【書籍レビュー】わが子の声、ちゃんと聞こえてますか? 大人も子どももラクになるマインドフルネス本

【書籍レビュー】わが子の声、ちゃんと聞こえてますか? 大人も子どももラクになるマインドフルネス本

エリーン・スネル『親と子どものためのマインドフルネス』

Bu facebook
Bu twitter
文:森岡桃子(CHIENOWA)

「マインドフルネス=瞑想」ではなく「マインドフルネス=気づき」
『親と子どものためのマインドフルネス』の著者、エリーン・スネルはオランダ生まれのセラピスト。オランダと言えば、2013年にユニセフが発表した「先進国における子どもの幸福度調査」で総合1位、2016年にコロンビア大学地球研究所が発表した「幸せな国ランキング」で7位の国です。ちなみに日本は、「子どもの幸福度調査」は総合6位、「幸せな国ランキング」では53位でした。

幸せの基準や感じ方は人それぞれで、順位づけは難しいと思いますが、日本とオランダの違いは何なのか調べてみました。私が興味を持ったのは、オランダの「自尊心を尊重する学校教育」です。オランダでは、授業の時間割を子どもたち自身で決められる上に、小学生だとしても自分の意志で留年することだってできます。興味があることや、勉強の理解度を考え、自分で決断するのです。自分がやりたいと思って決めたことは子どもも自主的に勉強するので、「勉強しなさい!」という親の決め台詞はオランダにはきっと存在しないのではないでしょうか。この決め台詞がないだけで、子どもも親も笑顔の時間が増えるはずです。

子どもの気持ちを最優先し、怒らない、強制しない子育てをしたいと考える私にとって、オランダはとても魅力的な国でした。そして、オランダでは大人だけでなく子どもたちもマインドフルネスを経験しています。自主的に行動するための集中力や協調性、落ちつきなどの基礎的な能力をマインドフルネスで養っているのです。私は本書を読む前は、「マインドフルネス=瞑想」だと思っていて、「頭を空っぽにしてリセットすることで新しい思考が生まれる」といったイメージを持っていましたが、それは間違っていました。マインドフルネスとは、頭を空っぽにするのではなく、一つのことに集中することで、自分自身のありのままの状態に気づくことでした。

スマホに夢中になり、子どもに話しかけられているのに空返事してしまっていませんか? 忙しく家事をしているときに子どもに話しかけられ、イラッとしてしまっていませんか? これらの問いにハッとした方、マインドフルネスが必要かもしれません。

マインドフルネスエクササイズでわが子も変わった!
本書では、子どもと一緒に日常生活のあらゆるシーンで実践できるマインドフルネスのエクササイズを紹介しています。子どもはみんな、両親に気づいてほしくて、「私だけを見て!」と発信しているはずです。目の前の子どもに意識を集中し、子どものありのままの状態に気づくための訓練が、まさにマインドフルネスのエクササイズなのです。

わが家では、車や自転車での移動中や食事中、就寝前などのちょっとした時間にエクササイズを行い、そのために特別に時間を割くことはしていません。それでも、エクササイズをやっているときは、目の前の子どもに意識を集中します。こうして、少しの時間でも毎日繰り返すことで、子どもの気持ちに寄り添うことができ、私も子どもも安心感を得ています。

わが家の長男は、今6歳で、今年小学校に入学しました。彼と一緒にマインドフルネスのエクササイズを始めた頃、彼は「大好きな人はお母さん、お父さん、妹、○○くん……、大嫌いな人は自分」と言ったのです。私は、彼をまったく理解できていなかったことに非常に強い衝撃を受け、反省の気持ちでいっぱいになりました。そこで、毎日少しずつ、子どもの気持ちに気づくためのエクササイズと、子どもに自信を持ってもらうためのエクササイズを1か月以上続けました。そうすると、彼が大きなことから小さなことまでたくさんのことに悩んでいることに気づくことができましたし、自分に自信がなく、自分の嫌いなところがいっぱいあった彼も、「自分の嫌いなところは一つもない」と言えるようになりました。そして、自分の気持ち、特に、悩んでいることや不安に思っていることを伝えてくれるようにもなりました。

本書には、わが子にはまだ年齢的に早いかなと思うエクササイズも多く載っているので、今後もそのときにあったエクササイズを継続したいと思っています。

マインドフルネスのエクササイズには、子育てのヒントがたくさん詰まっている
子育ては、100人の親がいれば100通りのやり方があります。子どももみんなそれぞれ違う人間です。本書にはエクササイズCDを含め、数十種類のマインドフルネスのエクササイズが紹介されており、どなたにもピッタリくるものがきっとあると思います。自分の呼吸に気づくことでとても落ち着くことができる「カエルのエクササイズ」や、親子で長所や感謝していることを伝えあうちょっと照れくさいエクササイズ、鏡の前で笑ってみるエクササイズは、家族みんなでやると笑いが止まらなくなります。

落ち着きのない子、すぐ泣いてしまう子、夜なかなか眠れない子、乱暴な子。または、イライラしてばかりの母親、すぐに怒鳴ってしまう父親……。本書にきっと解決のヒントが隠されているはずです。『親と子どものためのマインドフルネス』を読み、ぜひお子さまと一緒にエクササイズをやってみてください。

『親と子どものためのマインドフルネス——1日3分!「くらべない子育て」でクリエイティブな脳とこころを育てる』

1,944
著者:エリーン・スネル (著), ジョン・カバットジン (その他), 出村佳子 (翻訳)
出版社:サンガ
プロフィール

森岡桃子(もりおか ももこ)
クレディセゾン リスク統括部に所属。6歳の男の子と3歳の女の子の母。

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP