日本の伝統行事「どんど焼き」を神奈川で楽しめるスポット3選

日本の伝統行事「どんど焼き」を神奈川で楽しめるスポット3選

Bu facebook
Bu twitter

「どんど焼き」はお正月が明けたあと正月飾りなどを燃やし、無病息災を祈る昔からの日本の伝統行事ですが、最近はあまり大々的に話題に上ることが少なくなってきたように思います。

しかし、「どんど焼き」が子どもにとって大きな楽しみであることは今も昔も変わらないこと。また「どんど焼き」を知らない子どもも多いのではないでしょうか。

海外の文化にふれることが多くなってきた昨今、そんな今こそ子どもたちに日本の伝統文化にふれてほしいと思いませんか?そこで今日は、どんど焼きを行っているスポットを3ヶ所ご紹介いたします。

「どんど焼き」とは?

「左義長(さぎちょう)」の呼び方の一つで、地域により異なります。

小正月に行われる火祭りの行事。地方によって呼び方が異なる。日本全国で広く見られる習俗である。(省略)長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅(三色団子、ヤマボウシの枝に刺した団子等地域によって違いがある)を食べる。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A6%E7%BE%A9%E9%95%B7

小正月というのは1月15日頃。なので最近でも1月15日前後に行われることが多いです。

しかし、近年では週末に合わせて開催されるところもあるため2016年は1月16日(土)や1月17日(日)にどんど焼きを行う所も多いかもしれません。

また地域によっては成人の日に開催されるところもあるようです。

どんど焼きの火に当たったり火であぶったお団子を食べたりすると元気で1年を過ごせるという言い伝えや、書初めで書いたものを焼いたときに炎が高く上がると書道が上達するとも言われているそうですよ。

【神奈川県のどんど焼き(1)】海の公園|横浜市金沢区

火を入れる前のゲームや模擬店なども例年盛り上がります

海の公園のどんど焼き,どんど焼き,神奈川,イベント 出典:www.yokohama-kanazawakanko.com

こちらは神社や町内会などではなく、横浜金沢観光協会が主催しているイベントです。2016年は1月16日(土)に開催されます。

砂浜で燃え上がる高さ7mもの火柱が迫力満点!メラメラ燃え上がる炎を見たら、寒さも吹っ飛んでしまいそうですよね。

火入れは13:00からだそうですが、イベント自体は10:00から15:00まで開催されているので火入れまでのゲームや出店している模擬店などで遊んだり食べたり家族みんなで楽しめそうです。

【最寄り駅】
金沢シーサイドライン 海の公園柴口駅 徒歩2分

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【神奈川県のどんど焼き(2)】平塚八幡宮|平塚市

燃え盛るたくさんのダルマに圧倒されてしまいます

平塚八幡宮どんど焼き,どんど焼き,神奈川,イベント 出典:www.facebook.com

神社で執り行われるどんど焼きは正月飾りやダルマ、古いお札などを燃やすのがメインですが、こちらでも三色団子や、どんど焼きの炭で炊いたお粥なども振る舞われて身も心もホカホカ。

例年1月15日に執り行われる平塚八幡宮のどんど焼き。こんなにたくさんのダルマが並ぶ光景は普段ではちょっと見ることができないかもしれません。

ですのでこの機会をお見逃しなく!!また、焼いた灰を持ち帰ってお家にまくと1年間無病息災とも言われていますのでぜひお持ち帰りをしてみてください。

【最寄り駅】
JR東海道線 平塚駅 徒歩8分

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【神奈川県のどんど焼き(3)】大磯左義長|大磯町

国の重要無形文化財として指定されているダイナミックなお祭りです!

大磯のどんど焼き,どんど焼き,神奈川,イベント 出典:www.oiso-kankou.or.jp

国の重要無形文化財としても指定されているほど規模も大きいどんど焼きです。大磯駅から1分ほど歩いた「北浜海岸」で、2016年は1月11日(月)に開催される予定です。

18:30点火ということですので暗い夜空に燃え上がる炎が見ごたえありそうですね。

どんど焼きの後、若い衆が海に入る(寒いのに!?)祭りが始まるとのことですのでお時間が許せばぜひご覧になってみては。開催場所が冬の海岸ですので、防寒対策はしっかりしてお出かけくださいね。

【最寄り駅】
JR大磯駅

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。どんど焼きは規模の大小こそありますが、神社や町内会など身近なところで毎年行われている伝統的行事です。

今回ご紹介させていただいたのはほんの一例ですので、お近くで開催されるどんど焼きもきっと見つかるはずです。

お外でお団子やお餅を焼くのが初めて!と楽しみにしているお子さんはモチロン、ママやパパも、どんど焼きの由来を語らいながら無病息災を祈りつつ、今年はぜひお子さんと一緒に楽しんでみてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP