ママだって休みたい!月齢別・ママが1人になれる場所

ママだって休みたい!月齢別・ママが1人になれる場所

Bu facebook
Bu twitter
■ママだって休んでいいはず
待ちに待った赤ちゃんが生まれて楽しい日々のはずが、思っていたより大変だったと感じたママたちは多いはず。3時間毎のミルクにおむつ交換、洗濯物も増え日常的な寝不足の生活。それに加えて家事もとなるので、ママはもうオーバーワーク。休みたい、1人になりたいんです。
■新生児~6ヶ月
この時期はママもまだ育児に慣れず、精神的に一番大変な時期です。できるなら家族や周囲に手伝ってもらいたいところですが、外出するのもまだ大変な時期なので、出かけるよりも誰かに来てもらう方がいいでしょう。
なかなか家族が頼れない方は、ベビーシッターさんを自宅に手配することもできます。ベビーシッターさんはママが自宅にいても利用することができるので、他人に預けるのが心配な方にもオススメです。
■6ヶ月~1歳
育児に少し慣れ、赤ちゃんもしっかりしてきます。託児施設に預けられるとママが思うタイミングはこの時期かもしれません。映画館や美容院と提携している託児施設もあります。
デパートなどにあるプレイスペースにもデビューする頃です。家族でお買い物へ行き、パパと赤ちゃんはプレイスペースへ、ママはお一人様でお買い物をしたりカフェへ行ったりなんてことにもチャレンジできます。
■1歳~2歳
歩き回るようになり、行動範囲が広がります。ママの運動面での負担が増える時期でもあります。この時期にオススメなのは親子カフェです。親子ばかりの店内なので、騒いでも泣いても心配ありません。お店によっては保育スタッフが常駐していて、一緒に遊んでくれます。遊んでいる子どもを見守りながら、ママはコーヒーを飲んだり本を読んだりできます。料金的にもお手頃なので、筆者も愛用しています。
■ママのお一人様時間にはパパの理解が必要
託児施設やベビーシッターの利用にNGを出すパパはいます。他人に我が子を預けてまで遊びに行くのか?という否定的な考え方や費用的な負担がその理由です。しかし疲労がピークのさなか子どもを預けて行く美容院、それはママのワガママでしょうか? 筆者はそうは思いません。

出産前にはできていた事ができなくなってしまったママの心情、パパにはぜひ理解していただきたいと思います。

1人の時間、楽しんで過ごしてくださいね。

ライター後藤
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP