犬でも猫でもない!男の子が飼いたがるおもしろペット

犬でも猫でもない!男の子が飼いたがるおもしろペット

Bu facebook
Bu twitter

子どもが『ペットを飼いたい!』と親にお願いするのはよくある光景です。大抵は犬や猫などの一般的な生き物ですが、中にはちょっと変わった生き物をリクエストされることも。特に男の子に関しては、虫や爬虫類などママが苦手な分野の生き物を飼いたがることもしばしばありますよね…。

そこで、ちょっと変わったペットや、子どもに飼いたいと言われたときの対処法などをご紹介します!

ママは苦手かも…?!ちょっと変わったペットたち

ペットショップで購入できる変わったペットとはどんな生き物なのでしょうか? 比較的よく見かけるのは陸ガメやホシガメ、蛇やトカゲなどの爬虫類です。ちょっとレアなものとしてはサソリやクモなどもいますが、小さな子どもが飼うにはちょっと危険な生き物のような気がしますね。

他にも、カエルやザリガニなど男の子が好きそうなペットがたくさん売られています。これらは正直苦手だわ…というママも多いと思います。また、カブトムシやクワガタなどの昆虫類も男の子には人気が高いペットです。

一方、ママが比較的抵抗なく飼育できそうなのがおそらく『哺乳類』の分野ではないでしょうか。ハムスターやリスなどの定番のペットの他にも、モモンガやウサギも人気です。

餌と寿命は飼う前にちゃんと確認して

生き物を飼う上で注意しておかなければならないことは、たくさんあります。

例えば餌。ペットの中にはミミズやコオロギなどの“生きている餌”しか食べないものもいます。固形のえさに比べるとコストもかかる上に、常に家にストックしておかなければならないというデメリットもあります。

また、思いのほか寿命が長いペット(例えば、陸ガメなどは数十年)もいます。最後まできちんと面倒を見られるのか、よく考えておく必要がありますね。

飼う前にきちんとルールを決める

生き物を飼うことが決まったら、事前に子どもときちんとルールを決めておくことが大切です。どんなに小さくても命があり大切にしなければならない、責任をもって最後までお世話をするということを約束してから家に迎えるようにしましょう。

餌や掃除は誰がするのか、それとも交代でするのか、などもあやふやにせずにきちんと決めておく。飼育方法や必要なものをしっかり調べて準備してから飼うようにするのは、基本中の基本です。その他にも、例えば虫などは虫かごに入れて外で飼うようにして家の中へは入れない、など飼い方の約束ごとも確認しておきましょう。

ライフスタイルに合わせた生き物を選ぶ

飼いたいと思っているペットが自分たちの生活スタイルに合っているかどうかも重要なポイントです。例えば、毎日欠かさず食事や散歩、小屋掃除などの細やかなお世話が必要な哺乳類などのペットは、旅行好きや留守がちの家庭には向いていないといえますよね。逆に1~2日は特にお世話をしなくても生きられる魚類や昆虫類なら、問題なく飼育できます。

また、ペット不可のマンションで動物を飼育したり、近隣に迷惑がかかってしまうような飼い方などは避けましょう。

ペットを飼うと、子どもに責任感が芽生えたり、生き物の死を体験することで『命』を学ぶ機会が得られます。男の子の好きな虫や変わったペットは、ママにとってはちょっとギョッとしてしまうかもしれませんが、案外飼ってみるとかわいいかもしれませんよ!?

PHOTO/
Hani Eriani
参照/
ペットの専門店KOJIMAホームページ

関連コラム

子どもの成長に悪影響の恐れ…、親がしてしまうNGな習慣とは?
『キレる』子どもにしないためにママが知って欲しい3つのこと
着膨れはNG! 「子どもには薄着が良い」その理由と効果とは?
実は『103万円の壁』より大事!『130万円の壁』ってナニ?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP