不安だらけの新一年生!我が家の『宿題&お友達作戦』体験記

不安だらけの新一年生!我が家の『宿題&お友達作戦』体験記

Bu facebook
Bu twitter
小学校入学に心を躍らせる子どもたち。しかしママたちにとって、はじめての小学校入学は不安でいっぱいなものですよね? 実際に私もそうでした。体操着入れなどの袋物の作成・筆記用具の購入・学習机の用意など、さまざまな入学準備に追われつつ、娘は小学校でやっていけるのかと不安をつのらせていました。マイペースで気弱な娘……。本当に大丈夫なのだろうか? そんな不安をことごとく的中させてくれた、我が家の娘のできごとをご紹介します。安心してください! なんとかなるものです。
■6+3=3!? 5-4=9!?
pixta_20408776_M

マイペースなウチの娘は、まんまと勉強でつまずきました。漢字がなかなか覚えられず、書き取りテストは30点前後。算数では6+3=3になっていたり、5-4=9になっていたり……。そして極めつけは、学童保育でやってきた宿題。答え合わせをしてみると、珍しく全問正解。

「すごい! 全部合ってるじゃん!」とほめると……

「うん! ○○ちゃんのをみて書いたの!」と、満面の笑みをみせる娘。

えっ……? それはダメでしょ……。

そしてついに、担任の先生から「お家で自主勉強をさせてください」との電話をいただく始末。

これはマズイ! と、夕食後にマンツーマンの自主勉強を開始。娘が理解しやすいように、漢字は形の意味から教えました。たとえば“川”なら、川が流れている様子を意味していること、“女”は女忍者の“くのいち”からできているなど。時間はかかったものの効果はバツグンで、見事100点が取れるようになりました! 算数は計算のやり方は理解していたので、繰り返し計算をし、見直しをするクセをつけるようにしました。すると、ミスがぐっと減りました!

ばっちり勉強につまずいてしまった娘ですが、家でのサポートで見事挽回。子どもによって理解の仕方、考え方が違うので、その子に合う勉強の仕方が大切なのだと気づかされました。見事に不安は的中してしまいましたが、“子どもといっしょに勉強”をするのも楽しいものです!
■お昼休みはひとりでうさぎを見ている!?
pixta_1302527_M

入学して1週間ほど経ったある日、娘との入浴タイム中に、お昼休みの過ごし方について何気なく聞いてみました。

私:「お昼休みは、だれと遊んでいるの?」

娘:「だれとも遊んでないよ」

私:「え? じゃあ、ひとりでなにやっているの?」

娘:「うさぎを見てるよ」

かなりの衝撃発言でした! ひとりでうさぎを見ている……? まさか……友達がいない!?

私:「○○ちゃんは? 仲良しだったじゃん。仲間に入れてもらえば?」

娘:「○○ちゃんは、ちがう子と遊んでるの。はずかしくて仲間に入れてもらえないよ」

このままではいけない! と感じた私は、娘といっしょに『お友達作戦』を考案しました。自分から「いっしょに遊ぼう」と誘う、極めてシンプルな作戦です。(笑)さっそく翌日に決行する約束をし、その翌日のお風呂で結果を聞いてみました。

私:「ねぇねぇ! 『お友達作戦』どうだった?」

娘:「うん! ちゃんと言えたよ! いいよって言ってくれて、みんなで遊んだの!」

私:「やったじゃん! 何して遊んだの?」

娘:「NARUTO(ナルト)ごっこ!」

……おや? それは男の子の間で人気のアニメ。女の子の間でも流行ってるのかな?

私:「へえー! だれと遊んだの?」

娘:「○○くんと、○○くんと、○○くんと、○○くん! NARUTO(ナルト)知らないから、よくわからなかったよ!」

……いや、いいんだよ。いいんだけどね……。ちょっとママが考えていた結果と違うかな?

マイペースであまり物事を深く考えない娘らしいです。女子のグループではなく、近くにいた男子のグループに声をかけたのでした。(笑)

 

その後も『お友達作戦』をマイペースに続けた娘は、現在3年生。今では学年も関係なく、たくさんのお友達ができました!

入学に際したさまざまな不安を、ことごとく的中させてくれたウチの娘。当時はかなり心配をしましたが、意外となんとかなるものです。(笑)

小学校入学に不安を感じているママさんたち。安心してください! 我が子のようにちょっと変わった子でも、なんとかなりましたよ!

文:キッズバレイ なちぶー
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP