ロンパースって何?赤ちゃんにぴったりな着せ方を含めてご紹介!

ロンパースって何?赤ちゃんにぴったりな着せ方を含めてご紹介!

Bu facebook
Bu twitter

赤ちゃんの服といえば、やっぱりロンパース!ロンパースは赤ちゃんの時期にしか着せないアイテムであり、赤ちゃんの特権ですね。

見た目もかわいいですが、「お腹を冷やさない」という機能性が支持される理由だと思います。今回はそんなロンパースを紹介します。

ロンパースとは?

赤ちゃんのお腹を守るウェア

赤ちゃん仰向け笑顔,ロンパース,赤ちゃん,着せ方

ロンパースとは、主にハイハイ期の赤ちゃんの為に作られた、シャツとズボンが一体になったウェアです。いわゆる”つなぎ”ですね。

抱っこやおんぶをしても、また動きが活発な赤ちゃんでも、着崩れたりお腹がはだけません。股の部分がスナップになっており、おむつ替え時には全開になり便利です。

ロンパースはウエアに分類される場合が多く、デザインもかわいいものが多いですが、メーカーによっては肌着もロンパースと呼ぶ場合もあります。それは、臨機応変に判断してくださいね。

ロンパースを着る時期はいつ?

生後3ヶ月頃から2歳半頃まで、長く着れます

ハイハイ赤ちゃんロンパース,ロンパース,赤ちゃん,着せ方 出典:www.amazon.co.jp

ロンパースは、生後3ヶ月頃から2歳半頃までの長い間着ることができます。だいたいトイレトレーニングが始まる前まで...というところですね。

ロンパースのサイズ目安は、一般的にはだいたい、生後3ヶ月~6ヵ月頃までが60cm、6ヵ月~1歳ごろまでが70cm、1歳~1歳半頃までが80cm、1歳半~2歳半頃までが90cmです。

売られているロンパースも、だいたい90cmまでですね。

ロンパースの選び方

成長に合わせて機能性も合わせましょう

おすわり赤ちゃん男の子ロンパース,ロンパース,赤ちゃん,着せ方

ロンパースには前開きのものと、頭からかぶせるものがあります。

生後3ヶ月頃のまだ首のすわっていない赤ちゃんには、寝かせた状態で着せやすい前開きのものを買った方が無難です。

首がすわるとかぶせるものも安心して着せられるようになりますし、寝返りやハイハイをしだしたりして大人しく寝転んでいられなくなったら、余計にかぶせるタイプの方が着せやすいんですよ。

また、背中で留めるタイプも見たことがあります。これは、「赤ちゃんがハイハイをしながらでもボタンが留められる」というものでした。

下着タイプのロンパースは、裾が無く股の部分でのみスナップを留めるような形をしています。

ウエアとしてのデザイン性の高いロンパースの場合は、全くの”つなぎ”感覚のものになり、裾があるものになります。

【ロンパースの季節ごとの着せ方】春

羽織るもので調節

カーターズロンパース,ロンパース,赤ちゃん,着せ方 出典:amzn.to

春は、綿100%のものや肌にやさしい素材の長袖のロンパースを着せましょう。

まだ肌寒いことも多い春は、ロンパースの下には半袖の肌着を着せるようにしてくださいね。

またおでかけの際には、昼と夜の寒暖差があるため、または紫外線対策のためにも、羽織るものを用意しておきましょう。

新生児の赤ちゃんでなければ、段々あたたくなるにつれ、肌着を着せなくてもロンパース一枚にしていってもOKですが、肌着を着ない場合には特に、吸湿性の高い素材のロンパースを着せるようにしましょう。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【ロンパースの季節ごとの着せ方】夏

肌着タイプの半袖ロンパースを賢く活用!

カーターズ(Carter's)【2014年春夏最新作】男の子用カラフルパイレーツボーイポケット付き半袖ボディースーツ,ロンパース,赤ちゃん,着せ方 出典:amzn.to

夏は、汗をよく吸ってくれる薄手の綿素材で、さらりとした手触りの半袖ロンパースがよいでしょう。

また、肌着タイプの半袖ロンパース+ボトムズというスタイルもおすすめですが、部屋着でしたら、肌着タイプの半袖ロンパース一枚でも十分です。

通気性もよく、赤ちゃんの動きを妨げる心配もありませんし、肌着として1年中着ることもできるので、多めに買っておいてもいいですよね。

注意していただきたいのは、首がすわる前の赤ちゃん。特に新生児はまだ体温調節機能が未熟なので、夏の服装は肌着+ロンパースを着せるようにしましょう。

【ロンパースの季節ごとの着せ方】秋

パイルやスウェット素材で

2015年秋物はらぺこあおむしニットキルト,ロンパース,赤ちゃん,着せ方 出典:amzn.to

秋も、春同様薄手の長袖ロンパースですが、寒くなるにつれ、パイルやスウェット素材が良いでしょう。

パイルはタオルのような吸水性に優れた素材ですが、保温性もありますし、スウェット素材は伸縮性、吸汗性、防寒性に優れています。

また、トレーナーや長袖シャツ+ボトムズというようなスタイルの下に、下着タイプのロンパースを着せても良いでしょう。

お腹がはだけないので、安心です。おでかけの際には、寒暖差を考えて羽織るものも忘れずに。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【ロンパースの季節ごとの着せ方】冬

重ね着で調節

L’oiseaubleuトトロ風ロンパース,ロンパース,赤ちゃん,着せ方 出典:amzn.to

冬には、裏起毛やベロア、フリース、ニット素材などの、あたたかい素材のロンパースですね。

ただ、防寒性に優れた素材は、汗をあまり吸いませんので注意が必要です。またさらに、赤ちゃんは新陳代謝が良いので着せすぎは禁物。

室内では肌着1、2枚+ロンパース(または、肌着+下着タイプのロンパース+上下服)というように、薄手の素材を重ね着していくと、保温性もアップしていきますし、暑すぎると脱がせやすいので体温調節もしやすいです。

とても寒い時にはベストなどで調節してあげるのもいいですね。

そして、一度挑戦していただきたいのが着ぐるみロンパース。よちよち歩きだした赤ちゃんが着ていたら...たまらないかわいさですよね。

着ぐるみがこんなに似合うのは赤ちゃんだけです!もちろん筆者も子どもに着せました。

まとめ

いかがでしたか?ロンパースは赤ちゃんのお腹を守る、最良のアイテム。

たくさん動いてもコレで大丈夫ですので、いっぱい遊んで、一年中元気に過ごしましょうね!

そして、いかにも赤ちゃんなスタイルが、とってもかわいいロンパース。この時期にしか着れないロンパースを、存分に楽しみましょう!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP