小さくても大きくてもダメ!正しい歩き方のためにピッタリサイズの靴を選ぼう

小さくても大きくてもダメ!正しい歩き方のためにピッタリサイズの靴を選ぼう

Bu facebook
Bu twitter
靴のサイズ 選び方

幼児期の子供の成長は本当にあっという間です。特に、足の成長は早く新しい靴を買ってもすぐにサイズアウトしてしまいますよね。

子供の足の成長に気づかずに、きつい靴を履かせ続けてしまったり、せっかく買った靴をなるべく長く履かせるために大きめのサイズの靴を履かせてしまったりするママも多いのではないでしょうか。

しかし、幼児期の子供の足は、まだ骨もやわらかく、適したサイズの靴を選んであげないと、子供の足の成長や歩き方に悪い影響を及ぼしてしまう可能性もあるのです。

そこで今回は、子供の靴の平均サイズや、子供靴の正しい選び方などをご紹介します。

3カ月に一度はサイズをチェック!

最初に、幼児の靴の平均サイズを見てみましょう。

年齢身長靴のサイズ
2歳90~95cm12~14cm
3~4歳95~105cm14~16cm
5~6歳105~115cm17~18cm
7~8歳115~125cm19~20cm

あなたのお子さんはどのくらいのサイズでしょうか。

幼児期の子供の足はどんどん成長しますし、メーカーによってサイズ感に微妙な差もありますので、少なくとも3ヵ月に一回は、サイズをチェックしてあげるようにしましょう。

子供は少々きつい靴を履かされていたとしても、足の骨が柔らかいため痛みを感じにくいそうです。なので子供が「まだきつくない!大丈夫!」と言ったとしても、3ヵ月ごとに足にあった靴を買い替えていくようにしましょう。

子供靴を選ぶときの5つのポイント

子供の足は、まだ骨が柔らかく、変形しやすい状態ですので、子供の足の成長のためにも、正しい靴選びをしてあげることが非常に大切です。

子供靴を選ぶ際は以下の点に気をつけましょう。

つま先に5ミリ程度の余裕があること。

実は“ぴったり”よりも5ミリ程度余裕があるのがちょうどいい状態なんです。ですので、つま先を触って余裕を確かめてあげましょう。

足に合わせて、ワンタッチテープや紐で甲の部分を調節できること。

靴のかかとと足のかかとをぴったりつけた状態で、しっかりワンタッチテープで固定してあげることが必要です。

つま先が広く厚みがあり、少し反りあがっていること。

子供は足で地面をつかむようにして歩くため、指を自由に動かせる余裕があるほうが良いでしょう。また反りがないと蹴りだしにくくなってしまい、つまずきの原因になるそうです。

足が曲がる位置で、靴も曲がること。

靴と足が同じ場所が曲がらないと、歩く度に足に負担をかけてしまいます。サイズが大きい靴だと、この位置がずれやすいので注意が必要です。厚底の靴も避けましょう。

適度に弾力のある靴底であること。

地面からの衝撃を緩衝するため足を守ることができます。

実際にフィッティングしてみましょう!

まずは百貨店などの子供靴売り場で、正しい子供の足のサイズを測ってもらいましょう。足の大きさだけではなく、幅や甲の高さなどをプロの目で見てもらい、子供に一番合っている靴を教えてもらうことをおすすめします。

いざ子供に合いそうな靴を見つけたら、必ず実際に履かせてチェックしましょう。子供に靴下をはかせ、足のかかとと靴のかかとをぴったり合わせた状態で、子供を立たせてみます。

このとき、足のつま先に5ミリ程度の余裕があるかどうか、歩きやすそうかどうかなどを確認することを忘れずに。

また、足は左右で微妙にサイズが違うもの。片足だけ履かせるのではなく、必ず両足で履いて違和感がないか確認することも必要です。

幼児期は、『土踏まず』が形成される、子供の足の成長にとっては非常に重要な時期です。

この時期に正しい靴を選んであげることは、子供の足を扁平足や外反母趾などの障害から守ってあげることにつながります。

オシャレな靴や、お手頃価格の靴に魅かれてしまう気持ちをおさえて、子供の足のことを一番に考えた『正しい靴選び』をしてあげることが親の愛情なのかもしれませんね。

写真/tableatny 参照/ トレンドタウン「子供の靴のサイズ平均は?年齢別の表はコレ!!」 アシックス「子どもの靴の選び方」 IFME「子どもぐつの正しい選び方」 こそだてハック「子供の靴のサイズ表!選び方や注意点は?年齢別の平均はどれくらい?」

関連コラム

子供の指が曲がる…。ハンマートゥを防ぐには
幼児用ドリルを活用してみよう!選び方のポイントとおすすめ幼児ドリル
兄弟差別で起こる子供への影響『カイン・コンプレックス』
子供が「アイドルになりたい!」と言い出した!あなたならどうする!?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP