知らずにやってる?『ダブルバインド』が統合失調症の原因に!?

知らずにやってる?『ダブルバインド』が統合失調症の原因に!?

Bu facebook
Bu twitter
ダブルバインド

パワハラやモラハラの手口として取り上げられることも多い『ダブルバインド(二重拘束)』。実は親子関係でもよく見られ、子供の心に深刻な影響を与えることがわかっているのです。

ひょっとしたら、あなたの行動がダブルバインドになっているかも……。そうならないために対処法をご紹介します。

実はよくある!親子間のダブルバインド

『ダブルバインド』とは、2つの矛盾した命令を同時に与えられ板挟みになる状況を示しています。言葉は知らなくても、以下のような状況に心当たりがある方は多いのではないでしょうか。

  • 「着るものは自分で選びなさい」と言っているのに、子供の服装を見て「おかしいからこっちにしなさい」と好みを押し付ける。
  • 「何でも好きなことをしていいよ」と言っているのに、自分の思ったように子供が行動しないと不機嫌になる。
  • 「みんなと仲良くしなさい」と言いながら、「ママは○○ちゃんが好きだなぁ」「△△ちゃんとは遊ばないで」などと選別する。
  • 「どうしてこんなことをするの!」と叱ったのに対して子供が理由を説明すると、「言い訳をするな」とさらに怒る。

親としては、子供のために良かれと思って口を出していることがほとんど。また、イライラしているときには、辻褄の合わない叱り方をしているな、と反省することもありますよね。でも、子供からすると「パパ・ママはあんな風に言ってたのに、どうして?」という不満や疑問が残ります。小さな子供は、親の矛盾を指摘して問いただすことなどできませんから、「じゃあどうすればよかったんだろう」「これもしたら怒られるのかな」とただ混乱するばかりです。

ダブルバインドによって主体性がなく消極的になってしまうことも

ダブルバインドが日常化すると、子供は自分の意見も言うことができず、親の顔色ばかりをうかがうことに。その結果、“一見ルールを守り我慢強い『いい子』だけど、主体性がなく消極的で、時に抑えつけている怒りが爆発する”といった性格が形成されていきます。

さらに、行き過ぎたダブルバインドとして以下のような例が挙げられます。

  • 「~はするな」と命令するが具体的なことは言わない。詳しく聞くと「そんなこと自分で考えろ」とさらに叱るので子供は身動きが取れなくなる。
  • 言い返すと「あなたのために言っているのがわからないの?」などと封じ込め、反論する気力を奪う。
  • 「強い人間になれ」「家族を裏切るな」などと言い聞かせ、刷り込みを行う。子供が体の不調を訴えられない、家族に反抗できないなどの状況を作り出す。

『親子』という逃れられない関係性の中で、子供は大きなストレスをため込むことになります。その結果、他人と話さず一切のコミュニケーションを取らない・何事にもやる気が起こらない・引きこもる・表情が変化しないなどの『統合失調症』に発展することもあるのです。事実、このようなダブルバインドは、統合失調症患者の家族間に多く見られることがわかっています。

子供の心をがんじがらめに縛り付けるダブルバインド。では、陥らないためにはどうしたらいいのでしょうか。

シンプルな話しかけでダブルバインドを回避!

子供に声掛けをするときは、“子供にわかる”具体的でシンプルな話し方をするよう心がけましょう。たとえば、「危ないことはしちゃダメだよ」だけではなく、「落ちると痛いからあそこには上らないように」「小さい赤ちゃんがたくさんいるから走り回らないでね」という具合です。

子供を自由に行動させたいときは、最初に条件も一緒に伝えておくといいですね。「好きな飲み物を選んでいいけど、炭酸はダメだよ」「このお部屋の中で好きに遊ぼうね」「500円以内で探そう」など。親にとっては当然だと思っていることも、子供にとってはわからないことも多いので、丁寧に説明してあげるといいでしょう。

子供の言うことを頭ごなしに否定しないよう、日ごろから注意することも大切です。「そうか、○○したいんだね」とまずは子供の気持ちを受け止めてあげましょう。悪いことをしたら叱ることはもちろん必要ですが、子供が何を言っても聞く耳を持たないようなネチネチした叱り方は禁物。「叱られた理由がわかったから、次からはちゃんとできるね」と前向きに対応すれば、ダブルバインドを防げます。

「いい親でありたい」「完璧な子育てをしたい」とがんばりすぎるあまり、子供に負担がかかることも多々あります。ダブルバインドで子供を追い込まないためには、親がちょっぴり肩の力を抜くことが必要なのかもしれませんね。

Photo/Donnie Ray Jones 参照/ mamaPRESS「知らぬ間に子どもを追い込む『ダブルバインド』に要注意!」 心理学事典のブログ「グレゴリー・ベイトソンのダブル・バインド理論(double bind theory)と芸術のユーモア」 mamari「親子のダブルバインドが統合失調症の原因に?心理学から見る対処法とは」 welq「ダブル・バインドの呪縛を見抜け!上司、夫婦、親子関係に潜在する恐ろしい地雷を踏まないためにできること」

関連コラム

叱るか怒るかで性格に差が出る!子供に注意するときのポイントは?
あなたのしつけ『押しつけ』になってない?チェックしたい5つのポイント
どうする?嘘をついた子供への接し方とは
ガミガミ叱ってませんか?食事中に子供を叱ってはいけない理由

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP