食物アレルギーでも安心!大人もうれしい絶品レシピ ~食卓の主役になる料理~

食物アレルギーでも安心!大人もうれしい絶品レシピ ~食卓の主役になる料理~

Bu facebook
Bu twitter

食卓の主役になる料理


講師:長谷川 実穂(管理栄養士)

近年子どもに増えている食物アレルギー。限られた食材での食事作りは大変ですよね。
今回は、「小麦粉」「牛乳」「卵」も使わない、簡単でとても美味しいレシピを紹介します!
マンネリ化しがちな食物アレルギーの食事も、ちょっとした発想の転換でメニューの幅はぐっと広がりますよ。

カレーライス

<材料> ※大人2人分+子ども1人分
▼具材
・牛薄切り肉 200g
・たまねぎ 中1個
・にんじん 中2分の1本
・じゃがいも 中2個
・油 大さじ1
・米粉 大さじ3
・水 700ml
・塩 小さじ1
・こしょう 適量

▼カレー調味料
・カレー粉 小さじ2
・中濃ソース 大さじ1
・トマトケチャップ 大さじ2
※アレルギーの食物を含んでいないものを選んでください。

<作り方>
(1)カレーの調味料を混ぜる。
カレー粉、中濃ソース、ケチャップを混ぜておきます。

(2)野菜・牛肉を炒める。
まず、玉ねぎを弱火で透き通るまで炒めます。
炒めたら、にんじんとじゃがいもを加えます。ジャガイモの角が取れるまでしっかりと炒めるのがポイントです。
※野菜をじっくり炒めると、水分がとんで素材の味がしっかりと出てきます。

さらに、牛肉も加え、しっかり炒めます。
牛肉に火が通ったら、塩を振って味付けをします。

(3)炒めた野菜・牛肉にとろみをつける。
とろみづけに使う食材は「米粉」。具材に米粉を絡めるようにして、炒めましょう。
〔POINT〕
米粉は小麦粉に比べてダマになりにくく、さっと水に溶けるため、とろみ付けには便利な食材です。

(4)水・調味料を加える。
米粉が全体に絡まったら、水を追加します。
具が柔らかくなり、とろみがついたら、(1)で混ぜておいた調味料を加え、ひと煮立ちさせましょう。

(5)塩、こしょうで味を調えて完成!
※お好みでしょうがやにんにくのすりおろしを加えると、スパイシーな味に仕上がります!


お好み焼き

<材料> ※大人2人分+子ども1人分
キャベツ 8分の1玉
豚薄切り肉 100g
じゃがいも 2個
米粉 2 分の1カップ
水 150ml
かつおぶし 8g
塩 小さじ2分の1
油 大さじ1
青のり 適量

<作り方>
(1)じゃがいもをつぶす。
加熱したじゃがいもの皮をむき、熱いうちにフォークでつぶします。
大きな塊がなくなるまでつぶしておきましょう。
〔POINT〕
小麦粉と比べて、米粉で作った生地は柔らかくなります。加熱したじゃがいもを加えることで、生地がしっかりとし、さらにふっくらと仕上がります。

(2)つぶしたじゃがいもに具材などを加える。
つぶしたじゃがいもに、粗くみじん切りしたキャベツと豚肉、かつおぶしを加え、さらに米粉と塩、水を入れて全体をざっくりと混ぜ合わせます。

(3)生地を焼いて、完成!
油をひいたフライパンで焼いていきます。
生地はフライパンの上で形を整えましょう。少し小さめにしておくと、裏返すときに失敗しません。
※中に火が通るまで、両面をしっかり焼いてください。

ぜひ、下の「マヨネーズ風調味料」と一緒に食べてみてください!


マヨネーズ風の調味料

<材料>
・じゃがいも 1個(約90g)
・クリームコーン 大さじ1
・油 大さじ3強
・はちみつ 小さじ1
・りんご酢 大さじ2
・塩 小さじ4分の1

<作り方>
ミキサーに、加熱したじゃがいも、クリームコーン、調味料を入れ、滑らかになるまでかくはんするだけ!
見た目も味もまるでマヨネーズ!一度お試しあれ!


食物アレルギーを気にせずにおいしく食べられます。ぜひ家族みんなで味わってみてください!


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP