“エアコン冷え”を軽減! 基礎代謝を上げるヨガ「バッタのポーズ」

“エアコン冷え”を軽減! 基礎代謝を上げるヨガ「バッタのポーズ」

Bu facebook
Bu twitter
夏になるといつも調子が悪い……。そんな人は、エアコンを多用する夏こそ「冷え」の対策が必要です。男性の体に比べると、圧倒的に筋肉量が少ない女性の体は、元々熱を生産しにくい構造。だからこそ、体の熱生産を促す「骨格筋(運動して増やせる筋肉)」に働きかけるトレーニングが最適です。そこで今回の連載では、エアコン冷え対策にぴったりなヨガ「バッタのポーズ」をご紹介します。

■基礎代謝量を高める「バッタのポーズ」とは?

今回のテーマ「バッタのポーズ(シャラバ・アーサナ)」は手足を引き伸ばし、拮抗する力(手足を張り合う力)で胸と足を持ち上げた軽やかな姿勢を作ります。主に背中、お腹、ヒップ、太モモ裏という骨格筋を鍛え、収縮させることで、体内に効率よく熱を作り、基礎代謝量を高めます。つまり、ダイエットにも味方する“燃えやすい体”が作られるということ。そして、正しい姿勢を保つための筋肉を鍛えるので、美しい背筋とヒップラインにも貢献。さらには、姿勢が整うことで、心もシャキッと前向きになるなど、まさにいいことずくめのオススメポーズです!

■「バッタのポーズ」手順

(1)うつ伏せの姿勢からスタート。

(2)息を吸いながら左手と右足を拮抗させ、伸ばして持ち上げる。次の吐く息でうつ伏せの姿勢に戻り、ひと息ついてリラックス。続いて、次の吸う息で、右手と左足を伸ばしながら持ち上げ、吐く息で戻る(3セット繰り返す)。

(3)息を大きく吸いながら、両手両足を伸ばして持ち上げる。手と足を拮抗しながら、お腹がバランスの中心になるようにし、このままの姿勢で3呼吸キープ。吐く息でポーズをほどいたら、うつ伏せの楽な姿勢で脱力。

※ポーズの注意点

アゴを軽く引き、うなじを伸ばすと、首や肩まわりの緊張がゆるみ、呼吸が深まります。深い腹式呼吸を繰り返しながら、お腹部分で前後に揺れる動きに身を任せましょう。

■本日のレッスンまとめ

呼吸の役目は“血流を促し、体内で作られた熱を体の隅々にまで運ぶ”こと。深い呼吸とポーズの相乗効果で、じんわり温まる体を実感してください。ちなみに、ポーズによる意識的な筋肉の緊張状態と、ポーズを解いたあとの体が弛緩(しかん)した状態の動きの緩急が大きければ大きいほど、効果は倍増しますよ。

(監修・文:村上華子、撮影:masaco)

※次回は8月14日(日)更新予定。お楽しみに!

関連リンク
エアコンで体が冷えてない? ハーブの「足湯」で夏冷え対策!
ごろんと寝転ぶだけ! 婦人科系の不調を和らげる「ハッピーベイビーのポーズ」
脚のだる~い疲れを解消。すっきり美脚を作る「サギのポーズ」
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP