ポーランド人のお宅訪問!日本の子供達について思うこと

ポーランド人のお宅訪問!日本の子供達について思うこと

Bu facebook
Bu twitter
こんにちは!日本に住んでいる外国人のお宅訪問企画『突撃、世界ごはん!』ポーランド後編です。
前回のインタビュー前編「【突撃、世界ごはん!】ポーランドの名物料理ってどんなもの?」に引き続き、ポーランド人のカリナさんにお話を聞きました!
ポーランドの結婚式ではシャンパングラスを投げる!
12
-ポーランドの結婚式はどんな感じか教えてください!

『ポーランドの結婚式では、新郎が新婦をお姫様抱っこして入場するのが特徴的なの。教会で式を挙げて、レストランで踊ったり、ずっとご馳走を食べながらパーティーするの。あとは、シャンパングラスで乾杯した後、「せーのっ!」で後ろに投げるのよ。
あと、お色直しや祝儀の習慣はなくて、新郎新婦が、冷蔵庫とか欲しいものリストを作るから、友達はその中から選んでプレゼントを渡すの。』

-お姫様抱っこで入場って素敵~!日本じゃありえないけど、海外だとグラスを割ったり投げたりする国が多いんですね~。

ポーランドのクリスマスは24~26日の3日間!?

-日本に暮らしていてポーランドのライフスタイルと違うところはありますか?
15
『日本に来てびっくりしたのは、恋人同士の習慣が全く違うところかな。ポーランドでは、恋人が友達とごはんに行くときは彼女も必ず連れて行くのが当たり前だし、結婚式だってカップルで出席するの。なのに日本に来て、私は友達との食事やパーティーに誘われなかったから「え?」って思ったわ。今はもう分かるから大丈夫だけれどね(笑)』

-ヨーロッパの方はよくその話をされますね。友達とのごはん会に相方を連れて行くのが普通なのは素敵ですね。季節のイベントで違いなどは感じたことはありますか?

『ポーランドのクリスマスは24日~26日までなの!とにかく3日間食べまくるわ。クリスマスはお正月みたいなイメージで家族で過ごす日なの。イースターも家族で過ごすしね。
日本は家族で過ごすイベントもあまりないし、働きすぎで本当に時間がないねっ。ポーランドは17時ごろお父さんが帰ってきて、子供と遊ぶけど、日本の子供はお父さんが帰ってこないからママとばかりいっしょにいるね。』

ポーランドは1日5食食べるから日本の子はお腹がすいてかわいそう
30
-カリナさんは日本で出産して7歳のお子さんがいるということですが、ポーランドと子育ての違いはありますか?

『私がポーランドで育った時は、小学校が8年間、中学はなくて高校が3年間、大学は5年間だったの。今は日本と同じ学年で進んでいくけどね。あとは、日本の幼稚園は4歳ぐらいからひらがなを習ったり、勉強を教えてもらえるけど、ポーランドの幼稚園は本当に遊びだけなの。
ちょっとややこしいんだけど、小学0年生というのがあって、5歳の時は幼稚園にいるか、小学0年生にするか選べるの。小学0年生になると、1年生の前の段階というイメージで少し勉強ができるからその違いがあるのよ。
あとは、ポーランドは1日5食ぐらい食べるの!子供たちは、朝ごはんを家で食べて、10時に学校でおやつを食べる。りんごとかヨーグルトとかね。13時にランチをして、16時におやつ。そして夕飯も食べるから、日本の子供達は、ランチまでお腹がすいてかわいそう~!』

-日本とポーランドで母親の違いは感じますか?
10
『日本のママ友ランチはちょっと不思議な感じ!息子が幼稚園の時経験したんだけど、話す内容がいつも同じ。その日の晩御飯は何にするか、買い物の話やメイクの話、子供や旦那についての話題ばかり。日本の女の子はそういうことしか話さないのかな?ポーランドだったら、スポーツの話とか政治の話とか、話題は本当にたくさんあるから、その違いをすごく感じたな~。』

-確かに、女子会で政治やスポーツの話はあまりでないかもしれません・・・(笑)色々なことに興味を持ってお話できるのはすごくよいですね!

一緒に料理を作ったり、ポーランドと日本の違いをたくさんお話していただいてとっても楽しかったです。カリナさんありがとうございました!
13

ママスタセレクト新コーナー!『突撃、世界ごはん!』
sekaigohan_logo
海外好き、料理好きライターが日本に住んでいる外国人のお宅に訪問し、家庭料理や母国の文化、日本でのライフスタイルなどをインタビューしてお届けする企画です。

tadaku-logo-STadakuという外国人の自宅で学べる家庭料理教室の協力のもと取材を行っております。日本に住む外国人の自宅で家庭料理を習えるWebサービス。
プチホームステイ感覚で、一緒に料理を作りながら、その国の料理と文化と言葉を学べます。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP