夏太りを解消!~運動編~

夏太りを解消!~運動編~

Bu facebook
Bu twitter

 夏太り対策と同時に行いたいのが、ダイエットの鉄則・運動です。余分な栄養を溜め込まず、脂肪を燃やして太りにくい体へ導くための毎日手軽にできるエクササイズをお教えします!

 

「無理なくマイペース」が痩せるカギ

 ダイエットを成功に導くには摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やすことです。そのために欠かせないのが運動ですが、毎日続けるのはなかなか難しいもの。持続のカギは、自分のペースで無理なく続けることです。そこでおすすめしたいのが“ながらエクササイズ”。日常生活で少し気をつけるだけで、運動量が簡単に変わってきますよ!

2.png

 

 

<ながらエクササイズ①>~通勤・お買い物~

 通勤・通学、お買い物で公共の機関を利用した移動時にもエクササイズは可能です。歩くときはできるだけ一歩を大きく、大股歩行を意識しながら、お腹を引き上げて正しい姿勢で歩きましょう。同時に二の腕にも意識を配ると、さらにグッド。歩く動作は体全体の筋肉を使うので筋力アップにも効果的です。また駅などではエスカレーターやエレベーターを使わず極力階段を使いましょう。無理のない範囲で転倒に注意しながらであれば、一段抜かしなどにチャレンジしても。段差を上がるという動作はエネルギー消費と共に、下半身の筋トレにも繋がります。

2-2.png

 

 

<ながらエクササイズ②>~家事~

 家事も種類によってはエクササイズに近い効果があるものもあります。例えば、床掃除は掃除機は使わずに雑巾掛けにする。調理中や食器を洗っている際にかかとを上げ下げして、ふくらはぎや下半身のシェイプアップに繋げるなどです。お風呂掃除や、窓拭きなども、二の腕のプルプル肉対策に効果的ですよ。

2-3.png

 

 

<ながらエクササイズ③>~その他~

 他にも、子供と一緒に広い公園で体をいっぱい使って遊んだり、腰に負担がかからない程度の重い荷物を運んだりするだけで消費カロリーは上がります。さらに血流が良くなる入浴中などに、軽いエクササイズやマッサージを行うのもおすすめです。

2-4.png

 

>>次の章では、「夏太り解消をサポートする食事」についてお伝えします!!

 
 
 
 

先生プロフィール画像2.jpg◆監修◆
マブチメディカルクリニック 馬渕知子先生

マブチメディカルクリニック医院長。内科医、皮膚科医。東京栄養食糧専門学校副校長。東京医科大学医学部卒業。東京医科大学病院に勤務後、マブチメディカルクリニックを開院。内科学・皮膚科学専門だが、あらゆる科との提携を結び、多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。親しみやすい人柄でTV、雑誌など数多くのメディアで活躍中。

 
 
 
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP