子連れで花見に行く時に役立つ持ち物リストまとめ

子連れで花見に行く時に役立つ持ち物リストまとめ

Bu facebook
Bu twitter

春本番、お花見の季節がいよいよやってきます。

今年は子どもも一緒にお花見を楽しみたいと考えている人も多いかもしれません。

大人だけで行くお花見とは、準備のポイントも違ってきそうですね。そこで、お花見を楽しむ際、子どもも一緒だからこそ、あると便利なグッズをご紹介します。

子どもと一緒にお花見を楽しむポイント

子どもと一緒にお花見に行く場合、その準備のポイントは大人だけの時とは大きく異なってきます。

大人だけであれば、必要最低限をモットーに準備するかもしれませんが、子どもと一緒となれば、あれもこれも必要なものは増える一方。

一つあれば、何役もこなしてくれる。そんなお役立ちグッズを中心に準備しておくべき持ち物をまとめてみましょう。

1.ベビーカー

child-464439_640

人出の多い中に出かけるということで、ちょっとためらってしまいがちなベビーカー。しかし、子どもを連れてのお花見には必需品です。

子どもが乗ってもよし、荷物を載せてもよし、さらにベビーチェアとしてもよし、ベビーベッドとしてもよし、1台で何役もこなしてくれます。

もちろん人が混雑する場所では、周囲に充分気をつけて操作しましょう。

2.抱っこ紐

ベビーカーがあるし、とか、もう歩き始めたし、と考えることはありません。抱っこ紐も子どもを連れたアウトドアには必需品迷子の心配もなく、寝かしつけもスムーズ

桜を見ながら歩く場合にも、子供の目線からでは周りの大人たちで何も見えない場合も多々。抱っこ紐で目線も高く、大人の負担も軽く済ますのが賢い選択です。

3.携帯トイレ

子どもを連れてのお花見の大問題といえば、トイレ。事前にトイレの場所を確認しておくことはもちろん必要ですが、混雑した日などはトイレの行列は必至の事態

子供用には携帯トイレを持参しておくと重宝します。

【商品情報】
ほっ!トイレ(エクセルシア)/¥300~

4.新聞紙

newspaper-943004_1280

何に使うというわけではないような?という場合でも、是非持参しておきたいのが新聞紙です。

何かをこぼしてしまった時には雑巾代わりにしたり、子どもが飽きてきたら折り紙代わりにして遊んだり、シートの下に敷いたり、風除けや雨避けと活躍の場は多々。

あると絶対重宝するのが新聞紙です。

5.ゴミ袋

アウトドアの際には必ず持参するであろうゴミ袋も少し多めに持っていきましょう。

シート代わりにもなりますし、子供用のエプロン代わりにも使えたり、さらに風船状態や新聞紙をつめた簡易のボールにして遊び道具に、と活躍の場面は想像以上に多くなりますよ。

6.簡易テーブル

ちょっと荷物になるので躊躇しがちではありますが、折りたたみ式のテーブルなども持参すると便利です。

特に屋外での食事には慣れていない子どもにとって、平置きの食器類からの食事は難易度が高いもの。何かとハプニングもおきやすくなります。

そこで、小さいサイズのテーブルでも用意しておくと、子供の食器類を置いたり、子どもが遊びに使ったりと活躍してくれます。

【商品情報】
折りたたみコンパクトデスク(ニトリ)/\1,102

7.簡易テント

こちらも少々荷物になることから、躊躇しがちな簡易テント。最近はワンタッチ式で女性でも簡単に開閉できたり、コンパクトにまとまる仕様のものが増えています。

日除け対策としても、また子どもがお昼寝してしまったり、着替えが必要になった場合などに重宝します。

【商品情報】
ドーム型ポップアップテント(ベルメゾン)/¥6,990~¥7,990

8.使い捨ての食器類

paper-plate-987906_1920

お花見の必需品の使い捨ての食器類。こちらも是非多めに持参しましょう。子どもはとにかく食器類をよく落とす。慣れていない屋外での食事となれば、なおさらです。

特に子連れの場合には、多め多めを意識して用意しておくと良いでしょう。

9.防寒グッズ

sleep-531205_1920

桜も咲くような季節になると、だいぶ暖かくなっているはず。とはいえ、長時間の屋外は案外身体を冷やすもの。

特に子どもは昼寝をするケースも多くなるでしょう。大人はお酒なども入って案外暖かく過ごしているかもしれませんが、子供の体温管理にも気を配ってあげるのは忘れずに!

上着類や、ブランケット類などの用意があると助かりますよ。

10.UVグッズ

sun-bed-755943_1920

一方で、春先は紫外線が案外強いもの。肌の薄い子供の皮膚にはダメージも大きくなります。UVクリームや、帽子などのUVグッズの準備も忘れないようにしましょう。

子連れでのお花見を楽しもう!

子連れでのお出掛けは、荷物は増えるのが玉に瑕ですね。しかし、子どもとのお花見についてまわる心配は、子どもが飽きて退屈してしまうこと。

子どもが飽きずに過ごせる工夫を、特別なおもちゃなどを持参しなくてもお花見で使えるグッズでまかなえるよう工夫してみると良いかもしれません。

また、人出の多い場所では、子どもがはぐれてしまったり迷子の心配も出てきますので、ベビーカーや抱っこ紐、歩く時は必ず手を繋ぐなど、対策をしっかりしておきましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP