こども(15歳以上)「発熱」があるときの救急受診ガイド

こども(15歳以上)「発熱」があるときの救急受診ガイド

Bu facebook
Bu twitter

子どもが発熱した場合に、「病院やクリニックに行った方がいいかどうか?」「救急車を呼んだ方がいいかどうか?」などで迷ったときは、以下のガイドをご利用ください。

主な症状

・熱が出た
・熱がある
・体が熱い
・悪寒がする
・震えている
・熱が下がらない
など

≪チェック①≫

以下の症状はありますか?

・意識がもうろうとしている。または、おかしなことを口走っている。
・1日中ウトウトしている。
・興奮している。または、あばれている。
・ひどい頭痛がある。

【ひとつでも症状がある】

緊急度が高いと思われます。今すぐに119番に電話して救急車を呼んでください

【どれにもあてはまらない】

≪チェック②≫をご確認ください

≪チェック②≫

以下の症状はありますか?

・生後3ヵ月末満で、38℃以上の発熱がある。
・尿の量が減ったり、尿の色が濃くなったりしている。
・水分を十分にとれていない。
・ひどい下痢をしている。
・吐き気がある。
・皮膚や唇が乾いている。
・ひどい腹痛がある。
・ステロイド剤服用中、免疫不全、悪性腫瘍、先天性心疾患などで病院にかかっていて、熱が出たらすぐ病院に行くように言われている。
・暑い所にしばらくいた。または、激しい運動の後である。
・熱(38℃以上41℃未満)があり、まだ病院を受診していない。
・痰(たん)のからんだせきが出る。または、黄色や緑色の鼻水が出る。
・尿を出すときに痛がる。
・全身が赤い、または、発疹(体が赤くなっている。または、じんましんのようにブツブツが出ている)がある。
・耳を痛がっている。
・耳の穴から膿(うみ)が出ている。または、耳だれがある。

【ひとつでも症状がある】

2時間以内を目安に病院で受診しましょう

【どれにもあてはまらない】

当日又は翌日の通常時間に病院で受診しましょう

応急手当等

・あまり厚着をせず、楽な服装にしましょう。ただし、寒気があるときは温かくしましょう。
・体を冷やす場合は、タオルでくるんだ保冷剤や、よく絞つたタオル等をわきの下や足の付け根に当てましょう。嫌がるようなら無理にする必要はありません。
・処方された解熱剤がある場合は、体温が38.5℃以上の場合に服用してもよいでしょう。

本記事について

本記事の内容は、横浜市救急受診ガイド(以下「当ガイド」という)に記載されています。

当ガイドは、急な病気やけがをして、救急車を呼ぶべきか、医療機関を受診すべきか、迷ったときにご自身による判断の一助となることを目的としています。

当ガイドは、「平成25年度緊急度判定体系に関する検討会」(総務省消防庁)において策定された緊急度判定プロトコルver.1及び電話救急医療プロトコル(日本救急医学会監修)を参考としており、「平成26年度横浜市救急業務検討委員会」において承認を受けたものです。

このガイドの内容は、平成25年10月現在の医学的判断基準をもとに作成されています。今後、内容は変更される可能性があります。

本記事で紹介している症状以外に関する救急受診については、以下の関連リンクより横浜市救急受診ガイドWEB版をご活用ください。

この記事に関連するリンクはこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP