1ヶ月健診にどうやって行く?新生児と外出する際のポイントとは?

1ヶ月健診にどうやって行く?新生児と外出する際のポイントとは?

Bu facebook
Bu twitter

1ヶ月健診は初めての赤ちゃんとの外出になることも多いですよね。意外と、知らないと失敗してしまいがちな初めての外出。

また1ヶ月健診が、出産後初めての健診となる場合も多いと思うので、事前にわからないことは調べておきたいですね。

これから1ヶ月健診を控えているママさんへ、少しでも参考になればと赤ちゃんとの1ヶ月健診、そして外出のポイントについてまとめてみました。

1ヶ月健診ってなにをするの?

急激成長中の赤ちゃん健康診断&ママの産後健診

健診赤ちゃん,新生児,1ヶ月健診,外出

産まれて1ヶ月ごろの赤ちゃんは、体重が1日でおよそ30gずつ増えることが標準ペースと言われているくらい、急激成長中であります!

これがちゃんと平均内に達しているか等の体重・身長はもちろんのこと、頭位・胸囲の側定と全身のチェックをします。

黄疸や股関節の様子と、この時期特有のモロー反射をはじめ、原子反応のチェックも行います。モロー反射とは音にびっくりした赤ちゃんが両手を広げる動作のことです。

ビタミンK2シロップの投与や黄疸のチェックは各市町村や産院によって異なりますので、気になったら聞いてみましょう。

そして1ヶ月健診では、産後のママの健康状態も調べます。内容は問診から始まり、尿検査、血圧、血液、体重、会陰切開後の診察や子宮回復の状態診察、悪露の量やおっぱいの状態などのアフターフォローをしてくれる産院もあります。

母乳で育てるママにとって、おっぱいのアフターフォローはとても大事なことです。というのも産後は、乳腺炎などのおっぱいのトラブルに悩む方が多いからです。

また、初めての育児でわからないことや不安なことも多いですから、この機会にしっかり伝えて解決しておきましょう。

1ヶ月健診にはどうやっていく?

病院へ行くまでの交通手段をみつけましょう!

路線図ペン,新生児,1ヶ月健診,外出

まだ産後間もない赤ちゃんをどうやって連れていったらいいでしょう?病院までなにで行ったらいいの?と悩みは尽きません…。そんな不安を解消します!

車を利用している方もいるでしょう。ベビーシート(新生児対応)の装着がまだ準備できていない方は、1ヶ月健診後に外出機会も多くなってくるでしょうから、それまでに用意することをおすすめします。

バスや電車などの公共交通機関を利用する場合は、ラッシュ時を避けて利用しましょう。これはまだ免疫のない赤ちゃんを感染症から守る為です。

新生児は自分で体温調節が出来ないため、真冬や真夏に1ヶ月健診に行くママと赤ちゃんは、車内外の温度差に注意して向かいましょう。

また、普段は公共交通機関を使っている方でも、1か月健診ではタクシーを利用するママも多いようです。

タクシーですと感染する心配も少ないですし、泣いても周りの人を気にしなくても済みます。ママも赤ちゃんにつきっきりになれるので安心ですね。

また、総合病院は広いので、病院に着いてからはベビーカーがあった方が便利という声もあります。

ただまだベビーカーの使い勝手に慣れてないとあたふたしてしまうこともあるので、まだ慣れてない、自信のないという方は、抱っこひもの方が安心かもしれませんね。

おでかけするときのポイントとは

『マザーズバッグ』に必要なものを前もって準備しておきましょう!

赤ちゃん抱っこ,新生児,1ヶ月健診,外出

新生児とのおでかけは、今までより荷物が倍以上になるので、しっかり準備することが大事です。

【持ち物について】
・母子手帳、筆記用具
1ヶ月健診の結果は、妊婦健診と同じで母子手帳に記入します。これは赤ちゃんが1歳になるまでは、いつもカバンに入れてあると安心でしょう。

・乳児健診無料券
市町村で異なりますが、自治体で配布される無料券と現金は持ち合わせておきましょう。ママの体調によっては薬を処方されることもあるので、現金はあったほうが安心です。

・診察券、乳児医療証、健康保険証
赤ちゃんの保険証もできれば1ヶ月健診までに用意しておきましょう。もし間に合わない場合、当日は実費で、後日精算して返金してもらえますので安心してください。

・おむつ、おしりふき、ビニール袋
おむつはおでかけの時間にもよりますが、4~5枚あると安心です。また、使用済みおむつを入れるビニール袋を忘れず持って行きましょう。着替えが必要になった時も、汚れた衣類を入れられて便利です。

・授乳用品、ガーゼ
案外時間がかかったりするので、母乳のママは授乳ケープ、ミルクのママは、哺乳瓶や粉ミルク、お湯が必要になりますね。また、まだ吐き戻すことも多いので、ガーゼがあると安心です。

・着替え、おくるみ
病院は温度を調整してますので、基本少し暖かいです。泣いたりして体温があがると汗をかきやすいため、着替えは常に持っておいた方がいいですね。公共交通機関ではおくるみもあると、冷房や暖房の風を直接受けずに済みます。

【費用について】
子どもについては、多くの自治体で医療費が補助されることが多く、無料になることが多いのですが、ママの健診にはだいたい3,000円~多くて1万円ちかくかかります。

自治体の補助や産院の健診内容、またママの栄養状態(貧血等)によっては薬が処方されることもあり、個人によって費用が変わります。

健診にかかる費用については、事前に受ける機関に問い合わせても良いですね。

まとめ

産後すぐは外出ができず家にこもりっきりのため、外出を心待ちにしてるママさんも多いのではないでしょうか?

新生児とのはじめての外出は楽しみでもあり不安でもありますが、一度イメージしてみることも大事ですね。

泣いたらどうやってあやそう…お腹が減って泣いてしまうかもしれない…などなど、ゆっくり時間をかけて最初は準備しておくのがベストです。

1ヶ月健診は赤ちゃんにとってもママにとっても大切です。我が子の成長を確認し、ママの体調も完全回復へ向かう為にも健診は必ず受けるようにしましょうね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP