離乳食中期のポイントとは?進め方や人気レシピもご紹介!

離乳食中期のポイントとは?進め方や人気レシピもご紹介!

Bu facebook
Bu twitter

離乳食を始めてから約2ヶ月ほどを過ぎると、赤ちゃんもママもだいぶ離乳食に慣れてきますよね。始めはうまく飲み込めずに口からこぼしていた赤ちゃんも、少しずつ上手に食べられるようになり始める頃でしょうか。

離乳食に慣れてきたのでそろそろステップアップしたい時期ですが、次の離乳食中期にはどんなことをしたらいいのかしら…。初めてのママの中には戸惑う方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、離乳食中期の進め方やおすすめの人気レシピをご紹介します!

離乳食中期のポイント

中期とは離乳食を上手に飲み込めるようになる時期です

離乳食中期の赤ちゃん,離乳食,中期,進め方

離乳食の初期とは食事に慣れる期間でしたが、中期になると1人で上手に飲み込めるようになり、徐々に食事の楽しさがわかってきます。

離乳食を始めてから2ヵ月後くらいが目安だとは言われていますが、赤ちゃんによって離乳食の進み方には個人差がありますよね。

そのため、スプーン1さじ分を口に入れたときにむせずに上手に飲み込めるようになったら中期に進む準備が整っていると考えて大丈夫です。

離乳食中期の一日の進め方

離乳食の中期は1日に2回、毎日同じ時間に食べさせてあげてください。朝と夕方に大人と同じか近い時間に食べると用意が楽かもしれませんね。

2回の食事の間を少なくとも4時間は空けるようにすると、赤ちゃんの食べがよくなりますよ。

1回の食事の量ですが、おおよそ7倍がゆを大さじ3~5、野菜とたんぱく質類をそれぞれ大さじ2~3程度といわれています。

ですが、あくまで個人差があり赤ちゃんによって食べられる量は違うと思うので、赤ちゃんに合わせて量を調整してくださいね。

うんちに注意してください

離乳食に慣れて食べさせるものが増えてくると、たまに赤ちゃんのうんちから食材がそのままでてきた!ってことありますよね。これは赤ちゃんが食材を完全には消化できていないというサインです。

多少は栄養を吸収していますが、そのせいで下痢や便秘になってしまう場合は細かくみじん切りにしてあげたり、やわらかく煮てあげたりなど消化しやすくなる工夫をしてあげてくださいね。

我が家の子はよく海苔やミカン、トマトなどを多く食べるとそのままうんちに出てしまっていました。大抵の場合下痢を伴っていたため、「1回の量を減らす、すりつぶす、裏ごしする」などの工夫をしていました。

離乳食中期の進め方

離乳食初期から離乳食中期への移行の仕方

離乳食中期への移行,離乳食,中期,進め方

ある日突然食事の内容がガラっと変わってしまったら、赤ちゃんがびっくりして食べなくなることもあります。

そのため、離乳食初期から中期へ移行することを決めてからは少しずつおかゆを固くしていったり、すり潰した野菜にみじん切りの野菜を混ぜたりなど、徐々に中期のメニューへと変更していってください。

最終的には舌でつぶせる固さのものを食べることが出来るように慣らしてあげると、スムーズに移行できますよ。

新しく増える食材はアレルギーに注意!

離乳食中期になると、初期に比べて食べられる食材が少し増えます。

 ・肉類(鶏ササミや鶏胸肉など脂身の少ないものをすり潰して)
 ・たまご(中期後半から、よく加熱した黄身から始めてもよい)
 ・マカロニやスパゲッティ
 ・枝豆などの豆類
 ・ナスやズッキーニなどあくの強い野菜(水にさらしてあく抜きしてから)
 ・サケや水煮のツナ缶
 ・少量のバター

新しい食材にはアレルギーの可能性がありますので、もしアレルギー反応が出たときに病院に行けるように必ず午前中に1さじから始めるようにしましょう。

離乳食中期のレシピをご紹介!

【1】【離乳食中期】にんじんとりんごのグラッセ

便秘解消にもおすすめの離乳食です

にんじんとりんごのグラッセ,離乳食,中期,進め方 出典:cookpad.com

離乳食中期からは少しだけバターも使えるようになります。このバターに含まれる脂質には便秘予防の効果もあるため、便秘に悩む赤ちゃんにおすすめです。

離乳食には通常のバターではなく無塩バターを使用するのがポイントですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食中期 鮭のトロトロ煮

お魚デビューにぴったりのレシピです

鮭のトロトロ煮 ,離乳食,中期,進め方 出典:cookpad.com

離乳食中期になると魚も食べられるようになって欲しいですよね。でも魚はモソモソして苦手な赤ちゃんも多いのでは?

そんな赤ちゃんにはこちらがおすすめです。粉々になったサケにとろみがついているので、とても食べやすくなっています!

この記事に関連するリンクはこちら

【3】簡単♪離乳食中期〜 お雑煮

赤ちゃんだってお正月がしたい!

お雑煮 ,離乳食,中期,進め方 出典:cookpad.com

赤ちゃんにだって特別な日には特別なメニューを用意してあげたいですよね。みんながお雑煮を食べるときに、大人と同じメニューを食べられたら赤ちゃんも喜びそうです。

お正月に限らず、野菜にお肉にと栄養豊富なので普段のメニューにも取り入れたいレシピです。

離乳食中期に入ったばかりの赤ちゃんは里芋のおやきをすり潰した里芋にかえて、だしに混ぜてやるとさらにトロみがついて食べやすいかもしれません。

すりつぶした里芋は口の周りにつくとかぶれることもあるので、食べる前に口の周りに保湿クリームをぬってあげたり、清潔なガーゼなどでフォローしてあげてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】✿離乳食中期✿ひなまつりゴハン✿

離乳食でもちょっと豪華なひな祭りができちゃいます!

ひなまつりゴハン,離乳食,中期,進め方 出典:cookpad.com

女の子のママにとって初めてのひな祭りはちょっと特別ですよね。離乳食中期の赤ちゃんでも、こんな素敵なひな祭りレシピがありますよ!

見た目もあざやかで栄養バランスが良いのも◎。頑張って作ってあげたら、とてもいい思い出になりますね。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】離乳食中期 もぐもぐスープ

野菜スープはとっても便利!

もぐもぐスープ,離乳食,中期,進め方 出典:cookpad.com

離乳食の間は野菜のスープを常備しておくととても便利です。冷凍保存してあれば、時間のないときはチンして出来上がり!具だくさんなので栄養もばっちりです。

なにより、大根やニンジン、カブなどを柔らかく煮たものはモグモグの練習にも最適です。使う野菜は家にあるものを適当に使ってもよいので、是非一度作ってみてください。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】離乳食中期 豆腐と鶏肉のハンバーグ

とってもやわらかいので離乳食中期でも食べられます

豆腐と鶏肉のハンバーグ ,離乳食,中期,進め方 出典:cookpad.com

離乳食中期も後半に入ってきて、そろそろ手づかみにも興味が出始めた頃におすすめです。やわらかいので食べやすいですし、お肉と豆腐と野菜で栄養豊富です。

初めての手づかみ食べにいいですね!苦手な野菜もここに細かく刻んで入れてしまえば食べてもらえそうです。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。離乳食も中期になると使える食材も増え、離乳食のバリエーションも増えますよね。離乳食が楽しくなる赤ちゃんも多いと思います。

我が家の兄弟は2人とも食べすぎではないかと心配になるほどよく食べる赤ちゃんでしたが、離乳食の好き嫌いも人一倍多かったように思います。

食べが悪い食材もレシピを変えて作ってみたら食べてくれるということも良くあるので、いろいろなレシピで作ってみるのもいいと思いますよ。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP