お正月のディズニーでやっているイベントや楽しみ方を紹介!

お正月のディズニーでやっているイベントや楽しみ方を紹介!

Bu facebook
Bu twitter

もうすぐ2016年。慌ただしい師走の仕事納めが終わったら、年末年始のお休みが待っています。

せっかくの長期連休、「しっかりレジャーも楽しみたい!」「レジャーと言えばやっぱりディズニー!」という人も多いはず。今年のお正月のディズニーも、見どころ満載ですよ。

とはいえ、混雑状況や寒さなど、子連れだからこそ、心配な部分もいろいろとありますよね。イベント情報に加えて、子連れで行くときの注意点、楽しみ方などもご紹介します!

お正月のディズニーは混雑する?

face-886585_1920

ディズニー好きな人は「新年早々、やっぱりディズニーに行きたい!」と思うことでしょう。毎年注目されているディズニーのお正月ですが、今年もお正月だけの特別なディズニーが楽しめます。

気になる混雑具合はどうなのでしょうか。年末はやっぱりかなり混みますが、過去の傾向を見ると、意外にも大晦日~元旦は通常の混雑具合(もちろん、混むことは混むのですが)。ただし、2日~3日は入園制限も覚悟しなくてはいけないくらい混む可能性があります。

例年通りなら、仕事が始まっている人が多い5日以降の平日は空いているかもしれません
※あくまで過去の傾向による予想であり、混雑具合を保証するものではありません。

【住所】
東京ディズニーリゾート 千葉県浦安市舞浜1-1

【営業時間】
※開園時間は日によって異なるため、公式HPのカレンダーを要チェック。
22:00閉園

【料金】
1デーパスポート(東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのどちらかに入園可能)
18歳以上 6900円/中学・高校生 6000円/4~11歳 4500円/3歳以下無料
※他にもチケットの種類はたくさんあるので、遊び方にあわせて選んでください。

【電話番号】
0570-00-8632(東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター)

【アクセス】

東京ディズニーランド JR舞浜駅より徒歩4分

東京ディズニーシー JR舞浜駅より徒歩13分

元旦~5日は「ニューイヤーズ・グリーティング」!

4395d0a75f37b30d116836058f1e1899_s

1月1日~5日までは、「ニューイヤーズ・グリーティング」が行われます! ミッキーやミニーも和服での登場。また、2016年の干支は申(猿)なので、『ジャングル・ブック』のモンキー『アラジン』のアブーが登場します! レアなので、ぜひ注目したいですね。

【東京ディズニーランド ニューイヤーズ・グリーティング】

実施場所:パレードルート
実施回数:1日2回
実施時間:約35分

【東京ディズニーシー ニューイヤーズ・グリーティング】

実施場所:メディテレーニアンハーバー
実施回数:1日3回
実施時間:約15分

スペシャルグッズやスペシャルメニューも!

gift-553150_1920

お正月バージョンのグッズもぜひゲットしたいところ。なんと約60種類のグッズが登場しますよ。

例えば……

・お正月バージョンのミッキー・ミニーやアブーのぬいぐるみバッジ

・ミッキーやミニーをモチーフとした「だるま」のストラップ

・年賀状セット

・ミッキーシェイプのお重に入ったアソーテッド・スウィーツ

などが購入できます!

また、ミッキーマウスがだるまになったポップコーンバケットなどのスペシャルメニューも販売されます。この時期だけの可愛いグッズやメニューに、子どもも喜ぶこと間違いなしですね。

子連れでお正月のディズニーを楽しむために

child-83811_1280

お正月のディズニーはもちろんとっても楽しいのですが、混雑と寒さを覚悟しておかなくてはいけません……。子どもへの負担が心配ですね。

これでもか!というほどの防寒具を用意

アウターを何枚か重ね、帽子に手袋、マフラー、カイロ、温かい飲み物を用意するなどして、しっかり防寒対策をしていきましょう。海風が吹くので、想像以上に寒いことがあります。

休める場所を確保

混雑が予想される日に行くなら、ホテルの宿泊とセットにするのが最も安心。でも、既に埋まっている可能性が高いですね……。

当日まわりたい場所の近くで、寒さをしのげる場所をチェックしておきましょう。また、可能なら車で行くと、一旦出ればとりあえず休む場所があるので安心して楽しむこともできます。ただし、本当に幼いお子さんの場合は、体調面が心配なので、くれぐれも無理はしないほうがいいでしょう。

アトラクションは最小限のプランに

混雑日は、ファストパスなどを駆使しても、行列は必至。その場合、アトラクションはできるだけ最小限に抑え、ショーやパレードなどが中心のプランを立てると、子どもに無理をさせずに済みます!

2016年の初ディズニーを楽しもう

その季節とりどりの顔を見せてくれる東京ディズニーリゾート。何度行っても飽きることがありません。子どもと一緒に行くのなら、色々と工夫が必要になりますが、その分きっと子どもも喜んでくれるはず!

お正月だけの特別バージョンのディズニーで、新年早々、家族で楽しいひとときを過ごしてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP