レンタルチャイルドシートのおすすめポイントを徹底比較!

レンタルチャイルドシートのおすすめポイントを徹底比較!

Bu facebook
Bu twitter

車を利用するご家庭が必ず直面するのが、チャイルドシートの問題。日本の法律では、6歳未満の子どもにはチャイルドシートの着用が義務付けられています。

そこでチャイルドシートの購入を検討して実際に試乗しに行っても、車に果たして取り付けられるのか、ちゃんと子どもが大人しく乗っていてくれるのか、などなかなか決めかねてしまいますね。

そんな、チャイルドシート選びに悩むご家庭におすすめなのが、レンタル店を利用して借りるチャイルドシート。

新品で購入するよりも、レンタルのほうが良いものが借りられたり、レンタルをして着用の雰囲気や子どもとの相性を確かめてから購入というお試しもできたりすることもあり人気です。

また、チャイルドシートは、子どもの成長に応じて、付け替えが必要になったり場合によっては買い替えも必要になります。

そんな場合も、レンタルのチャイルドシートはだったらかさばらず、子どもが大きくなったら新たなものを借り替えるだけと大変簡単。処分や追加購入の手間に頭を悩ませる必要がありません。

ここでは、そんなチャイルドシートレンタルの利点とおすすめレンタル店を簡単にご紹介いたします。

チャイルドシート入手の手段は購入かレンタル

車の使用頻度やライフスタイルに合わせてチョイス

チャイルドシートで眠る赤ちゃん,チャイルドシート,レンタル,比較

子どもとおでかけしたいママパパがまず直面する問題が、チャイルドシートです。大手子ども用品店に行けばバギーコーナーと一緒に併設されていて、試乗やデザインやメーカーを実際に確認する事が出来ます。

最近ではネットでの格安ショップの台頭で、1万円を切る商品も登場しています。ここで購入することを選ばれるママパパも多いと思いますが、実はチャイルドシートもレンタルに適したアイテムなんですよ!

迷いつつも「安いし・・」と買って、自分の子どもには合わなかった・・なんてことがないようにレンタルという選択肢も念頭においてみてはいかがですか?次に購入かレンタルか検討する際のポイントについてご案内して参ります。

(1)子どもとシートとの相性

チャイルドシートを装着してあげるパパ,チャイルドシート,レンタル,比較

一口にチャイルドシートといっても形状は様々。試乗できたとしても、実際に車に取り付けるまでは不安要素がたくさん。

ママパパが気に入って満足していたとしても、子どもがそうとは限りませんので、レンタルでチャイルドシートを利用して感触を確かめてから購入するのも手です。

大手レンタルショップでは、1週間からレンタル可能なところがほとんど。貸りて子どもとの相性を確認してまた別のものを貸りることもでき、大変便利です。

(2)チャイルドシートは成長とともに種類を変える

チャイルドシートを使うちょっと大きな子,チャイルドシート,レンタル,比較

チャイルドシートは、6歳未満にわたる長い期間着用が義務付けられています。その長い年月で、買い替えが必要になることが少なくありません。

筆者も新生児の時に使用していたのが、乳幼児ベッドタイプのシートでしたが、途中幼児用のシートに買い替え出費がかさみました。そんな出費や手間を解決してくれるのがレンタルです。

レンタルなら子どもの成長に応じて借り替えればいいだけ。乳幼児までの6か月くらいはベッドタイプのものをレンタルし、子どもがシートに収まってくれるようになったらシートタイプのものに借り替えたり、購入を検討してもいいかもしれません。

またレンタルのチャイルドシートであれば最終的に子供が成長して必要がなくなった場合は返却すればいいので、無駄もありません。

(3)コスト面での問題

コストを思わせる画像,チャイルドシート,レンタル,比較

チャイルドシートを新品で購入した場合、大手メーカーのものでは平均的に2~3万円程します。また最新式の人気ブランドのものであればそれ以上のお値段がします。

簡易的でコンパクトな海外製のものや格安なものも販売されていますが、実際購入して思ったのが「これで本当に大丈夫?」という不安感。それに、シートが硬く、子どものお尻には痛そう、なんて声もあります。

レンタルでしたら、市場のニーズに合った大手メーカーのチャイルドシートを、購入するよりも数段安く利用する事ができます。

レンタルするお店/チャイルドシートの選び方・注意点

何を選んだらいいの?レンタルチャイルドシート

PCを見て思い悩む女性,チャイルドシート,レンタル,比較

チャイルドシートをレンタルするにあたって必要になるのはまずリサーチ!

子供用品店などで、実際にデザインやご家庭でお持ちの車種との相性を確認して、その型番などを控えておき、実際にレンタルショップの商品ラインナップと確認してみましょう。

チャイルドシートを選ぶうえで気を付けたいのが、シートの形状です。

乳幼児にはベッドタイプのもの、腰が据わり一人で窓の景色を楽しみながら乗れる子どもには、幼児シートがおすすめです。

また、まだ乗り降りが上手にできないお子様や、ワンボックスタイプの車など車高が高い車の場合は、回転式のチャイルドシートも子どもの乗せ降ろしが楽でおすすめ!

希望のチャイルドシートが決まったら、レンタル店でお目当てのチャイルドシートを探してみましょう。このときのポイントは、どのくらいの期間借りたいのか、延長の有無、送料と価格を確認することです。

この期間借りるなら買った方が安そう、まずは短期間借りてから考えよう、等上手に賢くレンタルを活用しましょう。

次に、国内で人気のチャイルドシートショップを特長からピックアップしてご紹介します。

チャイルドシートのおすすめレンタル店

(1)ベビレンタ|充実の商品量!子どもの成長に合わせたシートにめぐり会える!

ベビレンタ トップページ,チャイルドシート,レンタル,比較 出典:babyrenta.com

赤ちゃんレンタル用品をお探しのママなら、目にしたことがあるかもしれないのが、こちらの「ベビレンタ」です。

とにかく品物の数が充実していて、様々なブランドのものを比べる事が出来るのが最大の特長!お届けも早く、直ぐに使いたいというときにも迅速に対応してくれるのも魅力です。

「たくさんの種類から選びたい!」「いろいろ使ってから決めてみたい!」そんなママパパにおすすめのレンタル店です。

送料も良心的で全国一律料金なので安心。レンタル中の品物のキャンセルも可能(条件有り)で臨機応変な対応にもスムーズに対応してくれます。

この記事に関連するリンクはこちら

(2)ダスキンレントオール かしてネッと|ダスキンだから安心!衛生面が気になるママに

かしてネッと トップページ,チャイルドシート,レンタル,比較 出典:www.kasite.net

レンタルといえば気になるのが、前に使った人の汚れや臭いですよね。

すべてのレンタル品は、返却後にクリーニング処理が施されているので基本的にきれいだと思いますが、イオンの霧で洗浄脱臭まで行っているのがダスキンです。

お掃除の会社が運営しているレンタル会社だけありますね!また、直接店舗に取りに行けば、送料がかからないのも魅力です。

この記事に関連するリンクはこちら

(3)ナイスベビー|気に入ったら買っちゃえ!購入したいものをレンタルできる魅力

ナイスベビ トップページ,チャイルドシート,レンタル,比較 出典:www.nicebaby.co.jp

「お目当てのものがあるけれど、子どもに合うのかちょっと心配」「子どもが気に入ってしまったら買い取りたい」そう考えているママパパにおすすめなのがナイスベビー。

子どもが気に入るチャイルドシートを探すのはとても大変。ですが、一度気に入ってしまえば、そのシートでないと車に乗ってくれないなんて事も。

そんな時、せっかくずっとレンタルしていたのに、購入しなおすのは面倒だしせっかく子どもが慣れてくれたからこのまま使いたい…。そんな時には、買取も出来ます。

対象のレンタル商品をレンタル使用すると、一緒に使う品物が割引で購入できるというサービスも。

気に入ったら購入したい!子どもに合うものを考えていずれは購入したい、そう考えているママパパにおすすめのレンタル店です。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

いかがでしたか?新生児や乳幼児にベビーベッドやハイチェアーをレンタルしたことがあるという方も多く、レンタル活用で省スペース&節約しているなんて賢いご家庭も増えていますよね。

チャイルドシートも決して小さな買い物ではないですし、すぐに大きくなる子どもに合わせて買い替えることが多いチャイルドシート。

どれにしようか思い悩んだり、大きくなった後の処分に頭を悩ますことも多いと思いますので、レンタルサービスも検討してみてはいかがでしょうか?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP