イルミネーションも楽しめる! 冬の海遊館で遊びつくそう

イルミネーションも楽しめる! 冬の海遊館で遊びつくそう

Bu facebook
Bu twitter
■開園25周年記念プレゼント


大阪府にある世界最大級規模の水族館「海遊館」。全長5メートルを超えるジンベエザメをはじめ、620種、30000点の海の生き物が間近で見られるとあって、子どもたちも大興奮の人気水族館です。ただいま海遊館の冬の風物詩として、サンタダイバーがジンベエザメの「遊ちゃん」「海くん」とともに泳ぎ、サプライズメッセージを届けてくれる「アクアメッセージ」のイベントを開催中(~12月25日)

今回、開園25周年を記念して「海遊館の生き物たちからのラブレター」を海遊館ファン81名にプレゼント!「ラブ&アース」をテーマに、海遊館の生き物たちからの熱いメッセージが綴られたキスマーク入りのラブレターが届きます!(応募期間終了)

「海遊館の生き物たちからのラブレター」を“作成”してくれたのは、ひろーい水槽を悠々と泳ぐ「ジンベエザメ」の「遊(ゆう)」、グルメでちょっぴりわがままなラッコ「パタ」、14頭の子を産んだ海遊館のビッグママことコツメカワウソの「コウメ」、愛くるしい瞳がチャームポイントのワモンアザラシ「アラレ」、キラキラと光を反射させながら群れで泳ぐ「イワシ」の全5種類の海の生き物たち。

生き物たちの貴重な「キスマーク」、どうやって採取したかというと、水につくと色が変わる特殊な紙を用いて、日頃から実践している健康管理のためのトレーニングを応用したのです。ジンベエザメのみ精巧な実物大の頭部原寸模型から採取しましたが、「遊」の気持ちはしっかりと込められていますよ!

ラッコの「パタ」と、ワモンアザラシの「アラレ」のキスマーク採取の様子はこちら。

ラッコ

ワモンアザラシ

■遊びながら生き物について学べるしかけがいっぱい

また2015年12月23日(水・祝)から2016年1月11日(月・祝)の期間中、展示水族館前に今回採取したキスマークを使ってスタンプを設置。館内を回遊しながら全4種類のスタンプラリーを楽しむことができます。
そのほかにもシルエットを見てどの生きものか探す「すたんぷノート」、生き物をよく観察して「たいけんくん」からの挑戦状に答えたり、発見したことを書きこめる「たいけんノート」など、目の前にいる生き物について子どもの「知りたい!」を刺激するしかけがいっぱいあります。

■水の中を泳ぎまわるエイやサメにタッチ!

水族館というと水槽の中で泳ぐ魚などの生き物を「見る」イメージが強いのですが、「海遊館」の「新・体感エリア」では、見て、聞いて、触って、においも寒さも“体感”できるのが特徴です。
北極圏では氷上で生活するワモンアザラシ、南米沖にあるフォークランド諸島では岩場をとび跳ねながら移動するイワトビペンギン、モルディブ諸島ではエイやサメにタッチ! 五感をフルに刺激され、子どもたちの記憶にもしっかりと刻まれそうですね。

■生き物たちの夜の生態観察&イルミネーションを堪能

イルミネーション

夕方5時以降は、昼間とは違った幻想的な「夜の海」が見られます。ゆらゆら水面に浮いたまま眠るラッコ、ゆっくり泳ぎながら眠るジンベエザメ、首を大きく後ろに曲げたまま眠るオウサマペンギンなど、普段はなかなか見られない生き物たちの姿を見ることができます。

またこの時期、海遊館最大規模となる130万球を使った壮大なイルミネーションに彩られ、海遊館全体が幻想的な雰囲気に包まれています。たまにはパパと2人で水族館デートするのもオススメです。

 

 

海遊館 http://www.kaiyukan.com/2015-2016winter/index.html
営業時間 10:00~20:00(最終入館は19:00)
休館日 年末年始は休まず営業
休館日 2016年1月13日(水)・14日(木)
2月17日(水)・18日(木)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP