パパ推薦!読むたびに発見がある絵本「バムとケロ」シリーズ!

パパ推薦!読むたびに発見がある絵本「バムとケロ」シリーズ!

Bu facebook
Bu twitter

子どもに絵本を読み聞かせたい!でも聞いてくれない!なんて、絵本の読み聞かせに苦労しているパパさん、ママさんも多いのではないでしょうか。そんなときは、「バムとケロ」シリーズの出番かもしれません。「バムとケロ」には、こどもをひきけつる、いろんな魅力が詰まってます。まだ彼らの世界を知らない方に、その魅力を紹介させていただきます!

バムとケロの魅力(1) バムとケロって何?

しっかりもののバムとやりたい放題のケロちゃんのやりとりが面白い!

筆者がもつバムとケロ全シリーズ,バムとケロ,絵本,パパ

2014年で20周年を迎えたバムとケロシリーズですが、これまでに以下5タイトルが出版されてます。
バムとケロのにちようび
バムとケロのさむいあさ
バムとケロのそらのたび
バムとケロのおかいもの
バムとケロのもりのこや

筆者が最初に手にしたのは、「バムとケロのおかいもの」でした。上の子の2才の誕生日に親戚の方にプレゼントしてもらったんですね。ただ、15ページくらいありますので、その当時は食いつきが悪く2才ではちょっと早すぎたようです。

上の子が4才になった頃に、久しぶりに本を開いてみたところ、あれ?この本、なんか面白い!っていうことに気づきました。

筆者がおすすめのタイトルは後ほど紹介するとしまして、まず、すべての物語が、どれかの曜日に起きた出来事なんです。例えば、「いっしゅうかんのまんなかすいようび…」や、「ぽかぼかあたたかいもくようび…」という言葉から物語は始まるんですね。ということは、現在5タイトル出てるわけですから、まだ出ていない曜日が2つあるんです。というわけで、ファンとしては、残り2タイトル出るんだ~という期待と、あと2タイトルで終わるの?という心配ごとでもありますね。

次にメインキャラクターの紹介ですが、タイトルにでてくるとおり、なんといってもバムとケロの2匹(2人?)です。ブルテリアドッグっぽい、しっかりもののバムと、やりたい放題のカエルのケロちゃんです。ケロちゃんのやりたい放題っぷりは、2、3才くらいなのかな?とおもわせる無邪気さがあります。

でも、バムのためにコーヒーを沸かしたり、パンケーキを作ったりしますので、そうでもないのかも?ケロちゃんに振り回されながらも、まったくもう~とあきれながら、しっかりバムがフォローする二人のやりとりは、読んでいてほほえましいんです。

バムとケロの魅力(2) ヤメピとおじぎちゃん

手のひらサイズの彼らを見つけられるかな?

バムとケロのさむいあさ,バムとケロ,絵本,パパ 出典:www.amazon.co.jp

何度か読み聞かせをしていると、こどもが気づきました。
「あれ、なんか、ちっちゃい犬がおるよ!」

そうなんです。よく見ると、絵本の一コマ一コマに、必ずといっていいほど、ひそかに登場する手の平サイズの犬がいることに。この犬の名前は「ヤメピ」といいます。ヤメピについて、絵本のストーリー上、触れられることはありません。でもバムとケロちゃんといつもいっしょにいることから、一緒に住んでるみたいです。ここにもそこにもヤメピがいる~と、こどももおとなも夢中で探すことになるんですね。

もう一人、ヤメピのようなキャラクターがいます。耳が3本あることが特徴のちっちゃいウサギ「おじぎちゃん」です。おじぎちゃんは、ヤメピのように、頻繁にでてきません。出現率がかなりレアなんです。
ヤメピとおじぎちゃんがどこにいるのか探すことは、バムとケロシリーズのまた違った楽しみ方のひとつです。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:文溪堂
*著作者:島田 ゆか
*参考価格:¥ 1,620
*ページ数:32
*パッケージサイズ:28cm x 21cm x 1cm
*パッケージ重量:0.4kg

バムとケロの魅力(3) おすすめのタイトル

友達のカイちゃんが初登場の「さむいあさ」、買い物大好きなケロちゃん大興奮の「おかいもの」

バムとケロのおかいもの,バムとケロ,絵本,パパ 出典:www.amazon.co.jp

最後に、全巻をもつ筆者おすすめのタイトルを2冊紹介します。

ひとつめは「バムとケロのさむいあさ」です。他のタイトルにも出てくる、あひるの「カイちゃん」とのはじめての出会いを描いたこの作品は、私の上の子もお気に入りの一冊です。バムとケロシリーズは、最後ほんわかした雰囲気で終わるのが多いですが、このさむいあさの結末は、ちょっと驚きです。この結末にはこどももビックリで、印象にすごく残るようです。こどもの気持ちをぐっと掴みますので、はじめて読まれる方にオススメします。

次に「バムとケロのおかいもの」です。

いつも朝寝坊のケロちゃんが、早くかいものに行きたくてテキパキ動く姿がかわいいです。なにより、たくさんのお店が並ぶ市場にいきますので、いろんなキャラが登場します。ヤメピもおじぎちゃんももちろん現れますので、二人を探すにはもってこいの一冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*ブランド:文溪堂
*メーカー:文溪堂
*著作者:島田 ゆか
*参考価格:¥ 1,620
*ページ数:32
*パッケージサイズ:28cm x 21cm x 1cm
*パッケージ重量:0.5kg

まとめ

筆者のこどもは、バムとケロシリーズが大好きで、結局全巻買うことになったのですが、図書館に必ずといっていいほどありますので、まずは一冊かりてみてはいかがでしょうか。新しい発見を親子で夢中になって探すことは、きっと素敵な時間になることでしょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP