卵子が残り何個かわかるって本当!? 不妊治療ってどんなことするの?

卵子が残り何個かわかるって本当!? 不妊治療ってどんなことするの?

Bu facebook
Bu twitter
前回から不妊にまつわる話をお届けしています。30歳を過ぎてから子づくりを考えはじめるカップルが増えた今、不妊治療に挑むカップルも年々増加しているそうです。日本は世界一の不妊大国ともいわれ、新生児の40人に1人が体外受精などの高度な生殖医療によって生まれているそうです(日本産科婦人科学会調べ)。それでは不妊治療とはどのようなものなのでしょうか。

不妊の原因はひとそれぞれ。どんな原因があるのか検査する

不妊の原因はひとそれぞれですから、どんな原因があるのかまずは検査をします。不妊症の原因は、女性のみ41%、男性のみ24%、両方とも24%、原因不明11%とされ(WHO調べ)、半数は男性が原因です。そのため検査は女性と男性の両方とも行うことが大切です。

女性が受ける基本的な検査

女性の受ける検査の多くは、月経周期に合わせて順に行われます。基礎体温表は日々つけているものを持参します。

<基本的な検査例>
基礎体温、問診、膣鏡診、内診、直腸診、頚管粘液検査、子宮頸がん検査、クラミジア検査、ホルモン測定、子宮卵管造影、子宮内膜組織診断、抗精子抗体検査、AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査 など

子宮卵管造影……X線造影検査で子宮や卵管の形、管が詰まっていないかなどを調べる
子宮内膜組織診断……子宮内膜が受精卵を着床できる準備が整えられているか調べる
抗精子抗体検査……免疫反応を起こして精子を異物としてブロックする抗体がないかどうかを調べる

※ちなみに男性の場合は精液検査を行います

あなたの卵子は残りあと何個?

私たちの卵子は、お母さんのお腹にいる妊娠6カ月までにすべてをつくり終わっています。それ以降新たにつくられることはありません。胎児の時700万個だったものが、産まれたときにはすでに200万個くらいに減っています。以後減少を続け、37歳くらいからはスピードを上げて減っていきます。

最近話題になっているAMH検査という血液検査をすれば、卵巣の中に、卵子になれる卵胞の数がどのくらい残っているのか、つまり排卵リミットの目安がわかります。生理不順などの症状が起きる前に機能がわかるということで、注目されている検査です。ただしAMHの値が低いからといって、「もう排卵がない」とは一概には言えません。あくまで今の時点でどうなのかという話なので、「残り何年間妊娠できる」と将来を予測することもできません。

>2.【体外受精と人工授精のちがいを知ってる?】

関連リンク
【産むためのカラダづくり】2.卵子が残り何個かわかる!? 不妊治療ってどんなことするの?
【産むためのカラダづくり】知ってて損はない☆ ずばり妊娠にベストな年齢は?
【漢方美人】速効性もある? あなたの体質に合った漢方薬は?
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP