腹の中にいる赤ちゃんは姿が見えません。ママの体に現れることは赤ちゃんからのサインです。また、ネットや育児書に書かれていることがあてはまるとは限りません。

かかりつけの産婦人科医はママの体調や体質なども把握していますし、産院には助産師や栄養士もいます。判断に迷ったら、いつでもすぐに産院に電話しましょう。

パパはなにをしてあげたらいい?

ママに共感することが大事

妊娠を喜ぶパパとママ,妊娠,11週,症状

この頃のママは、つわりなどで体調がすぐれないことが多いでしょう。慣れない体の変化で心も不安定になりがちです。

パパはそんなママの変化に戸惑うかもしれませんが、ママは命がけで赤ちゃんをお腹の中で育てています。ママの体や心に寄り添ってあげて下さい。

・ママの代わりに家事をやったり食事を用意して、できるだけママを休ませてあげましょう。

・ママの話をただ聞いて、共感しましょう。「大丈夫?」と気遣い、「つらい」と言われたら「つらいんだね」と繰り返してあげるだけでもママのストレスが軽減。

・できるだけそばにいましょう。この時期のママは些細なことでも不安になりがち。パパが不安をリアルタイムで聞いてあげるとママは楽になります。

・お腹の赤ちゃんに積極的に関わりましょう。お腹をなでたり、話しかけたり、胎児ネームで呼びかけてもいいですね。

パパもママも妊娠生活がスタートしたばかり。不安や迷いの多い時期ですが、コミュニケーションを増やし、お互いを思いやって過ごせると、この後の育児にも活かせますよ。

まとめ

妊娠11週はママも赤ちゃんも不安定な時期。つわりなどの体調の変化がつらいですが、ぐんぐん成長する赤ちゃんにエネルギーを割いているからこそ。

ポジティブに構えてママはとにかく楽に過ごしましょう。パパはママが楽に過ごせるようにサポートをしてあげましょう。
(文書作成:さこまーま)

お腹の中で起きていること、赤ちゃんの状態が分かれば不安も減りますよね。ここに書かれたことを参考に、不安なことは小さなことでも産院やパパに相談しましょう。

安定期までもう少し。ストレスをためずに乗り切って下さいね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP