自宅で簡単!子どものヘアカット(3)ロングヘアの切り方

自宅で簡単!子どものヘアカット(3)ロングヘアの切り方

Bu facebook
Bu twitter

ロングヘアの切り方


6028

講師:中村 啓二(ヘアデザイナー)
子どもが小さい間は、子どもの髪は自宅で切りたいですよね。
でも、子どもがじっとしていなかったりすると、上手に切るのは難しいものです。

そこで、今回は自宅で簡単に子どものヘアカットができるコツを紹介します。

ヘアカットの基本

直線的に切れてしまうのを防ぐためにはスキバサミを使うのがおすすめです。
スキバサミを使った子どものヘアカットには、基本的な2つの切り方があります。
「ツイストカット」「つまんでカット」

ロングヘアの切り方

後ろ髪は、失敗したらと思うとなかなか切ることができないですよね。
スキバサミで量を調節してから長さを調節すると、後ろ髪も切りやすいですよ。

(1)「ツイストカット」で髪の量を調節。
ロングヘアの髪の量を調節するときは、下の図のように髪を3段に分けましょう。下段から中段、中段から上段へと、下から順に量を調節していくとやりやすいですよ。

150805_01

150805_02

(2)「つまんでカット」で、後ろ髪やサイドの髪の長さをそろえる。

(3)「つまんでカット」で、前髪の長さを調節する。

できあがり!

150805_03

シャギーの入れ方

髪の毛の量が多い場合には、シャギーを入れるとサイドの髪がより軽くなります。
(1)顔周りの髪を、ななめに分け取る。

150805_04

(2)分け残した部分から、下の図のようにななめ前方向に適量の髪を取る。

150805_05

(3)取った毛束の髪に対して、真横ではなく、ななめにスキバサミを入れる。
スキバサミの刃先3分の1を入れて、そのまま毛先に向かってすべらせましょう。

150805_06

これでサイドの髪がより軽くなりますよ。


元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP