子どもと行けるアートイベント10選!芸術の秋を楽しもう

子どもと行けるアートイベント10選!芸術の秋を楽しもう

Bu facebook
Bu twitter

アウトドアでのイベントがメインだった夏休みが終わって、落ち着いた気分になれる時期。芸術の秋と言われるだけあって、東京では数々のアートイベントや展覧会が開催されます。

子供はアートなんてわからないし…。なーんて言わないでください!

親が考える以上に子供の感性は柔軟です。ぜひ、一緒にアートイベントにお出かけしてみてください。

子供とアートのイイ関係

blue-143734_640

大人はアート作品を観る時、描かれたいきさつや主題についての背景など、頭で考えて観てしまいがち。でも、子供は見たまま、感じたまま。とにかくストレートにアートを受け入れます

本物だけが持つ色や質感から感じるもの。画集ではなく、ぜひ実物を観に会場へお出かけください!

それでは、東京で開催されるおすすめのアートイベント・展覧会10選のご紹介です。

1.宇宙と芸術展―かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ―

「宇宙」がテーマになっているアート作品が一同に介する展覧会。、ダ・ヴィンチやガリレオ・ガリレイ等の歴史的な天文学資料、曼荼羅や日本最古のSF小説ともいえる「竹取物語」等に加えて、宇宙開発の最前線に至るまでジャンルを超えた作品を観ることができます。

宇宙は人間の想像力をかきたててきたモチーフです。子供たちもきっと夢中になるはず!

【開催期間】
2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月・祝)
【開催場所】
森美術館
【住所】
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
【問い合わせ】
03-5777-8600
【アクセス】
東京メトロ日比谷線「六本木駅」徒歩 0分、都営地下鉄大江戸線「六本木駅」徒歩 4分

2.オープン記念展「愛しのピーナッツ。」

2016年4月23日に誕生したスヌーピーミュージアム。オープン記念イベントは、いよいよ9月で閉幕します。

スヌーピー好きにはたまらない、原画の展示や創作秘話など見どころ満載。二本の著名人たちによる「愛しのピーナッツ」も披露されています。観覧後は、ストアでグッズを買うのも楽しみ!

【開催期間】
2016年4月23日(土)~9月25日(日)
【開催場所】
スヌーピーミュージアム
【住所】
東京都港区六本木5-6-20
【問い合わせ】
公式サイト
【アクセス】
東京メトロ六本木駅より徒歩7分、麻布十番駅より徒歩10分

3.かたちと理由 NOSIGNER展

NOSIGNER(ノザイナー)は、グラフィックやプロダクト、建築といったジャンルをクロスさせ「ソーシャルデザインイノベーション」を理念に掲げるデザインチームです。

このアートイベントは、人工物と自然物を対比させ「形」を考える、そんなテーマがあります。会場である銀座のギャラリーは入場料無料で、11:00~19:00まで開館しているギャラリーなので、ショッピングのついでに立ち寄れる気軽さがあります。

【開催期間】
2016年09月16日(金)~10月31日(月)
【開催場所】
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
【住所】
東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
【問い合わせ】
03-3571-5206
【アクセス】
地下鉄/銀座線、日比谷線、丸ノ内線「銀座」駅から 徒歩5分

4.TCC広告賞展2016

コピーの最高峰を選ぶ広告賞「TCC賞」の2016年度受賞作品を紹介する展覧会。子供たちにもお馴染みのテレビCMも数多く選出されています。

連動企画として、コピーライター愛読書を展示したコーナーやトークイベントなども開催!こちらの展覧会も入場無料です。

【開催期間】
2016年08月4日(木)~9月24日(土)
【開催場所】
アド・ミュージアム東京
【住所】
東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留
【問い合わせ】
03-6218-2500
【アクセス】
JR/都営浅草/銀座線 新橋駅 下車徒歩5分

5.角川映画の40年

パパ・ママ世代には馴染み深い話題作を生み出してきた角川映画。「失楽園」や「リング」などは、記憶にあることでしょう。

そんな角川映画の足取りを振り返る展示会です。原作本やポスター等、懐かしい映画作品の関連資料展示も多数あります!

【開催期間】
2016年7月26日(火)―10月30日(日)
【開催場所】
東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室(企画展)
【住所】
東京都中央区京橋 3-7-6
【問い合わせ】
03-5777-8600
【アクセス】
東京メトロ銀座線京橋駅下車、出口1から昭和通り方向へ徒歩1分

6.トラフ展 インサイド・アウト

西畠建築家ユニット、トラフ建築設計事務所の個展です。初期の作品から最新の住宅プリジェクトまで、クリエイティブの変遷を見ることができる内容になっています。

小さいお子さんよりは小学校中学年以上くらいにおすすめ。そのぐらいの年齢でしたら、建築や空間デザインの意味がわかってくると思います。

【開催期間】
2016年10月15日(土)―12月11日(日)
【開催場所】
TOTOギャラリー・間
【住所】
東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F
【問い合わせ】
03-3402-1010
【アクセス】
地下鉄千代田線 乃木坂駅3番出口 徒歩1分

7.「ウルトラ植物博覧会2016」清順と愉快な植物たち

プラントハンターと呼ばれる西畠氏が集めた希少植物を使った展示会。陶芸家 内田鋼一氏の器と植物のコラボ作品が展示されます。

見たこともないような植物が新しい見せ方で、さらに見たこともない世界観になっています。子供たちの感性をビシバシ刺激しそう!

【開催期間】
2016年8月4日(木)-9月25日(日)
【開催場所】
ポーラミュージアムアネックス
【住所】
東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 3階
【問い合わせ】
03-5777-8600
【アクセス】
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線 銀座駅 A9番出口徒歩6分

8.土木展

道路や鉄道などの交通網、携帯電話やインターネット、上下水道、災害に対する備え。私たちの生活を支える基礎が「土木」です。普段、意識することが少ない土木の技術、土木を知るための作品が展示されている珍しい企画展です。

子供たちが街全体、そして生活環境に目を向けるきっかけになるかもしれないですね。

【開催期間】
2016年6月24日(金)- 9月25日(日)
【開催場所】
21_21 DESIGN SIGHT
【住所】
東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
【問い合わせ】
03-3475-2121
【アクセス】
都営大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木」駅、
千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分

9.とことん!夏のびじゅつ(じ)かん

明治時代の洋画から現代美術まで。府中市美術館の収蔵作品をクイズや体験装置などを通して楽しみながら鑑賞する展覧会です。

実際に設置された装置に触ったり、ワークショップで作品をつくったり、観るだけではない企画が用意されているので、小さなお子さんにもおすすめです。

【開催期間】
2016年7月16日(土)〜9月11日(日)
【開催場所】
府中市美術館
【住所】
東京都府中市浅間町1丁目3番地
【問い合わせ】
042-336-3371
【アクセス】
京王線府中駅下車。ちゅうバス(多磨町行き)「府中市美術館」下車すぐ

10.オープン・スペース 2016 メディア・コンシャス

現代のメディアを活用した「メディア・アート」を幅広く紹介する展示会です。一般的な絵画とは違うアプローチであるデジタルを多用した作品は、子供たちには逆に馴染みやすいかもしれないですね。

事前予約不要のギャラリーツアーがあるので、より詳しい説明を聞きながら作品を観たいという方におすすめです。

【開催期間】
2016年5月28日(土)〜2017年3月12日(日)
【開催場所】
NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
【住所】
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
【問い合わせ】
0120-144199
【アクセス】
京王新線「初台駅」東口から徒歩2分

センスが磨かれそうなイベントばかり!

どれも子供向けのイベントというわけではありませんが、だからこそ先鋭的なアートに触れられます。

言葉ではなかなか伝えられないアートの世界。やはり、実際に見て・触れて感じるのが一番!アートに触れることは、子供たちのセンスを磨くのにもひと役買ってくれることでしょう。気になるアートイベントはありましたか?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP