授乳インナー使ってる?ベタつく夏は、インナーにこだわろう。

授乳インナー使ってる?ベタつく夏は、インナーにこだわろう。

Bu facebook
Bu twitter

ママと赤ちゃんの肌と肌が、ぴったりくっつく授乳タイムは、とても幸せな時間です。夏の暑い日でも赤ちゃんとママが、サラっと快適に過ごすことのできる授乳インナーの魅力をご紹介します。

実は必需品と言っても良い授乳インナー

「授乳のためだけにわざわざ揃えるのはもったいない」という方もいらっしゃるかと思いますが、普通の下着やキャミソールなどと比べて、授乳インナーは快適さや便利さが格段に違います。一度使ってみると、多くの人が、授乳インナーの使い勝手の良さに魅了されると思います。ただでさえ暑さが体に堪える夏。赤ちゃんを抱っこしていると熱がこもってしまって、余計に暑く感じてしまいます。ママも赤ちゃんもストレスが少ない授乳タイムになるように、授乳インナーも上手に取り入れたいですね。

この授乳インナーはハズせない!

数ある授乳インナーの中でも、とにかくオススメなのが、こちらの授乳インナー。

授乳対応産後レースタイプクロスオープンキャミソール【ネット限定カラーあり】

1,200(税込¥1,296)
こちらの授乳インナー、見た目はおしゃれなキャミソールですが、ただのキャミソールと侮ることなかれ。

ママの声を具現化した嬉しいポイントがこんなにたくさんあるんです!
①クロスオープンだから片手でサッと授乳できる!
②良く伸びてへたりにくい丈夫な素材
③ブラをつけずに1枚でもOK!(取り外せるパッド付き)
④背中が見えにくい長め丈
⑤外出時の授乳も横腹が見えず安心
このように、ママの「困った」をほぼ全て解決してくれるような素敵な授乳インナーなんです。
気になるお値段は1枚¥1,296(税込)。良心的なお値段が、実は一番うれしいポイントかもしれませんね!
これだけ魅力的なポイントがそろっている授乳インナーは、意外と見つからないと思います。「クロスオープン型にはなっているけど、パットが付いていないから1枚では着られない」「使いやすいけどすぐヨレヨレになってしまう」「機能性は優れているけど値段が高い」など、「あと一押し!」と思うものも多い中、これだけ多くの魅力を網羅している授乳インナーは、使ってみる価値がありますよ。

なお、「クロスオープンタイプ」とは、こちらの写真のように、片方の胸だけを片手でさっと出せるように、パットを引き下げやすくなっているデザインのことです。

胸元がクロスオープンタイプになっているかいないかでは、授乳のしやすさが格段に違ってきます。「いかに楽に授乳ができるか」という点は、ママと赤ちゃんのストレスの軽減にも直結することなので、母乳育児を行う上で、無視することはできない重要なポイントです。

さらにこちらの授乳インナー、嬉しいことに選べる24パターンのカラーや柄。シンプルな無地のものはもちろん、ボーダーやドット、花柄まで揃っています。夏は薄着になることが多いので、授乳インナーもおしゃれにキメたいですね。夏は汗をかいたらすぐに着替えられるように、いくつか色柄違いで用意しておくと良いですよ。

ハーフトップタイプならコチラ。

キャミソールではなく、やはりハーフトップタイプの方が良い!という方には、こちらの授乳インナーがオススメです。

授乳対応クロスオープンハーフトップ【ネット限定カラーあり】(桝谷)|通販のベルメゾンネット

1,300〜¥1,400(税込¥1,404〜¥1,512)
こちらもクロスオープンタイプなので、授乳のしやすさは変わりません。キャミソールタイプの授乳インナーよりもアンダーのホールド感があるので、バストを包み込む感じやサポート感が欲しい方には、ハーフトップタイプの方が使いやすいかもしれません。綿混素材なので夏でもベタつかず、また柔らかい素材なので赤ちゃんの肌に触れても安心です。

授乳タイムを我慢タイムにしないで!

夏の暑さは、残念ながら変わることはありませんが、少しでも快適に過ごせるように対策を立てることで、ママも赤ちゃんも笑顔で夏を乗り切ることができますよ!
夏の授乳タイムが、より一層幸せな時間となりますように。

元のページを表示 ≫

関連する記事

ママと赤ちゃんの肌と肌が、ぴったりくっつく授乳タイムは、とても幸せな時間です。夏の暑い日でも赤ちゃんとママが、サラっと快適に過ごすことのできる授乳インナーの魅力をご紹介します。 実は必需品と言っ…
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP