はじめよう!「英語を知る機会、触れる機会」を増やす方法

はじめよう!「英語を知る機会、触れる機会」を増やす方法

Bu facebook
Bu twitter
子供に英語を学んで欲しい?

Image
特別な英語の環境に子供達を置くことなく、子供達を育てたい。でも子供達が大きくなった後の未来を考えてみると、英語でのコミュニケーションも身に着けておく必要があるのではないかなと、考えている方も多いと思います。例えばインターナショナルスクールに行くのは、生活を英語でするのですから、もちろん英語に触れる機会はあります。英語ができなければ生活できないのであれば、子供達は英語を学ぶでしょう。でも、やっぱり日本で生まれて、育っているのであれば、まずは日本語の環境でしっかり過ごさせたいと思う場合、そのような環境に置くことと矛盾してしまいます。そんな時こそ、親しかできないことがあります。親の心がけ次第で、子供たちが自然に英語に触れる環境を整えることができます!
「子どもは、親の言う通りには育たないが、親の行動の通りに育つ」という趣旨の言葉があります。英語を習わせるのもそれと同じく、親がとにかく英語とそれにまつわる文化に対して、オープンマインドでいる、積極的に関わるということが非常に大切なのです。
出典:dual.nikkei.co.jp
学ばせるのではなく、知る機会をまずは用意しよう。
自分が子供の立場に戻って考えてみて、勉強という形で出会う英語に、共感が持てるものでしょうか?まずは、日本語以外に、英語というコミュニケーションのツールが存在することを、日本語を認識するよりもずっと前から、自然に触れ合う環境を作ってあげることが大切です。一番簡単な方法は、子供に歌ってあげる歌や、聞かせてあげる歌に英語を混ぜること。英語だけにする必要はありません。母国語となる日本語に触れる機会も、もちろん大切にしなければなりません。日本語、英語に区別のないうちに、自然と耳に入ってきているという環境を整えてみましょう。
子供が興味を持ったら、楽しみながら英語と触れ合う。それこそが英語を学ぶことの始まりです。
子供達を見ていると、興味のあるものとないものへの対応の差は歴然です。子供が、例えば英語の歌に反応したら?一緒になって、にこにこ、楽しく歌ってあげましょう。手遊び歌や、フレーズをリピートするタイプの曲も有効でしょう。子供と自分との間に、コミュニケーションが生まれる歌だと、英語のキャッチボールを自然とできるようになります。他に、楽しみながら英語と触れ合うとは、どのような方法があるのでしょうか?
子供が楽しみながら、英語に親しめることってどんなこと?

Image
この、”楽しみながら”というのがポイントなのだと思います。面白くないなぁ、楽しくないなぁ、興味がないなぁ、という状況では、同じ時間を英語に触れる時間を過ごしても、子供達の中に残る印象は全然異なってきます。子供たちは遊びの中でこそ自然にいろいろなことを身につけていけるのです。では、どのようにしたら、子供達は”楽しみながら”英語に触れることができるのでしょうか?
幼児期の教育では遊びを通じて結果的にいろいろなことが子どもたちにもたらされており、幼児期の学びが目的をもって取り組まれる小学校以降の学習活動の土台になっている。
出典:www.mext.go.jp
子供達がもともと楽しいと思える遊びの中に取り入れる!
絵本を読んだり、テレビを見たり、親が勧めなくても、子供達は自ら進んで楽しんでいます。それに英語を取り入れてみましょう!決して高い教材費がかかるものを購入しないとできないわけではありません。例えば日本語のテレビを見せるところを、借りたり買ってきた英語のDVDをかけてみる。まずは、隣で一緒に見てみて、子供が興味がありそうかリサーチ!そして、興味を示したものを繰り返し流すようにします。見るように強制したり、見る時間を作らなくても、子供は興味を持てば自ら見たいと言い出すでしょう。最初のうちは、家のテレビは英語のテレビしかつけないルールにするなども有効かもしれません。あとは、おもちゃも、音がでるものは英語の歌が入っているものにする、絵本も英語の絵本にしてみるなど、目にとまって、手で触れられるものを、英語のものにしていきましょう。
英語を話しながら遊べるお友達を作る!
ずっと英語をインプットだけしていも、話せるように、使えるようにはなりません。子供のように柔軟な脳や耳があっても、それは同じことです。実践の場があってこその英語でのコミュニケーションです。自分の友人でもいいし、子供の友人でも良いです。お子さんが英語を使える機会を作りましょう。もしお友達に英語を話せる方がいなかったら、新しく作りましょう。日本に移住や駐在されている外国人の方で在れば、もしかしたら、何か日本語ができることでお手伝いできることもあるかもしれません。お友達を探している方もいるでしょう。一歩前に踏み出してみて、英語を話しながら遊べるお友達と遊ぶ機会を、是非作りましょう!子供は、自分が生き残っていくために必要なものを本能的に察知するそうです。お友達というコミュニティを維持するのに、英語が必要だとわかれば、ただただ勉強として英語を学ぶという姿勢とは全く違ったモチベーションで、取り組んでくれることでしょう。
子供だけでなく、親も、英語でのコミュニケーションを楽しむ!
ここが、かなりポイントになると思います。特に流暢に話せる必要はありません。コミュニケーションを取ろうとする意志がとても重要なのです。子供は親の鏡とはよく言ったもので、本当によく親のことを見ています。人生の主役は、誰でもなく自分自身です。それはたとえ、子供と一緒にいるときもそうだと思います。脇役に徹して、陰から見守るだけでなく、子供と一緒に主役になって、英語でのコミュニケーションを楽しむ姿が、子供には一番影響を与えるでしょう。
いかがでしたか? 日本で育って、日本の環境で過ごしている中、日本語を大切にすることはとても大切です。日本語でしっかりものが考えられるようになることと、それを柱にして、英語でもコミュニケーションをとれるようになること、それが一番重要なポイントではないかと思います。英語への大きすぎる抵抗感や、コンプレックスが生じないように、身近な存在として英語でのコミュニケーションを体感させてあげる環境を用意すること、それが親ができることだと思います。是非、今日から、一つでも毎日の中に楽しみとして取り入れてみてはいかがですか?
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP