知っていましたか?読み聞かせのコツとNG行為

知っていましたか?読み聞かせのコツとNG行為

Bu facebook
Bu twitter
多くのご家庭でママさん・パパさんたちがお子さんに絵本の読み聞かせをしていることと思います。
お子さんにとっては「読んでもらう」という行為自体が喜びであり、大人になってからの幸せな記憶の1つになるそうです。
でも、読み聞かせの時についつい感情を込めて読んでしまうことはありませんか?
その読み方、せっかくのチャンスを逃しているのかも…。
■効果的な読み聞かせで想像力アップ!絵本の読み聞かせのコツとは
絵本を一緒に読んでいるとこっちも楽しくなってついつい声色を変えてみたり、感情を込めて読んでみたりしたくなるもの。そうした読み方も楽しくてお子さんが喜んでくれると思いますが、読み聞かせの効果をあげるポイントがあることをご存知ですか?
ママさんたちが読み聞かせのコツを教えてくれました。
『絵本の内容を子供自身にイメージさせるためにも、感情移入したら良くないそうです。
声色を使ったりすると楽しいけど声色の印象が強くなって絵本の印象がなくなってしまうらしいです。』
『感情を込めて読むと話に集中できないからではなく、子供の想像力を阻害してしまうから良くないって聞いた。』
『これは乳児や幼児に限らず小学生にもだよ。
感情を込めて読むのはNG。
子供たちの中での想像を膨らませられなくなるって、図書館の司書の先生から言われた。』
■まだまだあります。効果的な絵本の読み聞かせ方。
絵本の読み聞かせをたくさんしてあげると、自然と本が好きになり、読み書きや人の話を聞く力、理解力、読解力もついてくると言われていますよね。
読み聞かせの時にママさんたちが他に気を付けている点もご紹介します。
『○○が面白かったね、とか自分から感想を言わないようにしている。
子供が何かを感じる前に決めつけみたいになっちゃいそうだから…。
子供に共感するのは良いことかもね。 』
『早口で読まないで、言葉1つ1つ丁寧に読むと良いらしい。
時間無いから早口で、はしょって読んじゃう時もあるけど…(笑)』
『読み終わった後に、これはなに?とか聞くのも良くないみたいだよ。
聞かれるから覚えておかなきゃって思いながら読んじゃうから。』
絵本は一緒に読むことで、親子で同じ本の世界を共有できる素敵なコミュニケーションツールの1つですよね。
お子さんと一緒に楽しく読めることが一番大切なことだと思いますが、ほんの少し気を付けて読んであげることでより様々な力が育っていくようですよ。
たくさん絵本を読んで、色々な刺激を吸収し、好奇心たっぷりな子になってくれたら嬉しいですね。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP