共働きのママパパ必見!小1の壁。学童保育や学校の壁って?

共働きのママパパ必見!小1の壁。学童保育や学校の壁って?

Bu facebook
Bu twitter

「小1の壁」という言葉を聞いたことありますか?

待機児童問題を乗り越えて保育園にわが子を入れたのもつかの間、数年後の小学校入学を機にやってくる問題がこの「小1の壁」です。

「小1の壁」とひとことで言っても、保育園に比べると短い預かり時間、学童保育加入の難しさ、平日に行われるPTA活動や予告なしの教材提供まで、共働き家庭に起こる問題は様々。

4月からの学校生活が円滑に進むよう、「小1の壁」を知って、備えておいてはいかがでしょうか。

【1】「小1の壁」ってなに?

【1-1】小1の壁~学童保育が見つからない!

入学準備,共働き,小1の壁,学童保育

1つ目の「小1の壁」は、学童保育に入ることの難しさです。

こう言うと、勘違いされてしまいそうなのですが、実は東京都の学童保育施設の設置率(小学校数に対する学童保育施設数の割合)は、全国2位。1位の埼玉県に次ぐ設置率です。

つまり、学校1校に対して、学童保育は1つ以上ある、という計算なのですが、やはり、定員が限られており、学童保育に入れない児童の数が増えているようです。

【1-2】小1の壁~学童保育の時間が短い!

次の「小1の壁」は、学童保育の預かり時間の短さです。

公的な学童保育は、保育時間が延長されても午後7時まで、というところがほとんどです。保育園時間は園長保育で何とかできたものも、学童の場合は一律7時になれば帰宅することになります。

ママパパの仕事が遅くなる場合、子どもが1人で家で過ごす時間が長くなってしまい、親子ともに不安が大きくなってしまうのです。

【1-3】小1の壁~小学校のPTA活動

入学式を迎える小学校,共働き,小1の壁,学童保育

小1の壁、3つ目は小学校のPTA活動です。

保育園時代は、夜間や休日に設定されていた保護者対象の活動や説明も、小学校に入学すると、比較的早い日中に設定されてしまいます。

学校によっても異なりますが、PTA活動も輪番や点数制で役割分担しなければならず、活動が平日の午前中だったりすることもしばしば。

わが子の学校活動ですから、できることなら積極的に参加したい気持ちはあっても、仕事との両立が難しく、こういったことが原因で保護者間の対立を生んでしまう事態も。

共働き世帯にとっては頭の痛い問題のひとつです。

【1-5】小1の壁~突然の時間変更や教材提供など

なるべく保護者の負担にならないよう、調整されていた保育園時代と違い、小学校からは保護者の協力を求められることが多くあります。

例えば、突然「明日までに工作用の教材として、トイレットペーパーの芯を3個お願いします」とか、「自分の住む街を調べるので付き添いをお願いします」というお知らせ類。

また、1ヶ月の予定などもその月の頭にならないと分からなかったり。お弁当などが必要な行事が突然発表されて、出張とバッティング、なんてことも十分、ありうることなのです。

こうしたことも、ママパパたちの頭を悩ませる「小1の壁の一つです」。様々な要因が重なってしまい、主にママたちが退職に追い込まれてしまうことも少なくありません。

しかし、こうした事態も数年の話。子どもが高学年になると、学童ではなく塾通いにシフトしたり、1人でも大丈夫な年齢になり、退職したことを後悔する人たちも少なくないといわれています。

【2】学童保育とは

【2-1】学童保育は、授業終了後に子どもの面倒を見られない家庭のための場所

学童保育の風景,共働き,小1の壁,学童保育

学童保育は、学校が終わった後、親が仕事などのために不在の児童のために、安全に遊んだり、勉強したりする場を提供するものです。

正式名称は「放課後児童健全育成事業」で、管轄は厚生労働省となっています。

学校から直接学童保育が置かれている施設に行き、職員が子どもたちの面倒を見ます。

設置している自治体によって、直接運営されている場合と民間業者に業務委託されている場合があります。対象年齢も自治体によって異なり、主に低学年を対象にしている場合と小学校6年生まで対象になっている自治体もあります。

【2-2】学童保育はいつ利用できるの?

学童保育を利用できるのは放課後のイメージが大きいのですが、実は夏休み、春休み、冬休みといった、学校休業日にも利用することができます。

また、所属するクラスが学級閉鎖になった場合や、台風での休校などの場合も、預かってもらえることがあり、働くママパパにとっては大事な場所となっています。

こうした対応も設置している自治体やによって、異なっています。実際に預けることになる学童保育に足を運んだり、自治体の担当者に尋ねてみる、また実際、預けている保護者の方への質問する、など情報収集することが必要です。

最近では、いわゆる民間学童保育も数を増やしています。学校まで送迎の車が迎えに来て、帰りも自宅まで送ってくれる、学習フォローをしてくれる、習い事への送迎、夕食・お風呂の対応、深夜に及ぶ延長など、そのサービスは様々。もちろん、利用料は高額になりますが、そこまでしてくれるなら…と思う保護者も多く、こちらも順番待ちになるほど人気の場所もあります。

【2-3】学童保育の利用料は?

月謝のイメージ画像,共働き,小1の壁,学童保育

公立の学童保育は月に3000円~7000円程度、民間の学童は幅があり1万円程度から送り迎え・延長・学習指導などがついている場所は5万円というところもあります。

自治体によっては、保護者の収入などによって、免除される場合も。
料金はサービスにもよりますので、利用料金については、直接施設に確認してみましょう。

【2-4】学童保育の問題とは?

学童保育をめぐる問題もさまざまなものがあります。

まず、入れない児童が多数いることです。

今年度からは、今まで明確に基準が設けられていなかった定員についても、厚生労働省の基準で1クラス原則40人まで、と決められることになりました。

年間250日以上、平日は3時間以上開設する、という基準も同時に設けられています。

こうした基準ができることで、今までの狭い場所に多数の児童がギュウギュウに押し込めらている、というような状況は減ると思われるのですが、指導員の確保が急務となっています。

児童の指導に当たる放課後児童支援員は待遇が十分でないとも言われており、保育士同様、待遇の改善が指導員増加のカギになりそうです。

また、学童保育が必要な状況でありながら、学童保育になじめない子どもの存在などもクローズアップされています。

学童保育にせっかく入れたものの、子どもがなじめず、親がやむなく退職するといった問題も起きているようです。

【3】入学後直面する小1の壁 その実情とは

【3-1】小1の壁体験談~学童保育編~

学童保育に入れたはいいけれど、様々な壁にぶつかる小学校1年生のママパパ。
実際に、学童保育にお子さんを入れているママパパの感想を集めてみました。

「学童の先生が若い派遣社員の方で、対応に不安を感じたためです。派遣社員の方の入れ替わりが速く、通っている子どもの区別もついていないだろうと思いました」(東京都・中野区・公立学童)

「長期休みの時に利用しています。 普段の学校の日には定員オーバーで入れませんでした。
子どもはお友達と遊べるので楽しく通えているようですが、今のところそこしか入れるところがありません」(福井県・公立学童)

「学童は学童でいろいろな学年の子どもたちがいるのでトラブル等はあります。ですが仕方ないので信頼できるように子どもから話は聞けるときは聞いています」(兵庫県・民間学童)

「送迎付きで助かっていますが、学童の都合で、家に着くのが19時半過ぎなので、もう少し早く帰してほしい。何故だか宿題を終わらせてきてくれないので、夕飯、風呂、宿題とやっていると、家での時間が少ない」(神奈川県・民間学童)

なかなか、うまくいかないこともおおくありそうです。

一方、
「学童の時間に宿題を終わらせてくれるので帰宅後は、ご飯を食べて家族の時間を作れるので満足しています。
学童に入れる前は、自宅で宿題をさせて家族の時間もなければ、宿題の事で親子喧嘩になったりしていたので親子共にストレスが減りました」(大阪府・大阪市)

「学童に行くと、家ではできない遊びや学びが経験できるようで本人も楽しく満足しているので 親としても満足です」(北海道・公立学童)

と、満足されている方も。

お子さんに合った学童を見つければ、少し、小1の壁も薄くなるかもしれませんね。

【3-2】小1の壁体験談~PTA活動編~

平日のPTA活動はママたちの悩みどころ。さまざまな「壁」があるようです。

「PTAの役員決めが大変だった。参加しない人や下に小さい子どもがいる人もおり、そうした人たちは免除されるのだが、仕事は考慮されない。仕方がなく、活動の大半が休みの日に行われるところに手を挙げたが、第一回の集まりは平日の午前中で、慌てて休日の申請をした」(miraiさん)

「下校パトロールというものがあります。子どもたちの下校を見守る当番なのですが、毎週水曜日の午後で、当番の日は1日休みを取らなければなりません。10~15分で終わるのですが、実施するのがちょうど昼過ぎなので、半休で対応できないのがつらいです」(エリママさん)

「PTAの活動自体はいいのですが、慣例的に部会のあとはランチが行われ、途中で抜けることができない雰囲気です。せめて、部会だけで終われるようにしてほしい」(S・Rさん)

働くママがこんなに増えてきたというのに、未だに小学校のPTA活動は、平日の昼間前提のものが多いですよね。最近は、ママたちの参加回数を少なくしたり、パパたちも多く参加するなど、少しずつ変わってきている風潮ではありますが、まだまだ、やりにくい部分は多いようです。

【3-3】小1の壁~小学校から突然お知らせ編~

小学校からのお知らせは、猶予がないものも多く、働くママたちを焦らせることも。

「小学校から1週間以内に学用品を用意してください、という連絡が。期間が短く、また、指定した店舗で買わなければならないものがあるにもかかわらず、その店の営業時間は夕方4時まで、土日は休み。仕方なく、1日遅刻して対応しましたが、もう少し余裕をもってお知らせが欲しい」(muromuroさん)

「来週の図工の時間までにトイレットペーパーの芯を3本持ってきてください、というお知らせが。普段から準備していないし、そんな短期間にトイレットペーパーを使うこともできず、困りました。最終的には真新しいトイレットペーパーの芯を外して、持たせました」(ゆうたの母さん)

「細かい下校時間が月頭に来るお知らせにしか記されておらず、パート勤務の時間帯をしばしば変更せざるを得なくて困る。パートだということで、学童保育も待機になってしまっており、高額なので民間の学童にも預けられない。下校が極端に早くなるにもかかわらず、教職員の研修、など保護者にはよく分からない内容のものが多くて、嫌になります」(saemamaさん)

お知らせをもらっていても、子どもが出してくるのが遅かったり、ということも。もっと早く言ってくれれば対応できたのに、ということ、本当に多いですよね。

【4】小1の壁を乗り越えるための 対策とは

【4-1】小1の壁を乗り越えるための対策~学童保育は情報収集が命!

「壁」の存在がある以上、乗り越えるための方策をいろいろ考えなくてはなりません。

まず、学童保育の「壁」ですが、入れるか入れないか、は実は自治体にもよります。

待機児童が多そう、というイメージの江東区や世田谷区、実は学童の待機児童がゼロという報告があります。

最近では、親の就労の有無にかかわらず、子どもが放課後健全に遊べる場所、ということで学校の空き教室を活用した事業などが行われています。申し込みさえすれば、誰でもそこを利用することができる自治体も増えているのです。

そして、こうした事業の中にも就労証明書を出すと、夜7時まで預かってくれる、という制度を持っているところもあります。


まずは、お住まいの自治体に尋ねてみて、自分が活用できる制度がないか、調べてみるようにしましょう。

【4-2】小1の壁を乗り越えるための対策~小学校のPTAはママ友ネットワークで

,共働き,小1の壁,学童保育

小学校のPTAの「壁」は、とにかくママ友を作り、コミュニケーションを密にすることです。

「ママ友作り」なんていうとめんどくさそうですが、学校生活を一緒に乗り切っていく戦友、みたいなものですからいるに越したことはありません。

例えば「PTA会合」ひとつ取っても、この日は自分が出られないが、ママともの誰かが出られる、ということであれば代わってもらうことができます。もちろん、自分もできることは、惜しまず助けの手を差し伸べるようにしましょう。

そして、意外ときっぱりと「私は、この条件ならできます」と明確にしておくことも大事です。
「ちょっとー、わからないんでー」という感じにすべてを避けていくと、反感を買います。

しかし、「この日やこの時間はダメですがここならできます」と態度を明確にしておけば、意外と上手に予定を避けてもらったり、休むこともできたりします。

こうした人間関係は、災害や自分の病気・ケガなど突発的な出来事のときでも、威力を発揮しますので、保育園・幼稚園などの出身にこだわらず、積極的にやってみてください。



【4-3】小1の壁を乗り越えるための対策~突然のお知らせ対策は先生とのコミュニケーション

学校からの呼び出し電話,共働き,小1の壁,学童保育

学校からの突然のお知らせ対策は、こまめにチェック、くらいしかできることがない、と思ってしまいますよね。

フルタイムで働き、部下も抱えるママさんは「先生とのコミュニケーション」で乗り切っていると教えてくれました。

「残業もあるし、部下もたくさんいるので、学校行事に出席できないことも多いです。でも、その分、子どもの連絡帳に日常の細かなことなどを書いて、先生とのコミュニケーションを密にするようにしています」(miraiさん)
確かに、子どもの詳しい状況を学校行事などで見られない場合も、先生とのコミュニケーションを取っておけば安心ですし、先生と話をすることができれば、自分の勤務状況なども分かってもらうこともできますよね。

例えば、突発的な状況に対応しきれないとしても、子どもに対する先生の対応は違ってくるでしょう。

先生にもよるのですが、コミュニケーションは大事そうです。

また、この部分は子どもにしっかりお願いしておくことも大事です。工作の道具が必要であれば、普段から早めに親に伝えるように言っておく、何なら自分で工作用に様々なものをキープしておくように言ってもいいのです。

子どもの学年が少し上のママさんたちと知り合いになるのも良い方法です。年度によって異なることもあるのですが、子どもたちのカリキュラムは似たものになることも多いです。先輩ママたちに、この時期はこれがあるよ、と教えてもらえば、早めに先生に「こうした行事があるようですが、今年はいつの予定ですか?」と尋ねることもできます。

【5】小4の壁も

【5-1】小4の壁とは?

小学校3年生で学童保育が無くなることから、「小4の壁」もある、といわれてきました。

今まで学童に安心してお任せできたのに、4年になったとたん、鍵を渡してひとりの時間が増えてしまう、といったものです。

また、別の意味の小4の壁もあります。中学受験の勉強で塾通いを始めるのがこの年代くらいからが多く、中学受験の半分は親がする、という人もいるくらい、子どもの勉強を見てやらなければならなくなるからです。

受験をしない子どもでも、精神的に大人への一歩を踏み出す年齢となることから、言うことを聞かなくなったり、「ギャングエイジ」を呼ばれることも。

こうしたことから様々な意味で「小4の壁」という言葉が使われるようになっているようです。

【5-2】「小4の壁」はどう乗り越えるか

「小4の壁」は、「小1の壁」とはタイプが違います。

「小1の壁」は、制度の改善で対応できるものが多いのですが、「小4の壁」は親が子どもとどう向き合うか、ということと直結しています。

たとえば、ひとりで家にいる時間が長くなると心配、という問題は、実は平成27年度から学童保育の基準が小学校6年生まで延ばされたことで、解消できる方向に進みます。

しかし、では、預かってくれる場所があるから、いつまでもそこで預tけておけば良いのか、という問題も出てきます。

親は心配ですが、子どもは毎日大きくなっていきますから、ひとりで留守番できる日も来ます。

小学校4年生からは、算数など学校の授業もどんどん難しくなっていきます。そうしたことへの対応は、預かってくれるところがあるかないか、とは性質が違ってきます。

この「小4の壁」は、親が自分の仕事をしながら、子どもとどう向き合っていくか、を改めて考える時期が来ている、というお知らせでもあるのです。

まとめ

「小1の壁」いかがでしたか? 待機児童の問題から解放されたと思ったら、すぐにやってくる難題の数々。会社からは、小学生になったんだから、と視線が厳しくなり、子どもはすぐに大きくなるわけでもない。つらい状況ですよね。

しかし、状況は年々確実に良くなっています。学童保育の数も増えていますし、その種類も増えてきています。

子どもの数年は確かに大事な人格形成の時期ですが、子どもはどんどん大きくなっていきます。できることも増えていきますから、その時に応じた対応を家族でよく話し合いながら、上手に進めていきたいものですね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP